丹沢山塊桧洞丸の今日の天気―'19-9-1~


9月18日、予報に反して、雲の多い晴れ⛅

Image2_5

5時の気温11℃

ぶるぶる❗

Image1_8

鈴木さんの撮影です。

菊の花が風にそよいで居ます。

10時半、突然にわか雨。すぐに止んで、霧。

――――――――

―――

9月17日、今日は、久しぶりに鈴木さんのボッカ。快晴の猛暑。

午後、雲が湧き、涼しい。

―――――

――――

9月16日、小雨降り始め。四時半。

さて、今日はどんな一日になるのでしょうか?

結局昼過ぎまで、小雨ですね。

今日になってBBさんが熊笹の峰の菊の群落を写メールしてくれました。

Kimg0533_20190916200201

考えてみれば、9月ですね~🌠

早いものです。 菊の季節です。

静かで人影もまばらで、まるで雲の上を歩くような別世界。ツツジの頃は、心が湧く。菊の頃は花に沈む。

二度と再び、あの喧騒の暮らしに帰ることが、出来ないのではないかと、異次元に迷いこむような不安がよぎる。

何か…現実社会に、重大な忘れものをして来たような、落ち着かぬ満足と、酩酊に引かれて、20分30分、この道が永遠に続くかと錯覚しつつ…菊の花を漕いでゆく。

――――

―――――――――

9月15日、快晴。雨が降る予報で、キャンセルの親子連れさん、超気の毒❗

私は、よく言う。天気予報はあたっり当たらなかったり、ずれたりしますから、当日の朝、決定して下さい。 

久々の登山日和。暑からず寒からず、さわやかな登山です!と、竹内ファミリーが、ボッカで喜んでいる。

Kimg0528_20190916045601

秋の花大文字草も、咲き初めました。

BBさんの撮影です。

奥澤さん、高田さん、BBさん、竹内ファミリーと、賑やかな初秋ですね🎵

Dsc_6685_20190916045801

🌄は、ダイアモンド蛭ヶ岳を通り越して、南に移動。

Dsc_6694_20190916050301

勿論!富士山も、雲一つ無し✌️

早朝は、紅富士だったと、高田さん。

小屋番は、見に行けず😂😢


―――――――――

―――――

9月14日、霧。曇り。寒い。

――――――――――――――――――

―――――――

9月13日、曇り。午後。あめ。山は肌寒い気候に移動。

――――――――――――

―――――――

9月12日、薄曇り。山は霧。夕方雨。急に涼しい。

――――――

―――

9月11日、山は霧。晴れ。雲あり。

霧、夕方雨。変わりやすい天気でした。

―――――――――――

―――――――――

9月10日、晴れ。

夕方、雲が異常な、広がり。美しいと言えば美しく、不気味と言えばぶきみ。

不安定な、空模様。

昨日、奥澤さんが、神の川林道を偵察。いつも人力で動かせる落石は、片付けてくれる。今回の台風は、広河原が犠牲。

消防署の査察が、又々延期かな?

帰りに、沢の入り口で白髭草を見る。

Dsc_6673_20190911055801

こんな小さな弱々しい花が台風の雨に打たれて、折れもせず艶々として咲いていて、不思議に思う。

Dsc_6665_20190911060001

山は不思議。

――――――――――――――

―――――――――

9月9日、夜中に、突風のように、風が断続的に唸っていた。雨風が凄い。山小屋が揺れる!

北麓は、朝になって見ると、倒木 が見当たらない。

微妙に、南を通過したからだろう。

丹沢の陰になった正にお陰もあるかも。

BBさんのメールでは、秦野では倒木が凄いと、言う。

三ヶ木も、中々の風の被害。

テレビで見る、横浜や千葉が凄い被害。

Dsc_6631_20190910092401

山では、奥澤さんが、ボッカしました。❔‼️

白ヤシオの紅葉と、富士山の写真も撮影。

台風一過。

山は爽やか。

小屋番は、台風の風の後片付け。

三木さんが、寄付して下さったダイソンの掃除機が大活躍。感謝感激。隅の埃も、蟻の死骸もサッパリ🙆

20190901080727

事務所のダイソンを一々上げて、気になる掃除をしていたが、まるで、別世界。

――――――――――――――

―――――――

9月8日、はれ。雲が少しある。

日曜日の今日は、スワンちゃんと石川さんのボッカ。

おまけに、床に柿渋塗り。ご苦労様。

和製ペンキですね❗

20190908164126_20190911212601

乾くと良い艶と虫避けとか。

道具置き場は、奥澤さんの活躍です。

皆さん総動員で、手伝ってくれますね。

帰りは、雨に降られそう。

予報によれば午後から、雨とか。心配。

午後、やっぱり雨。

―――――――――――――――

――――――――――

9月7日、夜中の空は、星一つ見えない。台風13号と15号が、どう影響しているでしょうか?

3時には何も見えない空に星一つ。5時には、薄い曇りぞら、6時には、まるっきり晴れ。ところどころ、薄い絹雲が浮かんでいる。

そよ風が、寒~い!

―――――――――――

―――――――

9月6日、快晴。5時半。昼には、どうなるか?現在不明。

1日中快晴の猛暑日。

――――――――

―――――――

9月5日、曇り、山は霧。

――――――――――

――――

9月4日、曇り、山は霧。夕方あめ。

――――――――――

――――――。

9月3日、晴れ。雲が多く、山は霧。17時、小雨。

横浜は、集中豪雨。テレビの映像が、凄い。

――――――――――――――――

―――――――――

9月2日、快晴。平地は、晴れも山はいつも曇りだったり。霧だっり、時には小雨だった。

今日はスッキリ。

昨日は、G谷さんと、館さんのお陰で、山のような野菜がはけて、すっきり。

20190901_101617_20190903060401

食べて残ったピクルスを全部持って言ってくれるかと思ったら、ピクルスだけ残った。リュックに一杯と、手提げに一杯。

農作業に、二人で汗だく。曇りがやにわに陽射しあり。😭

然し、今朝は又、🥒が採れ、

20190903_061321

ミニトマト、中トマトがゴロゴロ

20190903_061657

アリ地獄的に、わいてくる❗

然し9月に、なってキュウリが落ちた。

コオロギは、とっくに鳴いている。銀ヤンマも滑空して、如何にも秋を感じさせるが、暑さだけは衰えない。

来週、三木さんが青根回りで登山と、言うので、野菜の分配も、これが最後かな。

嬉しい悲鳴と言うべきか、大豊作の農園?だった。

こんな旨いとまとを食べたことがない❗

館さんの一言から、始まった天国と地獄。

―――――――――――――――

――――――

2019年9月1日、濃霧。雲海。陽射しあり。

写真は、奥澤さんです。

Dsc_6424_20190901213701

雲が綺麗❗

Dsc_6415

雲海の下は霧雨。

Dsc_6458_20190901214202

陽が射すと、別世界。

20190901_214530

ヤマアワの穂が揺れて。

今日は、館さんのボッカ。凄い久しぶりです。夏うち、アルプスを闊歩していたのかと、思いましたら、白山一個❕

何十年前の白山と、変わらず、朝は神社から、ラジオ体操の音楽が流れ、神官が下駄履きのまま山頂の奥宮に登り、祝詞を上げているのでしょうか?

登山者代表で玉ぐしを、上げたっけ!なつかしい❗

そう、あの朝も、霧でした。白い着物に、水色の袴、綺麗な桐の下駄を履いた神官が、山で、空に手を掲げて説法を説いた。たまたま写真を撮ったので、岩さんに見せたら、えらく感動して、その感動ぶりが、又、不思議だった。

私は玉ぐしのほうが感動だった。岩道を登るとき、岩桔梗が咲いていて、神官の下駄のように汚れていないで、ツヤツヤしていた。


2019年8月 1日 (木)

丹沢山塊―桧洞丸の今日の天気(2019 ,8,1 ~)


8月31日、土曜日、曇り時々晴れ。

―――――――――――――

――――――

8月30日、小雨のち、本降り。昼過ぎやむ。

―――――――――――――

―――――――――

8月29日、麓は雲の多い晴れ。山は、大きな雲の塊を、被っている。

時々風も吹く。

猛暑の8月も、終わりに近づいてきた。

佐賀の集中豪雨は、凄い状況で、テレビで流れた。まるで台風なみ。

平地は、今の時代、どこもかしこもコンクリートで固められ、水は、沁みていかないから、尚更なんだね。

アマゾンでは森林火災。

地球規模の異常事態。

去年の台風22号は、丹沢の麓、山深い青根の里も、打撃を受けた。山も何百年もの大木がバタバタと折れ、大衆の目に触れないところで、ジワジワ水源の危機が、歩みを進めてゆく。

集落の足、山に入り組んだ国道413号線では、山と谷の狭間で、通行の利便性を求めて、トンネルが掘られ、そのすぐ横で、大規模な土砂崩れが発生。

工事は、一年たとうとしても終らない。

20190830_044500

県道、遠方から。

20190830_044523

近場からの状況。

来年度オリンピックのロードレースを前に、気が急く事態だろうな。

丹沢山という巨大な山塊は、神奈川県の水瓶。麓の道を通っても、入り組んだ大小の谷は、梅雨時には、水の競演になる。短い歳月に、地域は変化し、昔、ご老人が山を見上げて

「家の父は、働きもので、雪の降った朝は、誰よりも早く起きて、ヒンゲまで道を付けたものだ」と、語った時

「どうして?林道を通って神の川の山仕事に行けば良いでしょう?」と、いった。

「昔は林道がなくて、山を越えて、シャクジに降りたんだ」

度肝抜けたね。

―――――――

―――――

8月28日、曇り。北麓は、夏ぞらに、羊雲。山は霧。雲の塊に覆われている。

――――――――

――――

8月27日、曇り、晴れ。山は霧。

優太くんが、

一時間早くアルプスから、帰ってきた。

それ!とばかりに、農作業。

合間にトマトの収穫。採ってはパクリ、旨~い❗採ってはパクリ、旨~い❗の連発。   

トマトのほかに、青ジソ、茗荷、ゴーヤ、大根、人参を収穫して、鉄火味噌にピーマンをトッピングして又々、旨いを連発して、若さと労働の後には、何でも旨い。

箱に詰めておいた、キュウリ、カボチャ、じゃがいも、青唐辛子、玉ねぎを持って、母上の好物のカボチャに、ニコニコして、帰った。その為に二人で更地に、肥やしを撒き、土を運んだよね。旨く出来ていれば良いな~❗

―――――

―――

8月26日、天気予報を見たら、

曇りで、気温も、20℃以内。30℃を超えていない。

ようやく風たちぬ頃か🙆

ウキウキして、農地に出かけたら、ナニ!

🌄がニョッキリ‼️

あまりの暑さに、汗だく。4時間で、ギブアップ❕腹立つ😡⚡腹立つ😒💢💢〰️😢騙された。

―――――――――――

――――

8月25日か霧、晴れ、曇り。

今日は、飛田さんのボッカ。事務所5時到着と、言う事は何時に、家を出たのだろう。3時かな?2時半かな。

帰りは、汗だく。食事はサッパリしたものと言うので、水晒しの氷水飯に、漬物3種と、ピーマン味噌。

葉唐辛子の佃煮と、なすの辛子漬と、キュウリの古漬け。

葉唐辛子って解るかな?私は分からなかった。

念のため検索してみると出ていた。

20190818_123609

青唐辛子の新芽の部分を二抱えもとって、コツコツ花の着いた柔らかい部分を摘み、小さい唐辛子を入れ、生醤油で煮詰めるのだが、それは絶品。

ネットでは500グラム二千円弱。市販物は、茎も入っている。

自家製は、茎は一切入れないで柔らかい部分だけ使った。色んな名前が野菜にはついているが、今年は、青唐辛子を多量に、撒いた。だからこんな贅沢ができた。28センチの鍋に、葉唐辛子を押し付けて、出来上がりは、

150CCの容器にたった一杯。

ほんのり辛い柔らかい葉唐辛子。

ピーマン味噌も、面倒臭い。ピーマンを1キロ刻む時は、嫌になる。

 

20190825_073550_20190827004801

何しろ細かく刻む。青唐辛子も刻む。

20190825_081503

でき上がり。省略してますね~。

完全な完成品ではない。もっと味噌状態になる。が、今回時間なく、ここで中断。然しなかなかいけた。

人は、なかなか教えてくれないので、ネットが一番です。

面倒臭い、調理ばかり。湯剥きのトマトも面倒臭いよ~❗

料理教室みたいですが、お天気のページなので、オマケです。

そのうち、百姓のページになるかもしれない。

人間も、青虫みたいに、🌱ごと、皮ごと、ムシャムシャ食べるのが、一番良いのでしょうが軟弱な、生き者?物?になってしまったのか、、⁉️


勿論、飛田さんも、車なので、箱詰めにして運んでくれました。

さて、明後日は、優太くんだ。

――――――――――

―――――――

8月24日、晴れ。然し、霧が湧いたり引いたり。今日は、涼しい風が吹く。この夏初めて。

この前、宿泊者の評判が、良かったので、トマトのピクルスを多量に作った。皮を剥くのが、いつも一苦労。今回は、玉ねぎ、キュウリ、茗荷を混ぜてみた。

ボッカさんも来るし、0になるでしょう。

20190824_225808_20190824231401

然し、疲れたな。この量だもの。

疲れたはなしが、聴かれようものなら、疲れるなら、やめな!ボッカ代は、払っているんだから❗

恐っそろし〰️❗

恐っそろしったら恐っそろし〰️🎵

―――――――

―――――――――――――――――

8月23日、霧。

―――――――

―――――

8月22日、霧。

――――――――――――

―――――――

8月21日霧。晴れ間あり。午後雨、

Image1_6_20190822065001

天気が悪いのに、鈴木さん霧の合間に、良く良い写真が、撮れましたね。

Image1_5_20190822065401

夏です。ね❗

―――――――――――――

―――――――

8月20日、霧。

昨夜の雨も上がり、鈴木さんボッカ。

予定通り。

――――――――――――――

――――――――――

8月19日、曇り。

昨日は、野菜の収穫と、配分に参った。

眞田さん夫妻、野菜の調理法を試食。

20190818_211845

キュウリの量が多すぎて、ざるに入れたトマトが、茶碗みたい(😀)

H, iさんも急にやってきて、残りは漬たり、冷凍したり、佃煮したりとガラッと、片付いた。リュックに入り切らず、残った。

また明日、同じ作業が待っているのか❗

今は、考えまい。

キュウリの古漬けが、好評だったな~✌️

あとは、20日の鈴木さんが、ボッカの帰りに助けてくれる。

今、野菜が高いので、と喜んで持って行く。まったく有難い。

――――――――――――――

―――――――

8月18日、晴れ。

山は、午前霧。

台風一過、水を含んだ大地から、ドドドッと、🥒🍅🍆🥕がわきあがった。

20190818_004154_20190818004401

やっぱりゴーヤは、青いのがいいな。

今年は、山のようです。

20190818_004228

それにしても、このトマトと、キュウリ、どうするんだろ。でも、10キロはないな。

泉さんがくる。H.I.さんも来る⁉️助かった―!と、思ったら、明日は寄らず。ガクッ😵

眞田さんに声かけたら、奥さんと、トマト摘みにくる❗

やれやれ助かった‼️

ボッカさん、ボランティアさんには、一通り分配して、20日の鈴木さんには、間があるし、毎日沸き上がるお宝を捨てる訳にはいかず、困ったところ思いがけず、眞田さんが明日、持っていってくれる。

労働者本人は、一日1個の、トマトで間に合う。あとは、ボッカさんと、ボランティアさんの為のお宝。青根のキュウリは、絶品だし、夜露に当たって、ウソ❕と、言うほど甘味とみずみずしさがある。完熟トマトは、砂糖掛けたか?✴️と言うよう🎵

雨続きの今年、鈴木さんがボッカに来て、トマトをガブリ❗アマ―い❗

私からしたら、ふーん?こんなのイマイチ!

日照りの今は、でしょう!✌️と言える。

うれしいね。久しぶりに会える。

喜んでもらえる気がする。

ありがとう!

なせか、ありがとう!

道路のような、固い地を開墾して、虫のように、這い。泥にまみれ、人の宝、緑の宝に囲まれている。

無駄にならず本当に良かった。四方八方、どこからみても、有り難うでしか無いでしょ。

事務所は野菜地獄。山は林道地獄。

20190817132841_20190819070201

お天気も、丁度良く降ったり晴れたりが

天国だな✨

――――――――――

―――――――

8月17日、晴れ。

――――――――――

――――

8月16日、雨。午後晴れ。

――――――――――

―――――

8月15日、未明、風と、雨。台風の余波。


――――――――――――――


――――――――――


お盆休みには、電波も休みか(爆笑)

現在オフラインの連続。

―――――――――

8月11日、晴れ。

Dsc_6237_20190811154601

同角の頭ですね。細かった月が、こんなに丸くなった。

低いのに鋭角的な山容で、高く見える。

奥澤さんの撮影。

今日は、鈴木さん、久しぶりのボッカ。少し賑やかですね❗

―――――――

――――――――

8月10日、晴れ。

20190810050014_20190810105702

太陽が、蛭が岳をもう少しで越えます。

地獄の暑さも、もう少し。こんどは、極寒地獄がやってくる。

―――

―――

8月9日、はれ。

夜も、蒸し暑い。珍しい❗

――――――――

―――――――

8月8日、晴れ。夕方雷。雨がぱらつく


―――――――

―――――――

8月7日、晴れ。

――――

―――――――

8月6日、晴れ。

―――――――――

――――

8月5日、晴れ。

――

――――――

8月4日晴れ。

20190804_161522_20190804161801

奥澤さんの撮影です。

晴れた夏の山は、登山口は地獄。山の上は天国。

――――

――――

8月3日、晴れ。

山の夕方は涼しい❗

Kimg0478

BBさんの撮影です。

―――

――――――

8月2日、晴れ。

――――――――

―――

8月1日、晴れ。

――――――

―――――


2019年7月 1日 (月)

丹沢山塊―桧洞丸の今日の天気―(2019'7~)


―――――――――――――

―――――

7月30日、晴れ。蒸し暑いです。

――――――――――――――

――――――――

7月29日、晴れ。鱗雲の空が、綺麗です。

もしかして、梅雨明けでしょう❗

11時、ニュースで梅雨明け発表。

やっぱりね。

Img_20190721_193727_20190729112301

沢筋の花は、涼しいかな。

―――――――――――――――――

――――――――――

7月28日、日曜日、梅雨明け早朝弱い地震あり。

台風は、熱帯低気圧に変わった予報。

現在どんより濃霧。


――――――――――――――――――――――――――――――――――

7月27日、土曜日は曇り、朝は小雨。日中薄日と、曇り。風少々あり。夕方から雨。台風6号は、それた模様。

然し、日曜日に、風雨強まる予報だがどうなるか?

――――――――――――――

―――――――――――

7月26日、早朝の空に、星が、ポツリと、見える。

――――――――――――――――

―――――――――――

7月25日、曇り山は霧。陽射しあり。

――――――――――――

―――――――――――――

7月24日、曇り。晴れ間あり。

夜は久々の星空。

―――――――――――――――

―――――

7月23日、曇り、晴れ間あり。

―――――――――――――――

――――――――――――

7月22日、雨。一日中すきっとしない。

―――――――――

―――――――

7月21日、日曜日。今日もさっぱりしない天気。朝の気温は17℃です。

それでも?富士山が見えました。

Img_20190721_193304

奥澤さんの撮影です。

シロヤシオの紅葉が秋を思わせます。

今日はBBさんと、鈴木さんと、三人で、賑やか‼️

――――――

――――


7月20日、土曜日。

20190721_141226

雨が降ったり、止んだり。気温18℃

鈴木さんの写メールです。

地面に張り付いて撮らないと、小さなシモツケ草がこんな大木には映りませんね。

両方カメラに収めたい苦心です。

Image2_2

かなり景色が拾えました。

―――――

――――――――――――――――――――

7月19日、曇り、はれ。大室山の、中腹に雲が棚引き、隈笹まで続いている。

千切れ雲で雲海と言うほどではない。午後から、高曇り。

20190719_143949

明日の日曜日は、オリンピックの、ロードレースのテストイベント。

法の、木は切られ、路面の穴ぼこは埋められ、日曜日に向けて、テントが設置。

20190720_071710_20190721220401

これは県境の、山梨側。道志です。

村人総出の、イベント参加?200人のボランティアが出るそうです。


……………―――――――

―――

7月18日、曇り、陽射しあり。

今日は眞田さんが、可愛らしい車百合の写メールして下さいました。有り難うございます。

山頂周辺でポツポツ咲き始めました。

20190718_221225

夜は、久々の本降り。

―――――――――

――――

7月17日、曇りのち晴れ。

山は、薄い霧。

夜、満月か?見事な月。まさか梅雨明け❔

――――――――

――――

7月16日、曇り、小雨、

――――――――――――

―――――――

7月15日、小雨、曇り。

Kimg0437

毎日のように、雨がふり、どうなってしまうかと、不安になる中にも、ふんわりシモツケ草がさき、ショウマが咲き始めました。連休は、流石にポツポツ登山者が歩いています。静かな山です。

写真は、BBさんです。

―――――――――――――

―――――――

7月14日、雨と、霧。

―――――――――――

―――――――

7月13日、曇り、霧。昼頃からあめ。今日は竹ファミリーのボッカ。天候の割には登山者歩いていました。と、語る。

朝方晴れ間有りましたからね。

―――――――――

――――――――

7月12日、曇り、小雨。

―――――――――――――

――――――――――

7月11日、今日も曇り。

それでも里のトマトが赤くなり始め。

ホトトギスが、啼いている。

さっぱりしない天気が続くが、季節進む。

――――――――

―――――

7月10日、曇り。薄日あり。

―――――

―――――――――

7月9日、曇り。雲海。

20190709105350_20190711054002

いっとき、爽やか!

霧は、下ですから、さわやかです。

―――――

―――――

7月8日、曇り。

肌寒い。

―――――――――――

―――――

7月7日、日曜日。雨。

一時、雲海。館さん、ヤタオネ中頃風が冷たく参ったはなし。東北の風。

今日ボッカキャンセルの竹ファミリー、良かった!と、仲間を思いやる。優しい兄貴分。

――――――

――――――

7月6日、曇り、一時雨。

―――――――――――

――――――

7月5日、曇り。

大雨ではないが、降り続く雨に、とうとう林道が崩れて、又、暫く苦労の日が続く。山中湖廻りより、ヤビツが幾らか近いかも。

―――――――

――――――――

7月4日、風と、雨。

――――――――

―――

7月3日、小雨、一時薄日。断続的に、曇りと小雨。

―――――

7月2日、早朝は曇り。霧。

――――――――――――――――

――――――――

7月1日、曇り、霧雨、薄日と、変化。そして、夕方小雨。霧。

20190701135806_20190705220201

下山途中、林道でカケスの雛がいた。巣から落ちたのか、飛べない。

一人前にギャーと、鳴く。

全然可愛くない。

この時期は、鳥たちの孵化の季節なのか?

20190705_223024

こんな迷い子。綺麗な羽。

20190705_223118_20190705223601

これはひょこ。

20190720_065931

不思議な命。


2019年6月 1日 (土)

丹沢山塊-桧洞丸の今日の天気―2019'6~


6月30日、霧雨、本降り、晴れ間と、変化が激しい。

―――――

―――――

6月29日、未明まで、霧雨か?、草がびっしょり濡れいるが、水溜まりはない。朝も小雨続き。

―――

―――

6月28日、朝は曇り。雲が低くなれば霧。高くなれば、曇り。雲の多い青空から、日が射すと言う空だった。

台風騒ぎは、嘘のように、過ぎた。

―――――

――――――

6月27日、曇り、晴れ間あり。雨。と、変動的。午後、夜も雨風あり。

――――――――――――

―――

6月26日、晴れ。雲海。

――――――――――――――――――――――

――――――――――

6月25日、地震と雨を心配して、眞田さんが登山道の見回り。異常無しです。

―――――――――――――

――――――

6月24日曇り。雨。

――――――

―――――――――――――

6月23日、日曜日は、曇り。晴れ間あり。

――――――

――――――

6月22日、雨。山は寒く、ストーブつける。ボッカの竹ちゃんずぶ濡れ。

――――――

―――――――――――――――――

6月21日、曇り勝ち。

―――――――――――――

――――――

6月20日、晴れ。

―――――

―――――、

6月19日、晴れ。雲あり。

20190619_220323

この映像は、オワタから。午後2時です。午後4時半、雲が霧となって、桧洞丸の山頂から、熊笹の峰をふんわり撫でています。

どんなに快晴でも、朝から晩まで雲一つないと言うことは、まれです。

―――――――――――――――――――――――――

6月18日、晴れ。雲あり。

――――――――――――――――――――――――――――――

6月17日、晴れ。

――――――

―――――――――――――――――――

6月16日、晴れ。

写真は、BBさんです。

20190616_211558_3

今日は、竹さんファミリーと、BBさんで臨時小屋番サポートになりました。登山者割合多かったです。

―――――

――――――――

6月15日、雨。

―――――

―――――――

6月14日、霧。曇り。

――――

――――

6月13日、霧。陽射しあり。

―――――――

――――

6月12日、曇り。夕方雨。

鈴木さん、ボッカ。途中会った登山者ゼロ。入梅時期の山です。

―――――――――――

――――

6月11日、濃霧、小雨。

―――――――――――

―――――

6月10日、曇り。時に薄日。

―――――――――

―――

6月9日、曇り。

―――――――――――――

――――――

6月8日、日曜日、小雨。館さん休日で、ボッカ。心配したが、小雨でおさまった。

雨の昨日、予約され、雨の今日、キャンセルのかたがいる。とても心配したが、安堵しながら、複雑怪奇な気持ち。

―――――――

――――――

6月7日、金曜日、雨でも山に登りたい登山者がいます。雨の山が好き。

気持ちは、わからない訳ではありませんが、お気をつけて。

昔、人っ子一人いない、雨の山を歩いて見て、行軍訓練みたいな気分だった。

おもしろくなかった。

―――

―――

6月6日、はれ。

―――

――――

6月5日、曇り。

―――――

――――

6月4日、未明の空は、星と霞んだ夜景。

快晴の空ではないが、晴れ。稜線が良く見える、4時数分前。暖かい。

――――――――――――

―――――――――

6月3日、曇り。時に霧。そして、薄日。

昨日、天気予報を見たら、金曜日から日曜日まで傘マーク。3日連続の雨。

しかし天気予報も変わるので、明日はどうなるかと今朝見たら、なんと❗月曜日まで傘マークが増えた。4日連続。

これでは、入梅じゃないの?

警戒するしかない。

―――――――――――――

――――――――――――――

6月2日、霧。今日は、ひんやり。

流石に登山者は少ないと、思ったら、日中は、ぞろぞろ。

20190603_044831

バイケイ草の上に、花弁がポトッ。

さすがに、時期です。最後です。

隙間だらけの枝、不作と言われる通りかな。これだって、ましなポイント。

奥澤さんの撮影です。

―――――――――

6月1日、晴れ、

昨夕から、雲の流れが美くしい。大きなカメラを持ったお客さん、動画で撮りたい❗と、言っていました。



2019年5月 1日 (水)

丹沢山地‥桧洞丸の今日の天気‥2019-5~

 

5月31日、霧。早朝の気温は8℃です。風があり、山陵が霧雲に隠れたり出たり、忙しい。

____________________-___-_

5月30日、晴れ。すぐ雲がわく。

花は、咲き切っていない花だから、雨や風にも、花はピンピン。

まだ蕾もある。傍のツツジのはなし。全山見てあるいていないけど、

分岐の大木も、これから10日は、咲くでしょうね。もっとかな。

咲いたばかりだから。


5月29日、雲の多い晴れ。か、曇り。か?

20190529_073846_2

なんと言えばいいか?

つまり、雲海。霧。曇り。雲海。晴れ。霧。

そして、夕方5時頃、お天気雨。山陵がくっきりみえて、パラパラ

ひとしきり降る。30分位降る。

夜は、小田原方面は夜景。

5月28日、地平線に霞と、薄い雲がありますが、真上は晴れ。

さて、今日は天気がどう動くか?たちまち雲が広がり、

8時と言うのに、稜線が隠れ始め。

 

昨日の、花情報は、写メールがアルバムに入らず、アップ出来ません。

小屋番、ボッカさん、常連さんの写真では、

良いとこ撮りですから、綺麗です。分岐の大木も、七分咲き。真っ白い塊になって、見事です。

仕方ない、近場をパチリ。

20190528_062331

満開とは言えないですが、七分咲きですね。

 

20190528_062418 

これは、満開。

ここまで来ると、1400メートル地点は、満開と言う登山者の話は、うそっぽいな?

花はないな。

自分が見たものしか、信じられない。


5月27日、晴れ。

20190528_120027

石棚山の稜線からです。

ところどころ、絶景があります。富士山とシロヤシオ。

ボランティア部の眞田さんの撮影です。

アップするのに四苦八苦しました。

今日の三つ葉の花情報は、三分咲き。

20190527_084558

これは、五分咲き!?

20190527_084742_1 

朝陽に色が、飛んでいます。

 


5月26日、快晴。

日曜日、BBさんが犬越路方面をていさつ。

木道よりも、咲いている。

と言うので、期待‼️

20190527_134831

何?

パラパラジャン。オマケに蕾。

まるっきり花時期本来の25日過ぎに、戻っている。

咲いていない。

 

20190527_135406

これでは、興味ない人は、花は、気がつきませんでした。

ですね。


5月25日、快晴。

今日は、ツツジ新道の分岐直下のシロヤシオの写真がアップ出来ます。

現在オフラインだって。

20190525121224_2 

やれやれ、1日遅れて、アップ。

知る人ぞ知る、分岐地点の大木。

そうか!木が、倒れていたと、いうので

あの大木が!と、びっくりしたが、手前の古い倒木の話し。

見慣れた、景色でも、人間なんて、

わかっちやいないもんだな。

わからないと言えば、霧の22日、荒天後に、スキッとしたのは、朝だけ、

大体霧の夕方、道を聞きに登山者が一人、山頂から、降りてきた。

ツツジ新道に、行きたいという。西丹沢ですね。と、言うと、ツツジ新道だ!と、言う、さて、ここから、漫才が始まる。

山頂がわからない。祠がわからない。ツツジ新道と言う指導標は、ないと、一点張り。

深い霧の中を、歩いて、行けども行けども、目的のツツジ新道がない。ここはどこ?ワタシはどこ?になってしまって、

ひたすら、おかしい?なぜだ!をまくし立てる。

参ったな~!このパニック男に、なんと説明したら良いか?遭難されては、かなわない。

サンチョウ?ホコラ?ニシタンザワ?

ちんぷんかんぷんの男を相手に、ツツジ新道と言う指導標は、ありません。

貴方か行くのは、ニシタンザワです。そこから、バスに乗るんです。

サンチョウとは、山のてっぺんです。ホコラとは〰️?〰️?ちっちゃな石の建物が立ってます。神様を祭っているものです。

サンチョウから、イヌコエジ、ヒルガタケ、ニシタンザワと分かれます。

指導標が出ています。貴方は、反対側のヒルガタケの方に来たのです。サンチョウに戻ってください。

すると男は、ぶったまげる一言を放った。

【落ち着きなさい‼️】

私から見れば錯乱状態の男。男からみれば、分けの解らない事をまくし立てる小屋番。

それは、判れば、こんなこと言ってここに、いない。

その時、ふと、思ってしまった。箒沢でないよな!西丹沢だよな?

時代と、共に変わる地名。昔は箒沢と、言った。

錯乱男に、カセテしまった。つられてしまう。

人間の、不確かさ。

様々な意味で、驚きの、一日の終わり。

7時20分、時計を、見た。

あー、あのおじさん、終バスに間に合ったわ。今頃、中川を過ぎたかな。

最後まで、この山に来た登山者の無事が気になる。

因果な性格。

人って見ているようでみていない。さいていた。咲いていない。木が倒れていた。

いろんなこと、あたりまえ。

信じられるのは、せめて写真。


5月24日、雨上がりの後に、綺麗な黄色い半月が出ています。真夜中の、3時過ぎ、良い日の出になりそうです

20190524_111210

遅々として、進みがのんびり。

20190524_111236

本来の歩みですね。

ここ3年ばかり、15日が

満開だったから。今日は良い天気。

20190524_054538

山の向こうの、市街地に、雲がなく、霞の中から出ました。。

登山日和。

 


5月23日、晴れ。              

有さんが来て、木道のツツジの写真を見せてくれました。

20190523_202626

まるでご飯粒をばらまいたようなシロヤシオの蕾。

この木は特に花だらけ。後の木は、いまいち。

20190523_202727

東国三つ葉ツツジは、

パラパラまだら。

小屋周りのほうが、びっしり蕾。

新緑に、映えますね~❗


5月22日、朝、5時は、霧。その前は月夜。さっぱりしない日々です。

雨が止んだら、登山者ぞろぞろ。

ゴーラ沢渡れないぞ!と大騒ぎだった〰️と。

渡れても渡らないほうが、安全です。家にいればもっと安全!

20190522_125235_1

山頂周りの三つ葉ツツジは、こんな。

もう少しですね。芽吹かない木の芽が半分以上だものね。


5月21日、霧。風雨。

まるで小型台風見たいに、風吹く。

13時小止み、14時、止み。17時青空。

20190521_170034

久しぶりに、青い色を見た気がする。

やれやれ、何回送信したか!電波立ち悪い。


5月20日、霧雨。まるで山は入梅。

Tさんが、臼ヶ岳方面に、ツツジの偵察。

昨日、石棚山をきて、板小屋沢の頭で、

少ない花が、チラチラ。の情報。

途中2、3本、大木に蕾がついている。

ものすごいのが、一本あった。

又、ボランティアのbbさんの話では、ヤタオネは、下は散っていた。

三つ葉ツツジは、これからで10日前後は、遅れている。

で、Tさんが、臼ヶ岳方面から帰ってきました。

写真を見せてもらいましたが花と花の間隔が

開いている。隙間なく着いている木もある。

三つ葉ツツジは、まだ、蕾。下旬になりそう。

コーヒー一服。小雨のなか下山。軽い足どり。羨ましい❗


 5月19日、霧。寒い。今日の、楽しい仲間。丹沢が庭の皆さん。

花よりも美しい物は、団子と笑顔かな。

20190519_120330_2 

1,5MBまで縮小したのに、何回挿入したか!

電波が立たないのです❗

やれやれ、嘘ツキになるところだった。


 

5月18日、霧、雲海、晴れ間。忙しい天気。


5月17日、久しぶりに、晴れの景色。芽吹き始めた木々の向こうに、

丹沢の稜線が、袖平から、同角までぐるーっと見える。

その向こうは、、朝靄、そのうえは、ピンクの空の色、

その上は、グレー、その上は、

オレンジ、その上は青空。今時の晴れの色

やがて太陽が昇る前の、4時半。あ、昇った!

せっかくの晴れが、玄倉峠から、雲がバウンドして、攻めてきて、

ちぎれ雲が空を覆い、たちまち霧。まだ九時ですぞ!

結局、日が暮れるまで、さっぱりしない空模様。


5月16日、未明、凄い星ぞらから、北から霧が流れ、東から雲海がバウンドして、

稜線をかくし、たちまち霧の山になり、霧雨まで降った。

電波は立たないし、お手上げ。

それでも、日中は、曇りぞらで、とどまる。4時からはれて、山が見渡せ、青空がみえる。

この2~3年季節の巡りがはやく、毎年今頃は花が咲くようになった。

今日も、花が咲いているかと、登ってくる登山者に会ったと、Aさんが言う。

2月が高温続きで、この分だと、今年も早いかと思っていたら、4月に二度の雪。

すっかり冷えた山は、咲いてしまった岩ツツジは雪でグシャグシャ。つぼみで難を逃れたツツジは、今咲いている。

東国三つ葉ツツジは、本来の5月25日から6月にかかりそう。

ちょっと見た事がない程、つぼみがついて、10日後、写真を撮ってAさんに、写メールするのが楽しみ。

去年は、白も紫もすごかった。半ばに咲いていた。今年は寒くて、白もさかない。

いくら、教えても、信じないのか、見ないのか?。力むほど馬鹿らしい。ま、気楽にいきましょ。


5月15日、晴れと言うべきか?曇りと言うべきか?

 

20190515_051918

東南は毎度雲が賑やか。

10日に咲く山桜も、昨日の雨風で何か------終りかな?

5時の気温は、5度。寒いな!青空が広がってきました。

晴れです。稜線もくっきり。


5月14日、霧。9時雨が降り始め、すぐに止んで稜線がみえ、又降りはじめる。雷5月13日、霧。日中の気温は、12°です。

午後2時に、雨が止む。山が見え隠れしている。

夕方七時半、風が吹きだした。


 

5月12日、晴れ。夕方小雨。雷がなる。

20190512_194152

今日は、ボッカさんが大勢来て、情報が入り、待望の

シロヤシオの花が出現しました。

随分下のほうで早咲きの一本です。それもたった一輪。

一杯咲くのはまだ先のようです。

 

20190512_194247

コイワザクラも、まだ盛り。

20190512_194319

キクザケイチゲも、ツヤツヤ。

かんさんの撮影です。

やれやれ、漸く写真の挿入が完成。


5月11日、晴れ。陽射しが強く一日良い天気。

20190512_123853

ブナの種が、発芽しています。

20190512_124037

咲きそびれた三葉ツツジがまだつぼみ。

20190512_124339

アジサイの花みたい?

20190512_124826

木道には、山桜か真っ盛り。

すみれも咲いていたし、太陽の光の欠片のようにツルキンバイも、群生している。

必死に、シロヤシオのつぼみを探してみたが、二つ三つ白い膨らみが見えた。

まだまだはやい。


5月10日、テレビでは、真夏日の騒ぎ。


5月9日、朝は晴れ。雲が多い。山は濃霧。

日中暑い。

夕方は晴れ。一面の鱗雲が綺麗。


5月8日、朝は晴れ。今日は、1日晴れるか!はれました。日中風があり、朝晩は肌寒い。


5月7日、晴れ。山はたちまち霧。

バタバタと、連休が終わりました。

昼過ぎ雲が広がって、小雨。


5月6日、曇りで、山頂は霧。

今日は、先輩がボッカ二便。降らないで良かった。


5月、コイワザクラの咲く頃。5日の映像。奥澤さんの撮影です。

山頂付近の山肌が、絆創膏を貼ったように見えます。痛々しいですね。

Dsc_5067_2_3

5月5日、晴れ。1日中穏やかな天気。


5月4日、晴れ。昼過ぎ雷雨。

一時、雹がふる。夕方は晴れて、スッキリ。


5月3日、晴れ。

昼過ぎ雷鳴があったが、雨は降らず。


5月2日、雨止み、山は霧。北麓は雲の多い晴れ。青空と、靄雲が半々。早朝5時にしては、体感ふんわり。

湿った真綿にくるまった感じ。

皆さんが気になるゴーラ沢の増水は、問題なく渡れます。

今朝、登山者二名山頂に到着。

天気は解放に向かっています。


5月1日、雲の多い晴れ。桧洞丸の今朝の気温は、6度。霧も出る。

午後雨が降る。

Dsc_4874_4

この写真は、4月28日の夕方。

まだ雪がたっぷり。

今は溶けてしまいました。

どうにも写真挿入ならず、保存はできず、記事は消え

最悪のメンテナンスが続いています。一時は、写真が横向きに入り

どんな事をしても駄目、😀

それがメンテナンスで完了。やれやれ❗まだまだ苦難の道が続くかな?

2019年4月 1日 (月)

丹沢-桧洞丸の今日の天気(2019-4~)  

 4月30日、昨日と、今日は雨。

ココログが上手く記事がアップ出来ない状態がつ続きます。

写真も入らない。

一時良くなったのに、又混乱。保存もできない。

今日は、どうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー                               

4月27日、曇りから霧。午後ボタン雪。

子供はキャーキャー、駆け回り、大人は炬燵で丸くなる??

笑い❗

Image1_7

予想外でした。夕方はすきっと晴れて星が見える。

明日は凄い日の出が拝めるか?


4月26日、霧。明るい霧。濃霧ではい。た


4月25日、日にち間違ってしまいました。始終間違っています。

さて、今日はどんな天気か?

朝は霧です。

 


4月24日雲が多い晴れ。

昼には、小雨が夕方まで続く。

 


20190422_084840_1

4月23日、はれ。昨夜の雨は、ほんのお湿り

2019年3月 1日 (金)

丹沢山 桧洞丸の今日の天気(2019年3月)

 

20190324174915

24日、稜線の夕焼け。

20190324175305

23日の富士山の夕焼け。

20190324075439
3月24日の朝の情景です。
やれやれ、
苦労した。
20190317_061115_1_1
3月1日、5時前は霧。暗闇の霧です。

 

3月23日のお客様の写真が、トップに昇りでました。
ココログがメンテナンスで、ガラリと、様子が変わり、写真挿入もスムーズに行かない。
やれやれです。
小屋番共に、当たらぬ天気予報に、翻弄され、最初の計画のほうが霧氷が着いて素晴らしい青空が広がったのに、
この日に、変更。
それでも、楽しい修学旅行のように、炬燵で団らん。
小屋番、ホッとしまくり。毎週悪い天気予報の苦労の思いでと、共に忘れられない皆さんです。

 

雨上がりの霧とは、正に春霞と言う天気でしょうか?
例年ならば今頃、春のどか雪が降る時期なのに、異常です。
春が早いように思います。
413号線の復興もなかなか目に見えた変化は有りません。
その上に続く山は、東丹沢に続く稜線です。青野ヶ原に下山するルートです。
キビガラ焼山の稜線です。決壊地点を覆うブルーシートがショッキングな色そに見えます。その上の山は霧に隠れています。

 

20190301_172005_5
ズームするとこんなです。
20190301_171221_5
こうしてみると、捗っていますね。
久々、山をみて、帰ったところで花瓶の写真を撮る。

 

20190301_180110

 

なんか、花よりも華ね!

 

20190301_180252
やっぱり、ラッキー☀️
写真挿入で縦が左横になるから、写真を回転させて、
反対にして挿入してみたら、又、左横になる。
今度は下にしてみるかな⁉️
20190301_180252_12
やっぱり、右横に成りますね。
こんなことをして遊んで
いても、切りがない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月2日、晴れ。昼すぎ雲が湧く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

3月3日、雨。雪、一面真っ白で、霧。

 

丹沢山地は、かなり広範囲でミツマタの花盛りです。
この雨、蛭ヶ岳は雪の情報が…。
登山者が、濡れネズミのようになり、ポツン、ポツンと歩いています。

 

20190304_075458_10

 

ミツマタ写真が、
まともに入ったので、他を入れて見ましたら、やっぱり横倒し。
代理店行きですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月4日、雨。登山者からのメール情報ですが、3日、犬越路を下山したら、下から雪が吹上てきた。濃霧で鎖も見えない有り様。

 

冬の犬越路下山コースは勧めませんと申し上げましたが…ご無事で何よりでした。
今日の雨で、どのくらい溶け、又、降ったでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月5日、晴れ。雪は犬越路の少し上の
標高から白く、メキメキ溶けています。山頂付近は、10時半現在も、霧氷が綺麗です。まだまだ山は冬の内。

 

20190305_102744

 

眞田さんが、小屋に来て、県公衆トイレの除雪をしてくれました。いつもボランティア作業、ありがとうございます。

 

Dsc_2016_3
山頂付近の積雪は、15センチです。
夜は曇りか、漆黒の闇。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月6日、霧。曇り。一時晴れ。
午後1時の気温は、0℃です。
Image1_4
晴れ間に、蛭ヶ岳が見えます。
雪は第二展望ベンチからです。
写真と、情報は、本日ボッカの鈴木さんです。
昨日は眞田さん、
明後日は、竹ファミリー。
いよいよ、トイレの修理が始まります。
この前に、鈴木さんの清掃ボランティア。
眞田さんが除雪。
鈴木さんが清掃で完璧ですね。
今回はプロが小屋と、トイレに倒れた姫シャラを撤去してくれるそうですが、去年の台風で倒れた時は、大変でした。幹さんの活躍で、太幹は撤去。数日筋肉痛に悩んでいました。おかげで、トイレは支障無く使えました。
太い姫シャラで、あんな大木がある事が誇りでした。
然し、倒れて見たら、中が空洞でした。良く今まで立って居たかと、不思議でした。然し、斜面の根本が崩れ、
荒れ果てた、周りの手当てに必死で、根元の穴に、土嚢を何体も詰めて、足場の悪い急斜面で、苦労して、
(あー、無駄だったのか?)と、感慨にふける。
あの木も台風、この木も台風…昔は台風でもでもこんなに倒れなかった。
何でだろう?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月7日、雨。北麓は一日中雨だったが、夕方には止み、夜は綺麗な星空です。山は多分みぞれかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月8日、北麓は快晴。塵を払ったような春色の青空。
山の積雪は、小屋番到着後、写メールが来ますのでお待ち下さい。霧氷が綺麗です。山頂は真っ白。
20190308_110309
11時の映像です。
20190308160741
雪は第二展望ベンチから10センチ弱、山頂で10センチ前後。多いところもある。
20190308173954
晴天で、気分の良い雪景色。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月9日、快晴。朝、寒さ抜群の-15℃です。
風が強く、体感は、ひとしお寒い。
今日伐採。
ザイルで、建物に当たらない様に牽引して、チエンソーで、ガーガーバリーン!流石プロです。
動画で撮って、見るにはいいけど、ブログにはつかいにくいです。
気を合わせて、トイレも有難い工事をしてくれました。登山者の方はトイレにアイゼンを履いたまま利用しないで下さい‼️切りがなく壊れます。
夜は星空。昨日、今日と、最高の天気。神のご加護ダーツ❗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月10日、曇り。日射しあり。
駿足の幹さん、ボッカ。昨日は竹ファミリーがアクシデントで、先輩の代行。大幅予定が狂ってしまった。
昨日の、トイレ作業と、危険な木の伐採を見て、びっくりするかな?
苦労した人だから……。
夜は雨。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月11日、小雨。
昨夜の雪は、今朝には20センチ。今朝の暖かさで、ジャージャー溶けて、まるで雨が軒先から落ちるよう。
20190311085056

 

30センチ未満。

 

20190311084952

 

吹雪ましたね。
厳しさは、美しくさです。それを乗り越えられればですが✨
山頂から、ソーラー地点。ズルズル、ぐちゃぐちゃ。誰
も歩いていない。
20190311164758

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月12日、晴れ。
雪が、溶け切るか、固まる寒さが来ないと、
シャーベット雪で、転倒の危険が有ります。急がず注意して歩くこと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月13日、晴れ。風が強い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月14日、晴れ。
一日中良い天気。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月15日、晴れ。
大室山の雪は、ちょっぴり。
桧洞丸の山頂も、5センチ。明日朝、又雪の予報。
当たらない予報が当たるか?夜は降って、明け方やむかな?20センチ弱、降るかな⁉️
今日の夕方はマイナス6℃です。

 

20190315175331

 

今日は掃いてもらった林道を通って、楽したかな🎵
ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月16日、5時過ぎ、薄曇り。星が一つボンヤリと
見える。今日の登山者も混乱しているか。小屋番も、雨雲は?雪雲は?これから降るのか?これから晴れるのか?気象衛情報を見ると、丹沢の辺りは薄曇り?か
毎週末必ず訳分からない天気予報になる。
8時晴れまが広がってきて、9時10分前、
ほぼ青空。現在。
この先どう変わるかわかりませんが、晴れてゆくのが現実です。
吉⚪さんもキャンセルから決行。小屋番の言うことを聞いたのか?聞いてこの先1日🆗‼️でいくか?
小屋番は、言いましたよね。
(天気予報は、当たりません。また、すぐ変わります、決定は早すぎます。様子を見てください。)

 

でも、大概皆さん言うことをきかない。この方珍しい。
曇り雨から2日後、雨から~雪。1日半後、雪から雨。
半日後、曇りから、晴れ。
当たらないし変わる。此れが現実。
今日は、溶けた雪がぐちゃぐちゃで歩き難いかも。
色々注意して下さい。
昼頃、薄曇り。
さて、夕方はどんなか?
昼過ぎ、一時ぱらつく。たちまち回復、薄日指すが、快晴の空にはならない。
このまま、気温が上がらず霧氷が着いて、明日の快晴を迎えられたら、願ったり叶ったり。
遠くから登ってきた登山者に、かろうじて
残る、桧洞丸の原生林の霧氷を見せてやりたい。
沸き上がる歓声。桧洞丸の自然。
天気が悪ければ、つい、すみません😣💦⤵️と、思う。
良くても悪くても小屋番のせいではないけれど、霧氷が付いたり、晴れたりで一喜一憂の仕事。
そして、最後は、無事に帰り着くように?それが最後の願い。
だから、桧洞丸の今日の天気をみてもらいたい。

 

今日奈良の登山者から、雪が心配で、電話がきた。
(大雪になるような事があれば、電話します。)これで、安心して、電話をきった。
はるばる、電車に揺られ、悪天候で帰るねのは、つらい。

 

誠に虫の良いお願いながら、神のご加護が有りますように。
先週も✨今週も、来週も、ズーッと‼️🌄
夜、🌓が出ています。
20190316090933
20時の気温はマイナス7℃です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月17日、霧。8時には晴れ。
昼過ぎ曇り、小雨がばらつき、すぐに止んで薄日指す。夕方には晴れ。山は高曇り。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月18日、晴れ。
予報も良く、朝から快晴の兆し。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月19年の、曇り後晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月20日、晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月21日、早朝強い風がふく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月22日、晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月23日、小雨、雪。夜は月と星が輝いている。
積雪4センチ、気温-9℃で、全山の霧氷が月に照され、幻想的世界。
今まで一番かな?いつもながらキャンセルした若⚪さん気の毒。
今日の皆さんは、ラッキーです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月24日、快晴の空に、霧氷が映えています。
最高です。
写真挿入がなぜだか上手くいかない?は
メンテナンスもリニューアルも、有難いが?
あまり訳分からない操作がね、困る。
あまりにも綺麗なので挑戦してみます。

 

20190324174915_1
トップに表示する。の文字枠か消えましたね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月25日、風が冷たい晴れ間の日。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月26日、曇り後はれ。
北麓青根の地でも、垂れ桜が咲き始めた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月27日、晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月28日、晴れ。
今日は、竹ファミリーのボッカ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月29日、曇り。霧が出て、少し霧氷が着いています。
日中曇りや、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月30日、曇り。午後から雨。
気温は、プラス2℃で暖かい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月31日、朝五時、山は霧。北麓も、濃霧。今日は幹さんのボッカ。
泉さんも来るので、ご対面です。
今日は、山も晴れるでしょう。幹さんの予報は、当たるので!

» 続きを読む

2019年2月 1日 (金)

丹沢山塊:桧洞丸の今日の天気(2019-2~)

2月1日、早朝は晴れ。
着雪の木の上に細い月と、星が出ています。
6時の空は、まだ薄暗いですが日が出れば、たちまち消えそうな北麓の雪の映像です。
北麓は、国道は4~5センチで轍の後は斑に消えている。日陰は残っている。
畑や山地は、平均5センチ位。地温が高く、降りながら消えている状態。山手の青根と三ヶ木では違い、道志街道ではさらに積雪量が増える。
昨夜、道志村役場の辺りは前が見にくい牡丹雪。路面は真っ白。青根の神奈川県境を越えると、路面は黒く、三ヶ木は雨。これは昨夜の状態。
東から西の山中湖まで走る413号線の変化です。山中湖の積雪は、富士五湖でネット検索ですかね。

20190201_062411

山の上の映像は今日中にアップ出来るか?結果待ちです。

林道が、通れないので、大回り。
山北からビジターセンターまでは、雪はない。
ゲートから奥は、日陰にびっしり。
ツツジ新道は、既に、歩いている。積雪は、足首まで。たまにひざ下。
今日の日射しで消えたかも知れないが、あまり積もっていないで良かった。
一日晴れて、風もなく、楽チン。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月2日晴れ。
異常温暖。
雪が大分とけましま。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月3日、少し雲があるが晴れ。

Dsc_4046

雪はメキメキ溶けています。
夜になり、強風が吹いています。予報の春一番ですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月4日、日が替わってもまだ風が吹いています。雨も降っています。春の鼓動ですか?

雨は未明で止み、一日中日射しがある。
山の雪も、すっかり溶け、山頂付近にチョンチョンと残っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月5日、早朝5時半は薄曇り。さて、日の出は?

予報は、晴れですが、どんな一日になるでしょう。
一日中、晴れでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月6日、夜中に雨が降り、未明の空は低い雲があります。
雨は、これで終わりでしょうか?

今日は、食品衛生の講習会。悪天候に命中するのかと、思いましたら、セーフかな?
北麓の7時は、曇り。9時には小雨、15時には止み日射しもでた。
山の上も雨でモヤモヤ暖かい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月7日、早朝は晴れ。
薄い雲が引いている。
北麓は霜柱がたっぷり。
山の雪は更に消えて、斑残雪の気配も有りません。
夜は星空です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月8日、晴れ。
然し、オブラートを掛けた様な透き通った雲が広がっている。

山の雪は皆無です。夕方の気温は、-8℃。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月9日、曇り。
8時のテレビの気象映像では、成田飛行場では雪が降っている。
北麓は曇りから、時を同じく、良く見ないと判らない程度の、粉雪が降り始め。山も降り始めたと、メールがありました。

20190209074534

霧と、氷雨です。気温マイナス8℃。
夕方から天気が回復し、蛭ヶ岳が見える。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月10日、5時の空は、薄い光りで星がでている。
騒いだ割には、2~3センチの積雪でおわった。

20190210070853_2

今日の霧氷は、ぼってり

20190210071711_2

山頂に行ってみませんか?


取り敢えず、山頂から富士山。

20190210071308_2

展望地点で北丹沢の主稜の山々と富士山を望み。快晴の山散歩。
皆さんお気をつけて~!
少ない雪で何の危険も無く、冬山の景色を満喫しましたね🎵ラッキー☀️

20190210072333_3

今日の最低気温は、-15℃超えました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20190210064800

ドレミファソラシド…🎵
鍵盤みたいですね。
本日は、マイナス6℃です。
なぜだか、写真が横向き。
直して挿入しても横向き。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月12日、朝は晴れ。
昼すぎ雲が攻めててくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月13日、曇り後晴れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月14日晴れ。
薄い雲が、ところどころあります。
夜は、薄い色の星空です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月15日、曇り。青空がチラチラ見える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月16日、土曜日。雲の多い晴れ。ちぎれ雲が一面に広がって、青空の青と、半々。
北麓は、水道水が凍結する寒さが3日続いている。
山の雪は、北東面1300メートル辺りから斑に残っている。

日中は、日が射して、暖か、山散歩が快適。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月17日、雲があるが、晴れ。
雲に日が翳ると、異常に寒く、
日向はあたたかい。アルプスも富士山も一時みえたが雲が湧く。一時雪がばらつき寒い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月18日、終日暖かい一日。
眞田さんが山に行って、展望最高、暖かく快適とメール。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月19日、朝の内は晴れ。
雲が広り、昼すぎには小雨。夜も霧雨のまま。夜遅く雨は止む。予報のような大雨も降らず、しっとり湿って土砂崩れも起きず、なんと有難い雨だろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月20日、早朝は星が出ている。早々と晴れの夜明。暖かい。
全国的に暖かいらしいが、
北麓も春の暖かさ。山の残雪も忽ち0か!
夜、また雨が降っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月21日、朝は、綿雲と言うのか、雲がびっしり。すき間から、鮮やかな青空が覗いている

晴れ間が広がって行くのかな?
昨日に引き続き、晴れて高温になるが、
13時半頃、やにわに雲が多くなり、震え上がる寒さ。山は残雪も雨で溶け、山は霧。雪の様子はない。短時間小雨が降る。
明日にはどうなっているでしょう。ゲリラ寒波?
夜は月が出た。忙しい過激な天気。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月22日、朝は晴れ。薄い雲が東に架かっている。
8時、天気予報を確認すると予報が変わった。土曜日か晴れ。
当たらぬ天気予報でも参考にする。
20190222163925

春霞のような空に富士山が…!
予報が外れて良い天気。
桧洞丸の山頂で最高気温13℃、最低気温は、
マイナス8℃、18時現在0℃です。
はっきり暖かい金曜日です。
明日土曜日は晴れの予報。今夜、夜中に雨が降り、明日朝には止むと言う予報です。
今日の今日の予報なので流石に当たるかね?☺️

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月23日、晴れ。霧氷がつき、只今青空が広がり初めて、目も覚める世界。
小屋番と相模原市の天気予報を信じないで、どこの予報を見たのか、キャンセルの登山者。それも、間際に❗
チョー気の毒。残りの人達は来るかな🎵
今年は春が早い。異常気象なのかな?
今時期の霧氷を逃したら、後は分からない!土曜日の霧氷で、その後の土曜日の日中と日曜日の天気が晴れなんて、注文してもありつけない。
今日は、気温低下で、霧氷も持つか?

20190223084327

天気予報は当たらないから、前日の夜か、当日の早朝まで待って決断してと言っても、駄目な人は駄目☀️
😀
来る人は来る。
昼前まで、うっすら霧氷が残ったが、雪も無く、一日中良い天気。
山の上に、雲が有るが、雲に隠れてはいない。
夜は星空。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月24日、快晴。久々に雲一つ無い空。
日の出が素晴らしい‼️
午後から、暖かい。
夜は星空。土曜日、日曜日と良い天気が、続きラッキーな登山日和。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月25日、
未明小雨が降っていたらしく、地面がしっとり濡れている。
日の出の頃、雲がちぎれ、青空の
欠片が見える。
日射しは9時。今日も良い天気か?
暖かく、良い天気でした。本当に当たりませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月26日、風が吹いている。
晴れ。雲が広がったり、引いたり。
どんな天気になるのでしょう。
あまり良い天気では無くなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月27日、曇り。

20190226_155251_17

今一の天気で、沈丁花が香る。
このスマホ、ちんちょうげが(珍重下)こんな字でしかでないわ。
ガラケーよりおそまつ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2月28日、雨。
偶然、ちんちょうげを活ける小さな花瓶が買えた。
ラッキー!
2月の終わり、3月の初めにありがとう‼️

2019年1月12日 (土)

丹沢山 桧洞丸の今日の天気(2019年1月)

元旦、山は霧氷。日の出が幻想的と、ジュンママからメール。
やがて快晴の空が拡がる。青と白のコントラストが美しい。
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
1月2日、晴れ、早朝の大空にここ
細く欠けた月と、寄りそう星が巡る歳月を思わせる。
鈴木さんの写メールです。

市街地も、北麓も、雲ひとつない。

Image2_2

この時期、なにが楽しみと言えば、星。
この寒さに、打ち勝つのは、星を見たい思いだけ?
吸い込まれる宇宙の深さ。
想像を飛ばし、遮断され、尚も発する思索。ナノスピード?で、何時間飛べば、あの星にたどり着けるか?アニメの世界のように、一瞬であの星、あの星の間を駆けめぐり、もうひとつの太陽を探し、もうひとつの地球を探してみる?
たった一瞬で180度の宇宙を巡る、人の
思考ほど凄いスピードはない。UFOもかなわないかも。
首を左右に振るスピードで思索を振るのだ。止まるのもシャットダウンも自由自在。
足元の地球を見、我が足を見、続く富士を見、アルプスをみる。
そして宇宙に遊ぶ。もの思わせる一瞬が、山河にはある。
もの思う深さ、身を折り畳む寒さ、地獄の寒さが、思索に拍車をかける。厳しさは、歓喜に、比例する?

ーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
1月3日、晴れ。
Image1

朝の富士山。良い気分です。ひとかけらの雲もないと言うのも珍しいです。
写真は、2日、3日と小屋番サポートの鈴木さんでした。

Image4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー

1月4日晴れ。
今日は、舘さんのボッカ。
写真撮影に、Tさんがやってくる。今日は、雲もなく、南アルプスまで一望のもとに。

日中は、暖かし。

ーー
ーーーーーーーー
ーー
1月5日晴れ。

Dsc_3683_3

桧洞丸ならではの、原生林の日の出。この景色を観るには、木を求めて、移動しなければならないほど、昨年も24号台風で大木が倒れた。

奥澤さんの、撮影です。


ーー
ーー
ーーーーーーーーーーーー
1月6日、雲が多く散っている晴れ。
対馬さんが写メールを送ってくれました。
Dsc017821

剃刀みたいですね。
ーーーー
ーー
ーー
1月8日、雲が拡がり、予報に反して、寒い1日。


ーーーーーー
ーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
1月9日、晴れの予報で、今は星空。ポツン。

4時半過ぎました。5時半には、曇り。さて、太陽は出そうにない。
どっこい出ました。青空になったが空気がとても冷たい。風がないのが救い。
ーー
ーー
ーー
1月10日、晴れ。雲は、あるが、一日はれ。非常に寒い。毎日、このところ毎日凍結。

ーー
ーー
ーー

1月11日、晴れ。暖かい陽射しの1日。
雨のない関東、今日で14日かな15日かな?
ーーーー
ーー
ーー
1月12日、連休の始まり、予報では晴れ後夜は雪?次の13日は、晴れだそう?その通りに行けば、今季初めてまとまった雪が、降ると言うことか?
夜だけ降るなら、10センチかな?まるで御願いしたような雪景色が広がるか?
クッションマークの連打ですが、予報も七転八倒して、ゴロゴロ変わる。そこ
はたして現実は、如何に!

6時半、曇りです。ところが、昼過ぎ、陽射しがあり、北麓では春か?雰囲気。東京は、雪が降っていると言うのに
解らないもの。
それでも17時ごろ、フロントに、雨粒がーーーー。
山からはメールなし。ストーブ点けたり、食事の支度で忙しいのかな?
ーーーーーー
ーーーー
ーーーー
1月13日、夜中に雪、朝晴れ。
富士山が美しい❗


Dsc_3852_5

Image6


Image1_1_2
何の都合か、横向きで入りますね。この写真だけ!


Image1_2

雪が渦巻いて居るような、面白い写メールです。
鈴木さん、奥澤さんの撮影です。雪が降る騒ぎで中止した方も多かったですが、予報は当たらないので当日の朝に決めてください。と、助言して、毎度ながら、きたかたは、積雪2センチ。気温-7℃。素晴らしい霧氷を体験して、大喜び。
やれやれ❗

ーーーーーーーー
ーーーー
ーーーー
1月14日、快晴で暖かし。
朝は、霧氷がついて、大室山も、九合目辺りから真っ白。
ーーーー
ーーーー
ーーーー
1月15日、曇り、霧氷か雪か、


Dsc_3893_7


毎日、霧氷かな?
霧氷が散るのか雪なのか?
??突如吹雪❗
登山者、3名。早くおりましょ。
と、思ったら青空。

夜は突風。忙しない天気。

それに、驚いたことに昨日、梅の花が咲いた。
青根で、一月に梅が咲くとは、異常でしょ!
二月三月が普通です。不気味です。

20190115_170234

ーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
1月16日、快晴から、曇り。
午後山は雪。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月17日、快晴、一日中日射しが強かった。登山道は、ところどころで豹柄の残雪模様。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月18日、晴れ。一日晴れました。 
夜、地震がありました。弱い揺れで風かと思いましたら、千葉が震源地でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月19日、晴れ。一日中晴れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月20日、雲が散っているが、晴れ。朝の内は桧洞丸から大室山にかけて、雲がたなびいていた。
昼から快晴。
雪は、北東に豹柄に残っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月21日、晴れ。一日晴れるかな?
風が吹きました。一日中晴れて、夜は立派な月夜です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月22日、晴れ。
山の斑雪も、すっかり消えました。
冷たい風が時折、吹きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月23日、朝の内は雲がおおく、陽射し無し。昼前青空が広がる。昼過ぎ風が強い。
寒さ本格的。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月24日、晴れ。一日中晴れたが、夕方は手のひらを反した寒さ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月25日、あさはくもが散っているが晴れ。さて、雲が消えるか?広がるか?

20190125_143254
14時、山梨県道志川ぞいからの映像。雲か霧か、北面の谷筋には雪。
低い雲が、霧になって、霧氷の世界に成りそう。 
おっと❗
霧氷ではなくて、雪が降っています。
風がなく、暖かめ?大雪ではないので、ビックリするような
雪景色は、無いかもしれないが、霧氷は、綺麗だろうな!
流石に、小屋に着いたら真っ暗け。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月26日、今日は竹ファミリーのボッカ。5時前で、まだ外を見ていないが、一応予報は晴れ。北麓も山頂も、寒い🌁⛄🌁(ギャラクシーにしたらこんな絵文字が内蔵されている。せっかくだから使ってみた)

半月が南東寄りの空に架かっている。
雲ひとつない晴れ。
そして、昼すぎまで青空が勝っていたが、雲が増え、ふわふわと雪がぱらつく。夜は最低気温が-12℃。朝晩はは冷えます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月27日、未明の空に痩せた半月が架かっている。
今日も快晴で明け、昼すぎ崩れるパターンかな。
今日は、舘さんと先輩が石油と練炭のボッカ。
寒いので、冬は燃料の心配に明け暮れる。二人で70kかな。
林道の崩落が直らないので、矢駄尾根を日陰沢からですね。

災害日本、昨日は、熊本県と、青森県で小規模な地震が
あって、テレビで放映されていた。
ビクビクします。

今日は、一日中よい天気。風もなく、雲一つ湧かない。暖か‼️
泉夫妻が久し振りにきて、BBさん奥澤さん、今日のボッカの、舘さんに先輩と、にぎやか。
登山道は、犬越路に向けて、かなりぞろぞろ。
富士山の迫力に歓声( ̄□ ̄;)!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月28日、晴れ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月29日、晴れ。日中の日射しは強く、暖かい。夕方は一気に冷える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月30日、晴れ。一日中晴れて、暖かし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月31日、薄曇り日中晴れ間山は4時頃から雪。
6時には、牡丹雪。ジャバジャバ降っている。1晩降ったら積もりそう。北麓は、23時2分前積雪4センチ。

ゆ桧洞丸の今日の天気 2018年12月

12月1日、日が替わる頃は霧。
3時、星空。夜景も、山脈も見える。細くもなった月は真上。
今日は1日良い天気。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月2日、4時半まで夜景がみえ、蛭ガ岳の上に、湯気の塊のような巨大な、雲があり、早く崩れるかな?と、思ったら、もう霧。
今日は1日、曇りと、霧でした。氷雨も、一時降りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月3日、3時まで霧。3時20分の空は、星は見えない。山波は霧を絡めて、見える。中央線、藤野辺りの夜景が、うっすら見える。
予報は、薄色雲マーク。予報といえば、
昨日の予報は、大ハズレ。
相模原の天気は土日とも晴れ。初めは、 天気とくらす桧洞丸の天気がCランクだった。それが土曜日に、突然Aランクに変わった。アレアレ?両方晴れだから晴れだろ!と、思ったら何と!曇りで霧から。小雨がぱらく悪天候、寒さに震えて来る登山者、総👎ブーイング!
それは、そうだよね。天気とくらす、桧洞丸の天気が、Cだったのに、Bを飛ばしていきなりA。
誰だって気は確かか?ふざけるな。と、思いますよね。

さて、そんな今日は、
日の出らしき太陽が出現。然し、この雲の多さを、
どう判断するか?

Dsc_1295


なかなかの、雲でしょ❗
さて、気温は、いきなり+5℃。今時信じられない。
暖かいです。
只今14時、高曇で、丹沢全山見渡せ、真上の雲の色が
濃いので、霧でも湧くのでしょうか。予報さんには悪いけど、ランクはBですね。もしかしたらAかも。
誰も小屋に逃げ込まない、快適な登山日和です。
16時半、
同角の頭の北斜面を横切って霧が流れて来て、臼ヶ岳の裏を廻って蛭ガ岳の山頂にまとわりついている。雲の合間から見える青空も、5時に近くなると、グレーに変わってきた。昼下がり、風が出たがまあまあ良い天気の1日でした。
夜は、どうなるか?夜はどうでも良いわ!
昼間晴れれば。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月4日、日が替わる前から、霧。木から落ちる雨垂れの音、雨樋から落ちる、水の音。眠気を誘う音と言うより、降るならチヤッチャと、降れ!と、云いたくなる、気色悪い音!
仕方ない、我慢するか?

5時。霧。夜通し吹いていた風もおさまった。6時には、霧雨も止んだ。朝までの降水量は、1時間に、1ミリか2ミリという有様。
さて、日の出は如何に?
太陽は、出ませんでした。気温は、4℃。暖かい異常気象。
最高は、2時で10℃。朝止んだ風がずっと吹いていま
す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー挿しは
12月5日、日が変わって、風が止んでいる。24時間、聞きたくも無い風の音楽を聞かせられ、
ピュウピュウ、ゴーゴー、ガタガタ、ほとほと神経が参った。外を見たら、何?!星!晴れるっての❗
1週間前は雨マーク?。一昨日辺りから半太陽マークになり、当日は快晴??はっきり言って、今の予報の技術力では、1週間前の予報は無理だよ。当てにする人間もバカだな!
検索を繰返しながら2時間経った。
稜線には、正確にいえば主脈には、雲がからんでいる。
この山なんだろ!あの霧の山とは、明かに区切れている。晴れて居すぎる。
2時半、面白い!と思い、北側を見ると、蛭ガ岳半分雲からでて、雨上りの凄い夜景。この頃パチッとした夜景が無いんですよ。霧、曇り、小雨。昨日博打的に蛭ガ岳に泊まった登山者いたら、ラッキーだった。スカイツリーが、点滅している。初めてみた。誰か確認して。2018年12月5日、2時過ぎスカイツリーが点滅掛けていたか?!
面白くなって
主脈と、主稜の違いを検索したら、主脈は葉脈と同じ、葉の中心をまっすぐに伸びた太い線。と言うことらしい。主稜は、高い峯と峯の、繋り。という事らしい。

さて、只今6時16分、濃霧。6時から晴れる予報です。楽しみに待ちましょう。
日の出はありません。30m先が見えません。
今朝の、最低気温は、+3,5℃。今日も暖かい。
最高は、10℃。

予報に反して、天気が悪いせいか、小屋の前を通った登山者四名。
その内2名は、チップ金の両替。
彼ら、口をそろえて言うには、
『開いてて良かった~!昨日で小屋閉めと、ホームページに書いてあった!』
度肝を抜く御言葉。どこのホームページなのか!何時のホームページなのか!?!?!
当事者も知らない名言だか迷言を吐きながらきえた。問い詰めて見ると、判然としない。昨日遅い時間で、こんな時間に、非常識と、思って電話掛けなかったです。
夜中に電話掛けて、両替してくれるか聞きたかったの?
確かに非常識ですね。でも、たった今、ありもしない事を、言って小屋番を脅して?両替して消えるのも、相当非常識かも。
疲れる😣💦⤵。

ネットの、問題では、2~3年前、
『この小屋は、悪徳商法だな!泊り4000円と書いておいて、6000円も取るのか!』
と、凄い剣幕でごねている。
説明しても、分からない。
そこで、調べて見ると、
『丹沢の山小屋』と言う、サイトで、記載者の、姓名、所在地、目的など明確にされず、最終更新日の記載もなく、30年近くも、放置されたサイトだった。
他の山小屋も、料金、内容ともズタボロの間違った時代遅れ。確か魚拓は録った。

わたしも、昔、検索もできなかった。然し、これからの老人は、ネット社会にことさら、乗るべきだ!
と、叱咤され、パソコン教室に通って早、10年。ホームページを立ち上げたと、いえども、ムカつくほど変化して行く、IT社会に乗りきれるワ~ケがない。それでも、そこは、金と暇をかけた価値はある。無いよりまし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月6日、小雨、後、霧雨、後、霧。止んだり降ったり。今日も、気温はたかく最低気温は、+3,5℃。最低気温は、12℃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月7日、霧はとれたが、ういい雲が
びっしり。山波は見えるが、夜景はモヤモヤ。もうすぐ6時になる。
気温は、+3℃。スカイツリーが点滅している。
あのタワーは、やっぱり大きい‼モヤッタ街灯りの中で、分かるものね。この先、ずっと点滅するのかしれない。
日の出は、どうかな~?2日、グレーの霧の中にいたら、飽きた。太陽は、飽きないのに、何で雨霧は飽きるのかな☀
9時半、陽が射してきた。
風もなく、温暖な登山日和でした。最高気温は、10℃。でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月8日、日が替わる頃、風の音で、目が覚める。
窓を明けて見ると、風雨。夜景が光り、通り雨かと思えば、1時間も続き、吹いている。雨は1時でやんだ。
天気とくらす桧洞丸は1時間前に削除される仕組み。
なかなか、策士。あたらない!と、言う現実を避けられますね。
相模原の天気のヤフーのページ、ウェザーニューズは、月マーク。突風を予測出来ないのかな?
30分で攻めてきた霧も消え、叉、夜景が光り出した。が、風は止まない。南西の風です。
快晴予報の土曜日が、荒れますね~。
さて、改めておやすみなさい。

と、言う訳で、日の出なし、霧。山の予報も平地の予報も、総なめ外れ。それでもまた、Aランクで頑張っている。登山者のブーイングが聞こえてきそう。

夕方になり、霧の動き有り、霧氷が着いた。
山の予報は、相変わらすAランクで頑張っているが、蛭ガ岳の山頂に黒トカゲみたいな真っ黒なへんな雲が這いつくばっているし、分からない行方です。

もうすぐ20時、外を見ると、星空、星のふりして、夜間飛行が点滅する。霧の中の点滅は、蛍かと思う、時に幻覚かと、一瞬考える。
日の出まで、10時間、長いね~。
雲が厚く、日の出はなし。やがて晴れ間も広がり。登山日和となる。
夕方、粉雪がぱらつく。地面が白く成る程は、降らない。
夜景が綺麗でしたが、霧に隠される。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月9日、
日が替わる前から、夜景、星、山波が見える。風もなく、このまま日の出にこぎ着けるか?昨夜から気温が下り始め、1時、
-7℃。今季最低気温。しかし、風が無いため、ビリビリした寒さはない。
霧氷が着いている。昨夜の霧が霧氷になったまま寒いため消えない。風がないので、貧弱な霧氷。

Dsc_1300

昨夜の、霧の中の霧氷。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月10日、5時の空は、霧。気温、-7℃。
明るくなって、外を見ると、アラレが降ったらしく。
地面が斑に白くなっている。
何時にふったか分からない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月11日、5時の空は久しぶりに星空、と言うより月が目立つ。月?月はどこ?星!凍った窓ガラス越しに見ると、明けの明星が10倍にも輝く。登山者が無理に戸を開けると壊れそう。どこもかしこもガチガチに氷り着いている。と、言って、開けないでいる。
夜景も山波も見えて日の出.が望めそう。気温は、-10℃。最低気温を更新中。
9時から雲が増えて、1時、空が暗くなるが持ち直す。
午後4時、雪がふる。積雪量は1センチ未満。
夜になって、気温が高くなり、木の枝から溶けた霧氷の塊がガラガラと、音をたてて落ちる。
20時、雨になる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月12日、霧雨。5時の気温は、0℃。
昨日の雪は夜通しの雨に豹柄です。


Dsc_1313_4

7時の影像です。

霧や小雨が続きましたが、11時頃から晴れ間あり、山波も見えて来ましたが、夜は叉、霧です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月13日、6時の気温は、-4℃。霧。Dsc_1302_5

7時の影像です。
ほぼ1日霧の中。時おり粉雪がばらつき、
寒い1日。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月14日、未明の空は、星と、夜景。
久しぶりに日の出が拝めるか?
風の音がする。窓が凍結して開かない。
叩いても駄目。こりゃ相当厳しいよ!
従って4時半の気温は、不明。

さほどでもなかった。-7℃。
立派な日の出。登山者も大喜び。
それ以上に小屋番が、うれしい。
本当に久しぶりの快晴の朝、小屋番バトンタッチの日‼
今日の登山者は、山頂直下の展望地に富士山を見に行ってなかなか、帰らない。
日の出に映える、霧氷か美しい。寒いから溶けない。
散々写真を撮る時間も過ぎて、まだ帰らない。
多分感動の時間外をが長引いているのでしょう。
帰ってきた彼らを待ち構えて、ペンキ塗り完了の看板掛けを手伝って貰う。

Dsc_1324

霧氷が
綺麗です!
朝日に映えると一段と
鮮やかです。
Dsc_1329

かなり四苦八苦。

F1000543

お礼にコーヒです。

F1000544

厚木市の消防士さんでした。
写真を公表しても良いそうです。久しぶりにお客さまの写真がでました。
消火も人命救助。看板掛けも、老人救助。
みーんな人助け。
ありがとうございます。


Dsc_1343_2

この人たちを待って、小屋番延ばして良かった。
看板のお蔭かな。

今日の富士山は、綺麗でした。桧洞丸の積雪は測ってはいませんが、1センチあるか?日陰に朝のうち有りました。
下りには、滑り安いかな?

夕方冷え込み、
叉、霧氷が成長しました。
20181214160353

です。

然し、ゲートの鍵が、何とか、なりませんか?

逆さまになって見ないと、
ワケわからない鍵です。
山歩きでセーフだった脚が、へんな体制で、バリバリ吊りまくり。無事に家にたどり着くか心配。ゲートの鍵握って遭難してもな、お笑い取りたい小屋番でも⁉
この鍵は、逆さまになるのが鍵+鍵なんかな?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月15日、晴れ。良い天気です。
今日は、御ひかり隊の到来でにぎやか~🎵

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月16日、朝は晴れ。直ぐに霧になり、霧氷がびっしり。強風が吹き、散った霧氷で雪が降ったような有様。暖かい11月と、12月の始まりが、まるで落とし穴に落とされたよう?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月17日、雨。
後、晴れ間。気温上昇。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月18日、早朝の空は、星がイッバイ。予報によれば、暖かくなる1週間とか?寒暖の差が激しく、不気味ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月19日、晴れ。日中曇り昼過ぎ晴れ。

ーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12月20日、晴れ。
一日中、温暖な日和。大分月が丸みを帯びて、夕方の空に架かっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月21日、山の夕方はマイナス2℃で、富士山の、夕陽が素晴らしく、月が煌々と照っています。


20181221_221804

23時半、空を見ると鱗雲をてらして、明日辺りが満月かと思う丸い月が、煌々と光っている。
もうすぐ明日。直ぐに、日の出の時間になる。
いい天気でありますように。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー
12月22日、土曜日、早朝、明けの明星がバッチリ輝いている。??
たった今、見た予報は、雨の最中の表示、関東も狭いようでひろいけど、横浜からきた、竹ファミリーは、晴れと!
これから、静岡、山梨と、通って行くけど、関東は何処よ?

ここですよ!

ある山仕事の職人さん、もっと真面目にやれ!と、言いたい!
笑ってしまう。

その天気予報を確認すべく、又、外をみる。雲も消え、完全に晴れ。と、報告します。
予報で中止した登山者の方は気の毒。
私は予報は、当たりません!と、ハッキリいった!
今季、山に40日いて、本当に当たらなかった。
当たらないので、当日の朝、決めてメールを下さい。と、言って山に来た人も、数いた。


天気も、山状況も、よく言う山勘が必要。
観察力とプラスアルファ。風、雲、音、匂い、空気、ありとあらゆる感を駆使して、第6感やら、7感やらを研ぎ澄まして、山に向かう必要がある。
事故、遭難に遭わないためにも。

ところが、
11時、消えた雲が、拡がり、時々小雨。モヤモヤ暖かく、春のよう。山は6℃と言う有り様。

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
12月23日、曇り、霧。今日は残念。明日に期待。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーー
12月24日、月曜日の朝、5時の空は月と星で、物陰がくっきり。
予定通りの、快晴が目の前に待っている。
素晴らしい日の出を満喫してください。
何よりも嬉しい山の快晴。近年にない連休の晴れです。
日中の気温は3℃、夕方はマイナス2℃で、割合温かい。

北麓では、午前までポカポカ、昼好ぎう、1時半頃から冷たい風が吹く。ココウゲの稜線が、よく見える。
何ごともなく、無事連休も、終わり、
皆さんも、元気に家路に着かれたでしょう。 
夕べの月に星。今日の快晴と、最後の休日が晴れてなによりでした。


20181224072210_2

迫力の富士山をお土産に
皆さん歓声あげて大満足❗
今日の日にありがとー😉👍🎶

〰️ーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー
ーーーー

12月25日、朝、山頂付近は、霧氷。
白い雲の間から青空が見える。晴れと言えるかどうか?10時すぎ、青空が拡がり、これは晴れですね。
ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーー
12月26日、曇り後晴れ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーー
12月27日、はれ。朝晩寒し。すごい星空。

ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーー
12月28日、寒い朝。風が吹いている。
竹ファミリーのボッカ、奥澤さんも登り、
やや、正月休みの気配。
富士山が寒さでピリピリ光っている。

Dsc_3470
奥澤さんの撮影です。

明日も良い天気!もうすぐ新年。昨日の今日は、何も変わらないようにして、変わって行く。

ーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー

12月29日、晴れ。昨日ほど風が吹かないで、楽。
お天気が良いと、通行人?が多いな~。
ーーーーーーーー
ーーーーーーーー
ーーーーーー
12月30日、晴れ。

Dsc_3502_8

天気が良い、珍しい年末。
景色は、天国、寒さは、地獄!

ーーーーーー
ーーーーーー
ーーーー
12月31日、平成の12月は、終わっても、5月まで平成でいるのでしょうね。

人は、自分が作った規則?に、かなり左右されて、いきるよね?

今年、最後のボランティアは、ワイヤーの回収でした。
これは重労働。奥澤さんの、功績。
コツコツ凍結した土を砕き、半埋まりのワイヤーを回収。
山を知らぬ人は、
なにを酔狂なと、言いそうだが、まとまった時間がなければ、
出来ない作業。貴重な休みを奉仕しました。感謝一言。

BBさんからも挨拶があった。
2週間に一度、20リットルの水道水を運んでくださいました。
どんなに助かったか!
倉庫製作の泉夫妻、不思議なご縁でした。
おかげで大掛かりな整備ができました。
柱切りの剣君、地均しの塚崎さん舘さん鈴木さん。解体、束石の平井さんたち、柱繋ぎの眞田さん、柱たての飛田さん奥澤さん。ブロック運びは私、とりあえずの測量。ペンキぬり。下手な監督。意志伝達がならず滅茶苦茶。
良く此処にたどり着いたものだ。
丸一年11月20日、泉さん最後の仕上げ。
私は役目を終えて、下山の予定が、結局 40日滞在。方法の低で?バトンタッチ。

色々有りました。

やっぱり最後は、ありがとう!でした。


Dsc_1329_2

最後の霧氷。
未だ居ようかと、思わせる、寒波の華。

Dsc_1322

山小屋も、ありがとう!看板も、すっきり!

«桧洞丸遠望…山中湖

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ