当園符丁其の1

2009年1月 3日 (土)

5月の乙女

Dsc01055_2この写真に写っている形で咲いたのが年変わっ

て一昨年の春、2006年だった。大きな兜の咲分

けで其の色にみな吃驚した。濃い色は他にもあ

る、なんだろうとよく観察してみると花弁があついために花びら

が光を通さない。厚みのある花びらが、毛羽立って見える。それ

は肉眼でもよくわかる。あるいは肉眼のほうがよくわかる。丁度

陽が西に傾くころ時間で言えば1・2時を回るころから日を受けて

花が光る。

其のとき、右往左往と動き回る仕事の合間、この花の前をとおる

時、何時も立ち止まった。立ち止まらずに居られない色の主張だ

った。この写真はベストウチョウランの9にとりあげて貰った。

Dsc01276_2次の年はこんな風に咲き

  下は赤だったがこの写真で見る限り、正面から

上に数えて3花めが白になっている。この年も咲

き分けている。白が1花めか2花芽で咲いてくれ

ないとおそく開く白がことさら遅いため確認に0001_2非常に暇が掛かる

上まで咲き昇るまでに下の花が枯れてくる。

2006年の花が上の写真正面の下から3番目に

出た。左の写真が其のアップ。そして三年目の花がこれ。

Dsc02406 この色!                     

←下に白一つ置いてまた白、次が赤で次が白

というように交互に出た。これだけの花が一ヶ

月近くかかってじわじわと咲き昇って行って、バ

リッとして立っているのは壮観の一語に尽きる。

3年前の1花芽が正面の1と5に来た。3番目は発達しすぎて横を

Photo_2向いている状態。 3年前の1花芽が左の上の花

面白い花ということかなーーー。兜の部分がま

だ跳ね上がれないで居る。色で言えばうちの

王者だな。今年どんな風に咲いてくれるか、

この花はこういう花ですこんな風に咲いた経緯が

あります。そういって渡してやるという道を選んだのは、初花が

二度と同じに咲かない数々の実生の花こういう花といわれて買っ

たのに、2年3年5年にはうんざりして草臥れて、海千山千の世界

に迷い込んで・・・・、楽しいはずが何のことか?そんな経験がこ

んな事をするようになった。100円ぐらいのものを売るならこんな

事を考えな買ったか知れない。人だから、どんなに努力しえも間

違いがある。それをこの花の生態を利用して、わざとよからぬ

事をする。そういう人がこの花と人を侮辱している。

うちには間違いがないという人もいたが、間違いがないのではな

い、耳に届かないだけだ。現にそれを私が聞いている。然しそれ

を思うと自分はどうか、いつもそこに行く。自分にも間違いがある

かもしれない。いや、きっとあるだろう。其のときに補いつける状

態で居られるか・・・・だから増やす。だから経緯を観察する。

楽しみを売る仕事。其の仕事に関わりつつ、自分が受けた嫌な

思い、苦い経験を人にさせていいわけないよなーーー。

今頃しみじみ思うわけ・・・・・よ!

こんな事、できる我輩果報者・・・・か?どの道が正しいかそん

ことはっきり言って分る分けない。ただベストをつくすそれだけ。

今年、もう1回見たら、この花の咲き分け安定度は90%でしょう。

この花が何と何を掛け合わせてできた花か?それも其のうち

ご報告します。えー・・・!ですよ。父親は居ますが、母は絶滅。

その他のカテゴリー

5.6分間の遭難 | いよいよ咲いた | お盆の頃 | この色 | これも咲き分け | さつき | そのまんま東 | どっちが | どっちが本当 | どっちが本当? | どっちが正確か? | ひと夏の成果 | ふんわり咲き分け | まぐれ | やっぱりメタボ | イカリソウ | クレッション | グルメ・クッキング | シロヤシオツツジ | ストーブ列車 | スポットライト | チンドンヤ | ドライフラワー | パソコン・インターネット | パッチワーク | フィナーレ | ペット | ボランティア | ライトアップ | リサイクル | リサイクル万歳! | リサイクル時代 | 三つ葉躑躅 | 三ヶ木文化村? | 丹沢北麓お天気情報 | 丹沢山塊および近郊産 | 丹沢山塊桧洞丸 | 丹沢産 | 予想外 | 五葉躑躅 | 人の語りは1部 | 人命救助 | 今年の咲き具合 | 今年は不作 | 伊豆の三つ葉 | 余禄 | 余計なお世話 | 先生 | 全体図 | 六月の太陽 | 分かった方はコメントを | 初花の楽しみ | 加入道入山口 | 北丹沢山麓探訪 | 原因不明 | 去年と今年 | 参考写真 | 咲き分け | 咲くまでの経過 | 回顧主義 | 因果応報 | 城山かたくり | 執念 | 培養品 | 増やしましょう | 多忙な休暇 | 天晴れ | 奇花の中の奇花 | 学名 | 学問・資格 | 安房千鳥系 | 宝くじ | 実生の経過 | 実生の自生地 | 宮崎は東だらけ | 宮沢賢治もどき | 害虫 | 小さい塔婆 | 小屋番便り | 山の花・変種 | 山小屋業務 | 山歩き | 山野草の庭 | 山野草の庭は目の薬 | 山野草の花き温室から | 山野草・園芸 | 岩沙参 | 広告作用 | 庭植え大正解 | 当園符丁 | 当園符丁其の1 | 必然 | 忘れた頃に | 愛らしい | 感謝 | 携帯・デジカメ | 整理整頓 | 文明の利器にギブアップ | 新入生 | 新花の色 | 旅行・地域 | 昔の写真 | 時は巡り | 本咲き? | 本心 | 桧洞丸 | 桧洞丸青ケ岳山荘から | 植生保護活動 | 此れが犬越路の関所か | 此処にも川津桜 | 残りの9部 | 水と火 | 洞メモ | 潜在能力 | 片隅農業 | 犬越路 | 珍百景 | 現在過去未来 | 環境問題 | 用土と栽培法 | 異常気象 | 登場 | 的様 | 神の川から犬越路 | 秋の虫 | 秋球の成果 | 箱根米躑躅」 | 簡素 | 紀伊上臈ホトトギス | 経緯と観察 | 経験と雑学 | 絶滅危惧種か | 緑のSOSサイン | 羽蝶蘭は丈夫 | 肥料が大切 | 育ってました | 色々な花 | 花き温室 | 花き温室のうちょうらん | 花のあれこれ | 花の意思 | 花の感情 | 花の撮影天気次第 | 花の記憶 | 花もダイエット | 花鳥風月 | 芽吹き | 草木の心 | 葉芸品多数か | 要因 | 見飽き無い | 観察 | 記念切手 | 謹賀新年二十一年 | 貰った花 | 趣味 | 躑躅の里で | 遅咲き羽蝶蘭 | 野草のもみじ | 長寿番付け」 | 降りしきる緑 | 雪割草の芽吹き | 青ケ岳山荘ホームページから | 青ケ岳山荘ボランティア部 | 青ケ岳山荘ボランティア部写真展 | 青ケ岳山荘事務所 | 青ケ岳山荘事所 | 青ヶ岳山荘 | 駒草の庭造り |

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ