« 羽蝶蘭のガーデニング | トップページ | 羽蝶蘭の献花 »

2007年7月26日 (木)

羽蝶蘭コップ鉢・梅雨明に突入か

きょうで3日の晴れ。昨日は雨の予報だった。もう液肥をここで切り上げ、宣伝が行き渡っているHB101の1000倍液をくれるのがせいぜいのところ。コップ鉢の羽蝶蘭もこの暑さで花が萎れたり、虫に花粉を付けられ、惨めになった。

Dsc01364_1 左はポット鉢右がコップ、ポットの方が花茎が伸びているが、花は、はやく咲いた分虫にやられてぼろぼろ、黒くなったのを切っている。この頃から反対側にもう一つのぶんきゅうがはっきり分かるようになり、又嬉れしい事に、コップの淵にぴったりとくっついていて肉眼ではっきりと分かる。まるでぜひ観察してください。と言わんばかり。どこのどなたかぞんじませんが、コップ鉢に興味を持ってご覧になっている方がデーターに表われる。そうか!コップ鉢で毎年楽しめるものならこんなに衛生的で楽な栽培方法は無いもんな!室内におけば虫が花粉を運ぶ確率も少なく延々と花を楽しめ、もしかして低学年の子供でもいれば立派な夏休みの観測宿題ができる。???・・・・・ふた鉢作れば一つは室内、一つはハウスと分けて観測ができたのに・・・・といまはじつに残念。これが巧くいけば、商売に取り入れたいと思うほど予想外に良く咲いた。分球がうまくデジカメに収まったら撮ってお目にかけますよ。

※そうそうコップの底にごよごよ水が溜まっていて大丈夫かよ!腐らないのか?と言う人がいた。コップにはアップアップするほど水は入れません。其れは4月の上旬まで、花時期は余分に入れたかな?とおもえばコップを傾げて水を捨てる。水の量を確認できる。こんな事はコップ鉢でしかできない。水の痛みがないと言う事は(あるかもしれないが)ハイドロボールでしょう!何のための1200度か何のための高額か!みたいなきがする。コップ鉢を使って羽蝶蘭を観察しよう、と思ったときこの用土を使うこと以外考えなかった。羽蝶蘭が分球する時、新たな球根が用土を持ち上げてくる。一日二日のことてはないが観ていると鉢の用土が盛り上がってくる。あまり土が固かったり、重かったりするとこの点が難しいかと思う。長年の共同生活の結果かな?なにと?羽蝶蘭とよ!ンじゃまた・・・。

« 羽蝶蘭のガーデニング | トップページ | 羽蝶蘭の献花 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽蝶蘭コップ鉢・梅雨明に突入か:

» HB101で花とペットを元気に! [HB101で花とペットを元気に!]
HB-101は、農林水産大臣の認可を受けた登録認定機関から、JAS規格に基づく「有機認定資材」として認証を受けているので安心してペットや植物に使えます。 [続きを読む]

« 羽蝶蘭のガーデニング | トップページ | 羽蝶蘭の献花 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ