« 羽蝶蘭と箱根蘭 | トップページ | 花と山のWWW »

2007年7月11日 (水)

羽蝶蘭のコップ鉢栽培

Dsc01282 ご覧のようにこの羽蝶蘭の鉢はガラスコップです。1200度で加熱処理されたハイドロボールをコップの中に入れ、コップの淵に羽蝶蘭の球根をうめて、発根の様子や分球の様子を観察しようかと思い、始めてみましたが、あまりにも順調に育ち、ゆすってみると様子がわかり、かなり水切れしていても平気でまだ水があるのかと傾げてみるとカラカラで、いかに乾燥に強い植物かが察しられます。棚に置いてもだれもきがつくひとがおりません。この先も観察を続けていく積りです。現在のところ2度ばかりくれた液肥のせいか、ガラスの中が緑色を帯びて、思ったより観察がしにくいのが予想外でした。実に衛生的でどこにでもおけます。用土(ハイドロボール)を半分ぐらいとりのぞき見えないところの様子を見てみようかと、おもったりしています。今にして思えば、水苔100%とか軽石100%とか色々やっておけばよかった、と思っています。活力剤だけとか、または無肥料とかも・・・・。

 水がこぼれる、置き場が汚れる、飾りつけ、鑑賞に際しての様々な問題に克服できるかもせれません。難点は、ハイドロボールが高額であることです。引き続き観察の経緯をご報告します。

« 羽蝶蘭と箱根蘭 | トップページ | 花と山のWWW »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽蝶蘭のコップ鉢栽培:

« 羽蝶蘭と箱根蘭 | トップページ | 花と山のWWW »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ