« 羽蝶蘭コップ鉢・梅雨明に突入か | トップページ | 羽蝶蘭の献花② »

2007年7月28日 (土)

羽蝶蘭の献花

Dsc01366 凄くきれいなドライフラワーの花輪を貰った。後ろにHB・101のキャップをくくりつけて折れた羽蝶蘭を活けた。誰も何にも言わない。オッモシロクナ~イ!つぎはテーブルの上に置いていまは亡き我が家の愛犬の写真のがくをつっかえ棒にして飾った。たちまち彼らのことを思い出し、涙池60%。写真アップ。

Dsc01367 長い事ハウスで紫外線にさらされ、おぼろ~。右がセグ左がクマ。どちらも捨て犬。後口のセグは1週間ほど新たな住処を探してうろうろしていた。クマだけで辟易している部分があったので餌もやらなかった。おとなしい犬で、出てみるとコロンと転がってまいった ポーズをする。背中をなでると黒い毛の下が金色に光ってゴミ一つ無い。この犬いいところの犬だったんだ倒産か?引越しか?切なさと腹立ちがいつも湧く。

「こないだ家に行ったら留守で、クマが凄くやせていてどうしたんだろうと思ったら別の犬がいるんだね、クマも年だし死んでしまったら寂しいよ、飼ってやりなよ」と責任の無い子が言う。かくして餌をやると3日ばかり呑むように食べた。

きょうは心ちゃんが来て「紬姫がブログ凄いね、読むのが大変精一杯っていっていた」???延々と???じゃ単純に短くしよう。(以下次号)

« 羽蝶蘭コップ鉢・梅雨明に突入か | トップページ | 羽蝶蘭の献花② »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽蝶蘭コップ鉢・梅雨明に突入か | トップページ | 羽蝶蘭の献花② »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ