« 羽蝶蘭の献花④ | トップページ | 羽蝶蘭の実生 »

2007年7月31日 (火)

羽蝶蘭の献花完

セグが死んで、予想外に落胆した。クマより早く死ぬとは思っていなかった。我慢ばかりさせていたことが呵責となってのしかかった。捕り物に一役買ったときも、「えらい!セグのお陰で、次の犠牲者が防げた。お前はたいした犬だ。おまわりさんも褒めない、誰も知らないけど、ワガハイがほめてツカワス!表彰状をやろう」と言って早や7・8年か、いまだ表彰状が我が家の鴨居にかかる事も無く、日にさらされた写真のように時の磨耗に消えようとしている。しらばっくれた写真を西さんが持ってきてくれたレイで飾り、羽蝶蘭を一杯飾っていまさらながらセグたちの偉業を讃えている。飼い主に捨てられ、周りからありがたがられず、我慢してそれでも犬としての本分を輝かせ、ぽろっと死んでいった彼に、人知れず頭を垂れる。クマもまた叱られても叩かれても果てしなく向けてくる友愛と信頼に深く心を打たれた。これが人なら戦争は起こらないなと思った。たかだか20センチばかりの花と、たかが犬!そう思う人も多いだろうが、みな生き者、人もおなじ地球の住人。こないだJ・トップと花屋の帰りに「10センチ~20センチの小さな草でも草は草羽蝶蘭だって草。地球の皮膚だよ!樹木は地球の衣服、川は地球の血管よ!」と信条を吐く・・・・・・「ンッマイコトいうな~」J・トップはいつでもサクラ的!羽蝶蘭マニアとしては違うともいえないだろうPhotoが・・・・・。ドウヨ!!ちゃんと話を羽蝶蘭も尊しにつじつま合わせたでアラウ・・・・・!道草食って犬の話がどこまでいくかと思ったが・・・・・それにしても今ブログに書くことが飼い主がセグに捧げる感謝状かも・・・・・・・。暇のかかった表彰状であり感謝状だったな・・・・・なんとなく借りが返せた気持ち。 ありがとう。(完)

(えらくなったセグ。クマのマットを取り上げて何時も座る。自分のマットは半分土の中。それにしてもワガ地球を掘りまくってくれちゃって・・・・。再生にタイヘン!)

« 羽蝶蘭の献花④ | トップページ | 羽蝶蘭の実生 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽蝶蘭の献花完:

« 羽蝶蘭の献花④ | トップページ | 羽蝶蘭の実生 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ