« utyourann | トップページ | 羽蝶蘭・紅白殿 »

2007年7月 5日 (木)

羽蝶蘭・源平花と菊

  Dsc01235      上段の花は散り斑(まだら斑)の中に鮮明な源平咲きの花。こういう花は数あれども、安定性が問題。3年ぐらいは分球ともども経緯観察が必要。小花なれど色は良し。

Dsc01165 下段の花の説明は、菊咲きの八重です。このごろ割合見かける、ガク片が花びら化したタイプ。咲き始めは菊葉がよく見えて、花びらと菊葉とが一体化して巨大な花のように見えて菊葉のふちを彩る白い複輪が波打ち、ため息が出るような美しさだったのが、2週間後の本日は花びらが育ち、菊葉をすっかり隠してしまった。次々と咲く花があまりに大きく、なにがなんだかわからないので、ひとつづつまびいてやったら。一輪の花の形態が分かって、ヨシ!と納得!芽が出て葉を広げ、咲き始めてやがて満開になる・・・。その経緯を見て行くのが又楽しいのが、趣味家の世界。

« utyourann | トップページ | 羽蝶蘭・紅白殿 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424199/7037893

この記事へのトラックバック一覧です: 羽蝶蘭・源平花と菊:

« utyourann | トップページ | 羽蝶蘭・紅白殿 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ