« 羽蝶蘭の培養土 | トップページ | 羽蝶蘭の証文 »

2007年7月22日 (日)

utyourann/奇系か咲き分けか

何年になるか分からないほど以前から眺めているこんな花がある。

Dsc01368 Dsc01369          7月の声をきこうかという頃咲き始め、7月、きょうは21日の撮影ぐんぐん伸びて枝をかけ始めた。その枝のかけ方が面白く、子房にあたる部分がぐんぐん伸びてその先に蕾を結ぶ。何時まで咲くか、最後まで咲かせた事はない。花は蝶咲きと獅子と並の咲き分けで、さらに枝をかけるようになると言う事は、球根がかなり大きくなっていると言う事で、小さいうちは2芸でおわる。花の間隔が伸びているため一つ一つの花を観賞できる。奇形花はともすると塊になって咲き、一見何がなんだか分からないようになるものが多い。此花が咲く頃は羽蝶蘭も終盤で、7月半ばの日曜日、今日は全部花を切って、ご苦労様ありがとうである。ほっとして、そして寂しい。又来年まで花にあえない。・・・・・きょうはマニアの方から素晴らしい花の写真が届いた。し~んじらられ~い・・・・・!花は終わってもまだまだ残っている仕事。写真の整理。残りの写真撮り。予約の整理。消毒。袴とり。仕事の合間に此花や残った花の前に手を着いて眺め、ニン!とひとり笑み、又仕事。そういえばマニアのJ・トップ静かになったな~。ブログで写真を見せろといっていたっけ。

« 羽蝶蘭の培養土 | トップページ | 羽蝶蘭の証文 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: utyourann/奇系か咲き分けか:

« 羽蝶蘭の培養土 | トップページ | 羽蝶蘭の証文 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ