« 羽蝶蘭の実生 | トップページ | 山野草の庭 »

2007年8月 2日 (木)

羽蝶蘭の不思議

                           Dsc01299 Dsc01374Dsc01373                                                            

この5枚の写真はみな同じ花を撮ったものです。花は大輪で2センチを超えます。 咲き始めは黄色い覆輪で色も写真では表現できない。

Dsc01375Dsc01372 デジカメで写す事ができない。つまり写す能力が無

いと言う事でしょうか。写真を載せるのが気が進まな

い位、実物が美しいのです。写真の方が良く見えるような事もありますが、これも嘘をついているようで、実に嫌な気がするのです。ばっちりということはほぼありません。妥協して、察しられるかと言うところ

で載せていると言うのが実情です。この花は日追おうごとに花びらの

淵のフリルが大きく波打ってきて華やかと言うか・・・・・・・。横から見

ると3枚目の写真のようになります。フリルはたつが反ることが無

く花としての美しさは失わないのです。つまり含み咲きです。この花

は早く咲くときがあり、遅咲きの花が早く咲くと何がなんだか分から

ないような花になるのです。この花を5年は見ていますが、正直なと

ころ花とは何なのか羽蝶蘭とは何なのか分からないところがある。

チンプンカンプン。今年あまりに美しく咲いて、あ~ぁ!また

何年も此花の番人をしなきゃ。と思うのです。まだ咲いているこの花は薩摩千鳥の淡色の中に居て、王者の風格です。

« 羽蝶蘭の実生 | トップページ | 山野草の庭 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽蝶蘭の実生 | トップページ | 山野草の庭 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ