« 羽蝶蘭のJPS②山採り余談 | トップページ | 羽蝶蘭のJPS余談③完 »

2007年9月10日 (月)

羽蝶蘭・箸休め

台風一過の後、残暑戻りそして今日は雨。・・・・・!!この日を逃しては何時来るチャンス!アタフタと雨のなかへとびだし。それー!とばかりにたまりにたまった。かりんの枝打ちの山、ヒバの塊、台風で折れた藤の枝、ありとあらゆるものを火の中に放り込む。薫製作りの桜の枝だけを残して長年の木の枝をすってんてんに燃してしまった。一時雨が止む。日が短くなった。曇りでもあり5時半、闇が立ちこめお仕舞いにかかる。夕闇の火ってなぜか心休まるんだよ・・・。風が起きて、残り火が勢いずく・・・・。まだ湿ったままの草を放り込むとビチビチト音を立て燃える・・・。イー香り!

Dsc01408_2 植物って何て燃すとこんなにいい香りをだすんだろうな~・・・・・

・・・・・・・私も焼かれるときこんなっだたらいいのにな~。

なんとなくデジカメのぞいたら、幻想的ー!もう一度のぞいたらDsc01410

ただの焚き火。

燃される黒もじが、流石!ハーブのように香るよ・・・・・。草臥れたけど

なんとなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・しあわせ・・・・・・・・・・・・・・。草と木にハテシナク感謝。

ただハテシナク・・・。

・・・暗闇の炎・・・果てしない郷愁・・・わが腹から出でし火・・・・・・思わず心の・・・・

手を伸ばし・・・・胸に掻き抱く・・・ごめんね・・・ありがとう・・・

人ほど我侭なものはない・・・・。

« 羽蝶蘭のJPS②山採り余談 | トップページ | 羽蝶蘭のJPS余談③完 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽蝶蘭・箸休め:

« 羽蝶蘭のJPS②山採り余談 | トップページ | 羽蝶蘭のJPS余談③完 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ