« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

小品盆栽

 石づきの欅の紅葉がはじまった・・・・。丁度1年前、10月7日テレビで高名な画家の再放送をやっていた。画家のおっしゃる事は「草木は媚びて咲かない。無心でいるから美しい」????この言葉にギギギーと歯車が逆送するような気分になった。Dsc01506

草木の無心。人間の無心って何だろう。放心状態だって無心と言えば言えないことも無いが、この場合無欲と言う事だろうか・・・・草木は無心である。と、かなりよく聞く言葉だがその人はそのように見えるだけで、別に草木のことをわかって言っているとは思えない。植物と身近に長々接して言える事は、植物は媚びる。媚びる対象は太陽であり水であり土であり空気、つまり風であり虫であり・・・・。。という気がする。だから人目につかない所のものほど美しい。人に対して媚びないから、異次元の艶、勢いがあるのであって、人が見れば感動を呼ぶのだろう。草木は自分自身と大自然に媚びるのである。人間に対して媚びる草樹は生け花、盆栽、と言われる類でそれを扱う人間の力、心と技量にかかってくるためあらかたの草木は力を失う。人の気を引くように意識して活けられた草花はそのように観えるからつまらない。昔、寄せうえを造っていて予算は幾らで手ごろなこの位のもの・・・。と出来上がった鉢が私は原価2500円です。わたしは3500円です。と情けなさそうに並んでいるのには吃驚して以来、売買を目的とした造作はやめた。どこにもやらないよずっとずっと傍にいな、大事に育てるよ。と言うような思い、採算度外視で造った物は惚れ惚れとする。そういうものこそ早く売れてゆく。その時は辛いが「何時までも元気で持ち主のなぐさめになるように・・・・」と祈る思いになる。そんなメモが出てきた・・・・。 ふーん・・・・。以下売る気の無い商売を意識しないで育ててきた?あるいわ枯らさないで来た小品・・・・。ドンなもんか・・・。見る人次第。

Dsc01509_3この樹は20センチばかりの深山霧島つつじ。挿し木して25年になる。幾らと言われてもなんと答えればいいか分からない。長年のうちにラベルは錆びてどこかへいってしまう。商売人としたらサイテイなモラル。

Dsc01511 この樹も深山霧島で白花。樹形はめちゃくちゃ。閂はあり車もあり癖がひどくてとても教科書通りの樹ではない。がこれも25年前から気になって気になって手を掛けてきた。5年前か?もっと前さつきの先生という人がやってきて、此処で好い樹はこれとこれとこれと・・・・と5つばかりの鉢を指した。そのなかにこの深山きりしまつつじが入っていた。意外だったがやっぱりと思った。山Dsc01513に入るととでもじゃあないが1の枝 2の枝3の枝、懐深く頭下げ・・・。なんていう木ばかり無い。が、どれもそれなりに個性あって感動を呼ぶ。まして深山きりしまや這松のような高山のものは、風雪に潰されはいまわっている。そういう姿が人知及ばぬ自然の妙技、赴き深いのだ・・・・と勝手に思っている。

数少ない文人。この樹はずいぶん後釜。18年ぐらい。クニョクニョクニョと曲がっている。勝手に曲がっているのが面白い。

Dsc01516 当園自慢のギボシの紅葉。黄葉と言うのだろうか?いま頃きっと黄色になる。この黄色の縞が面白い。実に美しいのだ。ほんの1日の美。

統計上で言えば離れてゆく草木は、ぱぁっと光る。その時は間違いない。枯れるときも同じ。この意味が分からない。草木に意思も欲も好き嫌いもDsc01510 有る位までしか分からない。

 羽蝶蘭が咲いている時期で無いばっかりに書くことが無くって面白くない事まで書いてしまった。アーァ又評判が落ちるだろう。シーラネ・・・・アーオイ・・・っと。

Dsc01512

おまけ。

もひとつおまけ。Dsc01515_2

2007年10月23日 (火)

羽蝶蘭の収穫

Dsc01215 Dsc01160_2 Dsc01156 Dsc01286

          

          

 Dsc01302       

Dsc01297  Dsc01263_2         Dsc01322                   

Dsc01308

写真の説明は明日。収穫の時を迎え・・・・

そろそろ球根の具合が気になる・・・。                                                                                                                                 

2007年10月20日 (土)

大文字草花便り

 Dsc01492         お前今までどうしてたんだよー

随分長い夏休みだったじゃないかー 

ようやっと目が覚めたのかー

と独り言。花と二人ごと・・・・・・?

Dsc01495 竜胆が咲き紅花大文字草が咲き白い花は

早く咲いたのでやや草臥れ気味。

棚の隙間にこぼれた種がだんだん大株になって

Dsc01493

それなりに綺麗ジャン!Dsc01494

ピンクもいいよな。

Dsc01497

紅花大文字草もやっと本番。

             

              

今年は何しろ異常。

遅い花はこれからDsc01499 まだ蕾状態!

それに引き換え水場の下に長々咲く野紺菊。

その色がひどく濃い。ちょっと無い色。

Dsc01501 電池が切れそうで急いで撮ってピントがずれた。

残念!でも色の良さは撮れてるな!

Dsc01500

この最後の花、花びらの淵に

フリルと言うかDsc01496_2 ギザギザがある。

こいう花のことを

我々生産者は

斑切れなどといった。淵切れなのか知れない。過去形になって

いるところはもう生産をやめたから。日本の夏にこの花は乗り

切れない。高地で作って秋に里に下ろして販売するシステムに

なっている。今年こうして咲いている花は全て無肥料。放置。

肥培すると夏の暑さを乗り切れない。ここは標高450m

涼しいようで・・・・・いながら・・・・?

気になる花をこのページに明日追加します。

久しぶりにハウスの花をご紹介。なんとなく山草屋の気分にもどる。Dsc01502

←追加。

この雄大な白花!羽蝶蘭の話になる訳ではないが

色々な花を実生してゆくとつまり奇形花が非常に生じやすい。

本来の花とは思えない、ゴチャゴチャしたなにがなんだか

分からない花ばかりになって驚きと好奇心を通り越すと心が

休憩を求めてくる、ほっとしたいし安らぎたい。

この花も実生には違い無いが、いかにも大文字草という気分の

清清しさが今となってはむしろ赤より貴重な気がする。Dsc01504

この花の大きさは格別でご覧の通り。

見るものの心を洗い伸びやかさを与える。

これが花の力。・・・・だよな。

2007年10月18日 (木)

羽蝶蘭・若宮

Dsc01300_2 この写真は当園符丁の若宮で、

とても気になる花のため何年かにわたり

写真を撮ってある。三番目に載せた写真は

すでにプリントしてあってどこかにしまってしまったため探すのに

・・・・・・何日も係り・・・。ブログつくりに懐疑的になる時。

Dsc00378   ちょっと無い巨大輪花でそのため巧く開けない事がおおくPhotoガク片に圧迫されて花びらが痛む。

それが2番目の写真で花びらの淵が茶色に変色している。

この花を作るには肥料を押さえなるだけ大きくならないように

しなければならない、まるで大きく見栄え良くと言う従来の花作り

とは逆のやり方になる。一番上の写真は久しぶりにきれいに咲き

始めたところ、間もなく売れてしまった。真ん中が満開になるところ。

花はぐんぐん育ってやがてご覧のように500円玉を越すようになる。

花びらが反るようになり、ようするに暴れる。従って肥料を控える

のはそのため。

花の大きさは2センチを超えると大きい方である。10円玉の大きさ。

500円玉も話に聞くが見たことは無い。この花は番外と思う。

毎年花が咲く頃今年はどんな風に咲くか巧く開けるか気になる花の

一つがこの花である。同じ花でも毎年微妙に違う。ひどく違う時も

ある。生き物だからあたりまえなのだがそれが嫌になる人と

面白いと思う人がいる。どちらがよい悪いの問題でなく奥の深さに

向かっていくエネルギーの問題になるのかしれない。

2007年10月16日 (火)

お銚子者

山のお銚子買って来たよー!3万円だよー!ウソ!

余計なお世話を又やったよー!Dsc01491

高さ19センチ

容量2・5合

ぐい飲み2個

こんな気持はさらさら無いのに

紬姫についつられ・・・・お買い物の楽しみを

横取り!・・・・ザマーゴランアソベ!!

ジャンジャン飲めとはいってないよ。

飲んだ人、奨めた人が共犯で

お銚子買ったは無罪だよ!

・・・・・お銚子じゃあなかった徳利だった!

お調子者はお銚子が好き!!ヘッヘッヘェ・・・

・・・・・・・・ごまかし笑い・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以上。

2007年10月15日 (月)

山野草の庭・本番

Dsc01489 おかしいなーと思っていたら、やっぱり

白花岩沙参が咲いてきた。

きれいじゃん!

それに野紺菊も満開。おまけに露草も咲いている。

Dsc01490

ハウスでは大文字草が満開で写真取ろう

としたらカメラがストライキ・・・・!調子の

好いこと言って本当は操作がわから無いだけ

の話・・・。今年は何故かあかばなが遅い?

Dsc01488

この岩沙参あまりにも色が美しいので撮った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・稲城のTちゃん、たったいま電話ありました。

吃驚したり喜んだりしていました。

なんといっていいか・・・ありがとうブログを借りてありがとうですね。

この花を切り取って感謝のプレゼントします。チチンプイプイ?

何時もブログを楽しみにしてくださるとの事。これもありがとうです。

ひさしぶりにブログ打ちました。

困ったときの神頼みの帰りにこんな場面にお目にかかってきました。Dsc01485

双子のこの子がかわいくてあやつり人形より

この子を撮った積りがこの子もおじさんも私を見

て身構えるので・・・スナップでなくなってがっかり・・・・!

宣伝して・・・!とぽーずとってる・・・・!

羽蝶蘭・花うさぎ

Dsc00285 はなうさぎ(当園符丁)の昔の写真が出てきたぞー。

うれしー・・・!2004年だって、ということは

4年育てている事だ。その前のことは分からない。

が・・・写真では二本写っているね~ということは2003年には

有ったということか?

2005年の写真が一番きれいだったか知れない。

0001_4 広告に使ったのはこの時かな。

2005年のこのときはパソコンにデジカメから

入れないでプリントしてしまった。それをようやく探し出して

スキャンしたら粒子が荒れて見難い。残念。Dsc01265

これは今年。下に一輪の咲き分けじゃあな~

褒められない。5花ぐらい白が咲いてくれたら

合格。

分球した子のほうがいい芸をしていた。

なにしろ大きい球根ができない個体。

安房の血が入っているとは思えないくらい。

一番よくなかったのは去年。赤ばっかり咲いて、酔も強く乗り、

上のほうに一輪白が出た。良く咲かない花は写真は撮らない

然しこうして花の追跡、記録、観察を、続けてみると

花の癖、つまり個体性、天候や肥培の影響などを

知る事ができる。良く咲かないといって写真の記録を

パスすると今頃後悔する。

花の行く末、人の行く末、まるっきり分からない。

面白いと言えば面白いが其処まで達観できないところが

ご覧のとおりのお粗末。Dsc00286

◎蛇足・・・・良く似たタイプがもう一つある

これはぜんぜん増えない育たない。

有るのか無いのか蛇の足・・・ダ?

(写真探すのに何日もかかって嫌になってしまった)

2007年10月 7日 (日)

羽蝶蘭・春・夏・秋

Dsc01165 この花は菊葉が大きいのと花が大きいのとが見所だった。が、花の色が悪い。悪いと言ってもこれより濃色があると言う程度の意味。

Dsc01269 これが満開の姿。

これが今。10月7日。

Dsc01475_2 夕方暗くなって

電気をつけたら・・・・

Dsc01473_2

←こんな色。これが霜が降りる頃になると

淵の白い複輪が黄色になってゆくんだよな~

それが又たまらなく綺麗なわけ。

うちではこれが一番大きい菊葉。

観賞価値がアリアリ。

2007年10月 6日 (土)

日陰のホトトギス

 まるっきり日陰で紀伊上臈ホトトギスが咲いていた。まるっきり日陰で気がつかなかった。春の日の太陽の雫みたいに、ぼっとんと面長に垂れている。めだつ色だよなー。この猛暑の夏を乗り越えてこの色とは信じられない。Dsc01471

ようやっと大文字草が咲いてきて白満開。次は赤が咲くのだが今のところ蕾。葉はボロボロに日に焼けている。見るも無残なれどがっかりはしない・・・。当たり前とっくにあきらめている。Dsc01472Dsc01478

まあ確かにまるっきり日陰の大文字草は葉やけしていない。

この大文字草は風に揺れて、かまわず撮ったら乱視の景色。

そうそう紬さんコメントありがと。今回は山じゃないのですか?みなさん忙しいのですね。何時もご苦労さん、ブログを見ていてくれるんですね。ご苦労さんと言うべきかお疲れさんというべきか・・・。この場を使って感謝!雑記帳が楽しみでね・・・。ミテマス。

   ◎ こないだからずっと菊葉の羽蝶蘭がこの猛暑に元気でその葉芸を見せびらかしているわけ、かなりの見ごたえ・・・。明日写真を撮ろうかな。

2007年10月 5日 (金)

山野草の庭10月

 Dsc01468         

別のところの岩沙参が咲いてきた。大きく育った桃の木の下で西には柘植の樹があるからまるっきり陽も当たらない。肥やしも無く、陽も当たらないから茎も葉も真っ青、白花だっかな~と思っていたらだんだん花に色が乗ってきて・・・・。今満開になった。今年の暑さでは鉢物の場合こういうわけには行かない。捨て植えもいいもんだ・・・・。ステウエ・・・これが分からない人がいて地植えと言うと「じゆうえん、10円てなに?」という人が現れた。早口で言うと10円になるんだろうか?この人たちにはどういう言い方が一番分かるかと考えて「地べたに穴掘ってうめて」とだんだんレベルが下がってきた。今のところ質問者はいない。もしかしてゴミでも埋めるように全部土を被せてはいまいな・・・!この時ばかりは自分が堕ちていくようDsc01470な気がして情けなかった。・・・・・・あきのムス・・・・という人のムシメだから訛るんだろうな。ズベタとでも言っていたかい?・・・・。そうそう・・・今、野紺菊が満開。石の上に枝垂れて・Dsc01469・・石の上だから雨に叩かれても土も跳ねず・・・う・つ・く・し・いーーー!

屋久島竜胆の桃色も咲いている。咲いてくるまでは忘れていられる・・・・これが山草の庭の・・・極上感!まだまだ蕾びっしり。

 ところで牧野図鑑に岩沙参が載ってなくって吃驚。岩沙参という字もないんだよ。でツールで単語の登録したんだけどそれまで大変。無意識に使っていたけど自信が無くなって来た・・・これでいいんだよな・・・・?蓮華ショウマも出ない。

                   ま、いいや悩まない・・・・!           

 今日はばっちり天気予報はずれ、め一杯野良仕事。草臥れて、草臥れて、又生き返れるものなら二・三日死にたい。

2007年10月 4日 (木)

羽蝶蘭・実生の生育

 久しぶりにか、羽蝶蘭をしげしげ見た。今年はなんかボロボロと言う感じ。大きいのはまあまあ元気だが、チビが割合倒れた。おんなじチビでも実生のチビはめっぽう元気がいい。Dsc01465 まばらなポットはどれも大きく育ち3枚葉が多い。 写真では二枚に見えるがこの球根が飛び出ている実生苗、3枚葉があります。      

アップ Dsc01464↓ 球の大きさは1・8ミリ三枚葉!    

抜いてみたくてウズウズ。

我慢シタマエ!

混雑しているポット。Dsc01466 大きくならない。

みんな二枚葉。ヤッパリ昔みたいに間引いて

別の鉢にうえつけてみればよかったな~・・・。

1・8ミリの球根は来年花が咲くかも・・・・!!久しぶりにドキドキ。

  コップ鉢も猛烈元気。その内また写真を撮ろう。上に跳ねて

いるのは子のほう親の方は用土の中にもぐっているだろう。

これもドキドキ・・・。どんなに大きくなっているだろう?

2球目の子はアーチみたいに跳ねてきた。ゾゾゾー・・・!

Dsc01477 ・・・・・・・・うれし寒気・・・・・。

 今日は実生苗にHB101にハイポネックス少々混ぜて

少しやる。失敗が怖いのでチョビット!今日だって結構

暑かったでござる・・・・・。

羽蝶蘭・長期休暇

 羽蝶蘭の花も無く人も来ないから延々と長期休暇?それなのに何でこんなにいそがしDsc01457_3 いのか?ちょっとの畑とウ○○○ウのせい。家の中は、破片で鳥に餌でも蒔いたよう。Dsc01461

今年は半生で切っている。この方が柔らかいかも。丁度今日で1斗1升漬けた。安心な気分。この前の走りに西さんが犠牲になった。

丁度目の前に延々と鍵が転がっている。ハンドバックの中で紬さんから貰った熊ちゃんがバックの中でもまれて汚れて行きそう・・・・。で実用に生きた方がいいと鍵に付けてやった。それが西さんの山の鍵だった。皆に見てもらえて熊ちゃんも嬉しいだろう・・・。が西さん「えっ!これいいの」と嬉しそうだったのにつむぎさんが呉れたというと「えっ!それじゃあだめだオレもっていけない」と頑張る。そんなもんかな~と思いつつエンジンかかった車の音に急かされつつ、2人で必死にはずす頭はそのことで一杯だったらしく、グルメナニイチャマぶどうを忘れた。2・3日つらつらと思うにあの5月の日の感激を忘れまい・・・・。とおもった。

Dsc01458 我が家の番犬は今このようになってしまった。

それがこのようになる。↓

Dsc01459

窮屈でも我慢セ!これで

セグと熊と二個そろった。

どんど晴れ!

花はちゃんと玄関に・・・・。Dsc01460 Dsc01463_2    

←全体図、草月古流の

段もちがやってきて、

恩着せがましく活けていった。

  どんど晴れ!

今日の天気は予想晴れ!どちらも乗り遅れの感。

の~~~んびり鳥の餌の中に寝転んで暮らす。

掃いては餌撒き掃いては餌撒きこんな事を、賽の河原

って言うんじゃなかったけ・・・・・?河原から飛び立つ

     鳥になりたいかな~どこまでも飛んで行ける

      スーパーマンみたいな鳥に・・・。

      

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ