« 秋の虫の続き | トップページ | 羽蝶蘭の収穫は眼の毒 »

2007年11月 4日 (日)

いよいよ収穫・羽蝶蘭

(~0~)ギャーやっぱり球根ちっさいー!ショック!!黄ばんだ葉のものを2・3空けてみた。その中でもこれは良い方。Dsc01526

親球は左で黒ずんでるもの、右にあるのが分球の球根その1。2球目が右のやや上。さらにその右は根。

分かり難いので離して洗ったのが次の写真。

離さないうちに洗ってみればよかったな!後の祭り・・・・。

Dsc01527_2 左が親球で枯れてゆく球根。真ん中が分球根。親球より大きく育ったと思うかもしれないが、親球はこの時点ではやせて細く縮まっている。従ってこれは親より大きくはなっていないと思う。

2球めも花はさくでしょう。

Dsc01529 は3番目の写真。今年今まで掘り起こした時点ではこれが一番いい成績。

親球より大きい分球。右の黒いのが親球。2球目は親の右に出来ている。そんなに大きくは無いが丸みがあるので花は咲くでしょう。

Dsc01528 気になるコップ鉢は葉が枯れ始めて、さていつ空けてみるか・・・・思案のしどころ。

コップの外からよく根が張っているのが見える。いずれにしても楽しみ。

なんかきょうは羽蝶蘭の初心者講座になってますね~。ちの常連さんには横を向かれるような話で・・・・・お粗末。チョーンチョーン!ナニ?チョーンチョーンて?拍子木の音。え~っ!拍子木ってこんなときに叩くんでしたっけぇ??・・・・・・・つっこまないの!バカチョーンバカチョーンて叩くのよ!・・・・こんどは落語ですか・・・・?

« 秋の虫の続き | トップページ | 羽蝶蘭の収穫は眼の毒 »

今年は不作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ収穫・羽蝶蘭:

« 秋の虫の続き | トップページ | 羽蝶蘭の収穫は眼の毒 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ