« 今頃カタクリ | トップページ | 愛鷹は東国か西国か »

2008年4月15日 (火)

愛鷹山の三つ葉躑躅

Dsc01792愛鷹山の小葉の三つ葉躑躅がが咲いた 。

この躑躅が咲く春が楽しい。

なんといっても小葉というより矮小と言いたいのか

と思うほど軽く指を広げた樹の丈で、毎年びっしりと咲く。

この樹は実生で、種をまいて25年は経つ。

咲き始めの姿が一番美しい。

Dsc01793

この大きさが全体図。実生して3~5年頃、ぐっと

伸びたが、その後成長が止まった気がする。

この花は咲くのが普通の三つ葉よりうんと早い

はずだったが今年は遅い。他の花が咲くより早かったので、

此花の純粋な種が取れたのか・・?他の花と違う。地に放して

いないのでイマイチ厳密に語れないが、全体が小ぶり。何より

花つきがいい。もう何本もなくなったが、びっしりと咲いて

春を告げる。もっと種を撒いて置けばよかったと後悔しても

後の祭り。

愛鷹という山の名前を打ったら、朝か明日かと出て、えーと、

と考え込んで、結局地図を見た。なんといういい名前だろうか。

Dsc01785 傍では、外の棚で岩千鳥が芽吹いてきた

わざと古葉をむしらずに置く。去年は何本、今年は

何本・・・?と、いくつ増えたか

数えるのが楽しみ。どちらも目覚しく発展しないが、毎年

芽吹いて咲くのが値打ち。

相模湖のマニアよーーー山菜取りに来たら寄ってくださーーい!

« 今頃カタクリ | トップページ | 愛鷹は東国か西国か »

実生の経過」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛鷹山の三つ葉躑躅:

« 今頃カタクリ | トップページ | 愛鷹は東国か西国か »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ