« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

コアジサイ

楽しみにしていた小アジサイが咲いた。山アジサイの中でこの

アジサイが王者!

王者といえば大きくて華やかで色鮮やか・・・というイメージだが

さに有らん、小さくて繊細で微妙な青紫で、いかにも山野草と

その花姿が語っている。Dsc01987 ぼんぼりと言う感じ。

好みは人によるがこんなに可愛らしい花はな

い。大きくて直径5センチ、平均3~4センチの

花が梅雨のころを彩る。

Dsc01988_2

上からアップ。葉も小ぶりで全体が楚々として

いる。この花の可憐さに見せられて近場に出

来た園芸店のバンジーやベコニアのリオのカー

ニバル?のような年中お祭りの花々では満足できない人が

たまにこの花をたずねてやってくる。戦いより癒し、それを求め

ているような気がする。

ただこの花は霜に弱く、大概は樹の下に自生している。

アジサイの習性に従い挿し木で増やすわけだが、獰猛に増える

わけではなく、泣かず飛ばずで生きている。このかわいらしい

花が市場に氾濫しないのはそれが原因なのだろう。

寒さに弱い山草に岩タバコがあるのは周知の事だが、長い事栽

培をしてみると岩タバコもコアジサイも木の下でなく路地のピリ

ピリ寒いところカンカン陽の当たるところでたくましく咲いている。

ジッと観察していると環境に適応する能力がそこそこ備わって

いる。という実感を持つ。岩タバコなどは寒いと絶対身を堅くし

て葉を展開させない。水分を寄せ付けない。水分がないから、

凍りようがない。一番恐ろしいのは木下や家の軒下などである

程度保護されて蕾が緩んだときに雨を受けて凍る事と、日陰で

やわらかく育っていたものをいきなり直射日光に当てる事。

又は、寒さに当てる事がからす原因のようだ。

岩タバコの実生はやってみたがあけてびっくり玉手箱!

目も覚める紫が、山で自生している、ただのつまらない紫に

帰っていた。湿度さえあれば苔のように生えますよ・・・話し戻し

この2~3年桜が全然咲かない年があるにもこの類。この頃の

気候は2・3月に異常な暖かさになりその後寒の戻りという事に

出会う。去年、当家では初めて枝垂れ桃が下枝1本咲いただけ

だった。ヤッパリ!と思ってみていた。

という訳でこのコアジサイも、石付きの岩タバコも常軌を逸して

生きている?皆それぞれ頑張って?生きている!!!!

Dsc01998   コモコモと咲いている全体図。

七段花も咲いている。この花も楚々としているが

コアジサイよりは獰猛??

2008年5月26日 (月)

深山霧島躑躅の里近く

Dsc01986 深山霧島躑躅の群生地を一度見たいものだと

思ってまだ果たせない 。

高千穂の里で、山草を見てきた。総合体育館と

Dsc01979

いう大きな看板が掛かった家に、道を聞きに

寄ってみたら着生蘭を綺麗に作って並べていた。

本人が思い出せない蘭が有って、瓔珞蘭だった。

現物を始めてみた。何とも華奢な割合地味な花だった。すじの

様に垂れた、カヤ蘭の葉に似たものに3センチばかりの花茎が

垂れていた。

挿し木した深山霧島の白があって、その花の小ぶり加減に、

痛み入った。宮崎に行ったら黄色の深山霧島があるといった。

交配実生かなと疑心暗鬼な口ぶりだった。いろんな固体がある

か知れないが当園の写真の八重はそういわれて見ると、交配か

という気もする。名品らしい。そのしたの写真の花も名前がつい

ているが遠めにもはっとする美しさ。本咲きである。躑躅に近い

里、高千穂のメインは真名井の滝。偶然に写真が撮れていた。

Dsc01924_4写真などというものはまずまぐれか偶然の代物

だという事がこの写真を見てしみじみ思う。

今度は深山霧島躑躅の大群落を見ねばならぬ。

散々商売させてもらって、拝みに行かなきゃ。

実生2年目

Dsc01983  羽蝶蘭がようやく1輪咲いた。はやく水を掛けて

おいた軽石つきは咲きそうになって売れて

その後暇掛かった。写真とは似てもにつかぬ

凄い色で、その色を見ているだけで羽蝶蘭の時機到来!

という思いを起こさせてドキドキする。

露出が不適当でドーデもいいような花に写っていてもなおす気に

もならない。今年は遅くまで水を掛けなかった。

去年5月に3回雹が降った。2月の暖かさに加え、3月の寒さで

大勢の人が失敗した。春の芽出しに神経を使う事にパスした。

雑用に追われているせいもある。

Dsc01985それでも実生の羽蝶蘭が一人前に発芽し、

去年3枚葉だったものが1輪どころでない

かなりの蕾を上げてきた。記録写真を撮った日

植え替えてやった。たいした花は咲くまいが、わが子は可愛い

というからきっと可愛いだろう。ほぼ素人のようなものが種まい

た次の年花を見ることができるんだから、実生専門のプロは

始末に困るというがほんとうのはなしだろうなー。

久しぶりに実生して見たが次の年に花が咲いたのは初めて。

2008年5月18日 (日)

今年以前の白ヤシオ

0001

シロヤシオの項目で明日大木のスキャンを

しようと申してから、だいぶたってその明日が

やって来ました。皆さん興味あるらしくこの項目

0006のアクセスが多いので、しかたない!とどこかに

しまった写真を又暇かけて探して・・・・半分馬鹿

0002

な事を言ってしまたと何時も後悔しつつ・・・。

下から見上げると巨大な傘を広げたような大木

0007

です。

白ヤシオが咲き終わろうとするころ咲き始める

三つ葉躑躅。白ヤシオと交差して咲くころが

0003華やかさが際立つ・・・・・・・・・。

正に天上の楽園!此処にこの世界が広がって

0004いる事が摩訶不思議という思いになる・・・・。

誰かに教えたいと思ったふた昔・・・だったが。

この写真はピンボケですが比較対象がないので 

大きさが分からない。この樹は人が立って歩け

るぐらいの大きさ 、上を見たまま花に釣られて

ずっとくだって行ったら 、崖の上に出た・・・。

向こうに道が見える・・・しばし思案してトラバース

に掛かる。ところが崖に首からぶら下げたカメラ

がガチンガチンとぶつかる。写るんですは懐にいれ、もう一つの

カメラは、紐を口でくわえて、岩ざれの山肌をはいつくばって 

横切った事がチヨー思い出。 

Photo 思い出といえば、この日、家を夜7時に出発。

急な出発で買い置きの電池もなく、ヘッドランプ

をつけてみると青息吐息の弱々しい光、無いよりましかとリュッ

クにいれ、嫌になったら帰ろうと煮え切らない気持で出かける。

霧が立ち込めて星明り月明かりも無い中に、崖の淵をトラバー

スするときは絶対必要と思ってヘッドランプを消して足の感覚と

勘を頼りにヤタ尾根を登る。あさっては東北行き、この日の夜

だけ我輩に与えられた暇があるのみ。

途中、鹿と接触しそうになりつつ稜線に出て、夜目にもほの白い

シロヤシオを「写るんです」のフラッシュたいて撮ったのがこれ。

やっぱりそれなりの感じ。12時半ごろついたか・・・そのまま

しらしら明けるころ出発し、ハウスに着いたのが8時、日曜日

ですぐ御客さん、2時になったら死ぬほど眠くなったぞよ・・・。

はっきり申し上げてアホなことをして生きているようです。

今年のシロヤシオは石棚山稜1100メートル地点でもう咲き始

めましたが17日の雹でオジャンじゃないでしょうか。今日は

いい天気でしたが、このところちょっと寒いようで、例年なみの

下旬から6月の上旬でしょうかね現実はどうか分かりませんよ。

2008年5月 9日 (金)

山芍薬と幻覚

Dsc01850 山芍薬が咲いた。この花ほど人にもの思わせる花はないだろうな。物思う内容は年とともに変わり・・・。昔の思い出が混沌と湧き・・・。こんな文字を綴っている。

4章    山芍薬         S,62,5 H,14,3 

                            2・14

 山草の中でも山芍薬と言えば知らぬ人の少ない草花である。かれこれ15年にもなるかの昔、富士山麓の朝霧高原で山菜取りの最中初めて山芍薬と出会った。丁度山芍薬は20センチばかりの花茎のうえに直径4センチほどの白い蕾を上げていた。春の光が藪の中にも届いて、それは白い宝の玉のように輝いていた。あまりの美しさに驚いて藪蛇の騒ぎで仲間に知らせた事が今では懐かしく思い出される。

 それから山芍薬との付き合いが始まり、かなり小さな芽でも肥培するとその年の内に充分花が来ることや、根伏せで増える事もわかったりした。当時借家が夏涼しく山草の適地であったため山芍薬はよく咲いた。この花を眺めるにはその時期とても暇がいる。雑用に追わればたばたして気がついてみれば散っていた。と言うようなことが往々にしてある。蕾が膨らんできたら、陽の当たらぬ涼しい場所に鉢を移動をしてよく目の行き届くところで気を配り、いよいよ咲き始めたら鉢を揺らさず、風に当てず近くによって見る時は大げさに言えば息を殺してみるのである。そうまですると45日保つ。花も人の思いが通じるのかたった1度それは見事に咲いた山芍薬と向き合った事があった。その年の花は茎の高さや葉張りの具合、花びらの含み加減といい先端の切れ込みの妙にいたるまで、どれひとつとっても最高だった。日も暮れかかる一時、残照の中で花と向き合っていると花びらの中に銀粉を練りこんでいるかと思うただならぬ光に、この世に此れほど美しい白があるだろうかと。不思議な領域にさまよっていく。山芍薬が美しければ美しいほど見れば見るほど、ぶざまな自分の生き方を省みて沈黙する。人は皆命ながらえるためにともすればそれが間違いであると判っていても、自分の良心に目隠しをして自分に不都合なものを否定し続けて生きてゆく・・・・。毅然と輝いて生き、そして美しいまま散りたい。そういう現実離れした憧れ。だが死ねない。美しくも生きられない。癌になるのも嫌、交通事故も嫌、火事も嫌、水で溺れ死ぬのも嫌、苦しい事はみんな嫌。糖尿病も嫌だなぁ~遭難も嫌だ。そうだな遭難と言えば何時も単独行ばかりだから遭難とは無縁で無い・・・・。一人山の中をさまよいどこでどう間違ったのか相談する相手もなく、戻れども戻れども元の道に出ない。行くも帰るもままならぬ状態に陥って夜になる・・・・。疲労困憊し、骨に凍みる寒さ、いくらかの窪みを探し、しゃがみこんで膝を抱える。うとうととまどろみ「おいっ!」と言う声に飛び起きる。暗闇に目を凝らしあたりをみまわすが人の気配は無い「そこだっ!」と又声がする。誰かが来た、助けに来てくれたのだ。胸が鳴る「ここだよーっ」と声を振り絞る。が誰もいない。「おーいっ」又聞こえる。間違いない、きっと助っ人だ、と這い出す。あそこあたりのおぼろげな物影がそうかと這いずり回る。しかしそれは大きな岩だった。耳を澄ませば風なのだ、風が木の枝を揺すっている。それが人の声に聞こえる。果てしない絶望感。遠くで獣の鳴声がする。異次元の恐怖が背をなでる。風が唸り始めた。まるで身に覚えの無い罪を罵る地獄の死霊のように果てしもなく唸る・・・。

Simgp0051

 身を縮め耳をふさぎ信仰した覚えも無い神を念じる。風の呪い声から少しでも逃れようと無意識に膝で土を掘る。じとっと湿った今までに無い感触。まるで沼地かと思うような湿気。引き込まれそうな恐怖に思わず反転。あ!どこかにかなぐり捨てたかと思ったリュックが手に触れた。たった一つの財産。思わず抱きしめる。そうだまだチーズが残っているのだ(チーズだチーズ)そう思ってリュックをまさぐれば・・・。あ!懐中電灯だ!何で気づかなかったんだろう!と思って一瞬、もう電池が終わっている事に気づく。終っている電灯をとりだし夢遊病のようにスイッチを押してみる。ほわっとかすかな明かりがつき、その明かりが腰が抜けるほどにも明るい。暗闇に向けると霧が立ち込めてまるで見た事も無い景色。何100年も此処にいるような思いがする。電灯は息をするように力なく薄くなってゆく、あわてて消して又すぐ付けてみる。まるで暗闇から無数の妖怪が輪になって私を見ている気がする。思わず後ろを振り返る。自分の在り処をおしえてしまった・・・。明かりなど点けるんじゃなかった。目が目が無数の目が見ている・・・。あー目じゃない目じゃないチーズだチーズだ!頭を振り心を奮い立たせ、なおもリュックをさぐればカチャンと小銭入れの音がする。あーこんな時お金があったって何の役にも立たない。生きて帰れないか知れない。生きて帰れば、ラーメンが食べられる。幾ら残っていたっけ?5千円・・・。あー5千円と言えばあのぼろな長靴に5千円ヘソクッテ置いたのに、此処で死んだらあの金は長靴と一緒にすてられてしまうんだなー・・・。ラーメンが何杯も食べられるのに・・・。

 あー嫌だ嫌だなんて馬鹿らしい妄想に延々と遊んでいるんだろう。

 万感を抱く愚か人の前で憧れと羨望を煽りながら、短い命の花が咲く。行きつ戻りつして、山芍薬の前に佇み、佇みすればやがて、花が放つ白光の気と共に起き上がる。すでに言葉も悶絶もなく例えひと時であろうとも、心整う。

 正に花は法なり色は力なり。

              

2008年5月 8日 (木)

山野草の庭まだ花盛り

Dsc01841 Dsc01835_4 この花は岐阜県の山に自生して

いたものだそうでうちに来てから

10年以上経つだろうか?

鉢が小さくなりこのたいぼく?が入る鉢が見つからず庭樹にする

ことにした 。庭に植えて、その紅葉の美しいさに満足。花の色の

優しい色合いに満足。珍品といわれるだけのことはある!

Dsc01865

Dsc01887_2

その隣にはボタンが咲き始め、

蕾が7個ついたので延々と

咲いている。ぐらりと咲き、

ざっくりと散る・・・。

Dsc01883_4

Dsc01885気がつかぬうちに柘植の木に

つけたセッコクが咲いていた。

もう少し経てば風蘭がさく・・!

Dsc01866_0

Dsc01869_0

Dsc01868_0

   木下では

イカリソウ・・・

まるで

この国の大都会並みの過密状態でぎしぎしと窮屈そうに咲いて

いる。ご苦労さん!よくもまあこの狭いところに・・・・。

2008年5月 7日 (水)

深山霧島躑躅

今は三山霧島躑躅が満開。棚がカラフルで楽しい。

この躑躅は小ぶりだから小品盆栽にうってつけ、挿し木でもつく

し本当に扱いやすい。

Dsc01864 この濃色の濃いピンクはまだこういう商売始め

る前にSさんから貰ったもので、挿し木をして増

やしまくった。この花がびっしり咲くと本当になん

ていい色だろうと思う。

Dsc01861_3

Dsc01860

  その次に目を引くのは此の

咲き分け。白と赤と絞りの

3タイプの花が一本の木に咲く。

毎年同じように壱の枝に赤弐の枝に白三の枝に絞りと言う決ま

りはない。その絞りも、赤身が多かったり白が多かったり、

全体に細かく絞りが入ったり、今年はどんなだろうかとその楽し

みは尽きない。咲分けは必ずきっと咲分ける。大鉢になると

Dsc01857又目を引く、見堪える。 ・・・・・な。

何時のころか種を取って実生した。そしたら

久留米のような二重咲きの花と咲き分けでも

Dsc01877_5もう一色加わったものと、どうにもならない

詰まらないピンクがでた。

その中で注目すべき花がこれ!

Dsc01873

リンクを開いてみてもらえば分かるが、地色

に薄いピンクの色が載っている。初めは気が

つかず、なんかこの花綺麗だなーーーなぜ

だろうと漫然と思っていた。気がついて4色ジャーーー!!

Dsc01862

実生といえばこの花も実生らしい。

完璧なバラ咲き。それでちゃんと花は

小ぶりで葉も小さい。フジカケかなとおもうが

徒長はしない。

Dsc01880_2

それと女性に大人気の花がこの花。花弁が

丸く、色が綺麗で底白。此花の本咲きした

写真はないが、暫し見惚れる。Dsc01874 次は

この花、コメ躑躅と掛け合わせたようだが

此処まで来ると個人的には、本当に素晴ら

しいとおもうが深山霧島とはいえない。葉の細かい島田1号。

Dsc01836_7

そして昔ながらの枝打ちの荒いここ

いらでは庭木に見られる霧島。

白花は写真に載せなかったが、

今年は本当によく咲いた。もう一つ寂しそうな紫で、1・2

輪の時には目も当てられないのが満開になると、

うわ~~!と目を引く花。今回は写真パス!

以上でした。あ!以上じゃあない!Dsc01913

どう!この粘り!粘りじゃあない!根張り!

20数年掛かったのだ。やっぱり粘りか!

Dsc01914わずか20センチぐらいでも大木っぽく見える

じゃろ~~が・・・・。深山霧島躑躅は

タノシ!

5月の羽蝶蘭

Dsc01856_2 Dsc01895

もうすぐ咲きそうな蕾の膨らみかた、

このの写真は2日前か

今日は蕾が白っぽくなった。

ところがまだ芽が出たばっかりというものもある。何時の年だって

おんなじ早いの遅いのがある。今年の白寿扇のちびよく斑を入れ

ている。

Dsc01872_4

Dsc01891それでこれは富士の溶岩につけた

岩千鳥。1年中外で欅の

溶岩付きの下につけて、かれこれ

10年以上にはなるか2,5倍ぐらいには増えたが1本が2本2本が

4本と言うように鉢で世話をしてよく増えるようにはいかない。

ただこの植え方のいいところは、、水を普通に遣って冬も夏も水を

切らさないようにさえしていれば絶対に毎年出てくると言う事だ。

傾斜を作って植え込むので、用土が水遣りのたびに流れて少し

づつ減って時に球根が露出するような事がある。その時は冬に

注意していて用土をそっと載せて苔で覆ってやる。どうと言う事

もない世話で、のんきに毎年楽しめる。これがシンジョウ!

2008年5月 3日 (土)

白ヤシオ躑躅

Dsc01846_2

気づかぬうちに

待望の白ヤシオ躑躅が咲いた。

あまり長く咲かないので場所が嫌いなのだと

Dsc01847_2

日の当たるところに移した。

それが目に付きにくい場所で鑑賞にはイマイチ

だが花のためを思って我慢する。

この花は普通の躑躅より小ぶりで、俯き加減に咲き、

雨に打たれると雫と共に垂れるかと思うように下を向く・・・。

この動きが、この花の信条か?と思う。

山を歩いて見上げるとこのはなが下を向いて目と目が?逢う。

・・・降るような・・・・花姿。

丹沢山の桧洞丸にはこの躑躅の大木がこれから花をつける。

西に4キロ北に4キロ歩いて2時間の行程がこの花が二人連れ

となる。明日あたりその大木の写真をスキャンしてみようか。

それにこの花のもう一つの美しさは葉のかたちにある。

Dsc01848_3

小豆色の複輪が陽ざしの加減により覆輪の

幅と濃さに変化がでる。そういう面白さを

持っている。この5枚の葉のゆえに五葉

ツツジと言う別名がついたともいわれる。また木肌が松の木肌

のように荒れるからと言う人もいるが、前者でしょう。

山野草の庭・本番中

Dsc01842_3 これは糸葉芍薬。この色が何ともいえない。

この花がこのぐらいの蕾になると何故か蟻が

群がる。咲くといなくなる・・・なぜだーーー?

Dsc01840

この一輪草は外来種。日本のものだったら

こんなに丈夫ではない。

風邪が出て・・・樹が揺れる草が揺れる。

腕が揺れる~~~カメラが揺れる~~~・・・。言い訳!

Dsc01836_3

この深山きりしまの下にシラネアオイがあり

その手前にクマガエ草が咲いている。

カーナリ立派!・・・・ヒッヒッヒ・・・・!

不気味な笑い・・・・。この分だとツゲの木下で雨露をしのぎ

延々とさくぞーーー。

それに野菜なのか花なのか・・・ブルーベリーDsc01838

の花盛り。オッホッホーー!。

不気味な笑い・・・・・。

薄暗くなフラッシュたいて撮った。

奇妙な雰囲気。で終わり。

Dsc01845_2

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ