« 山野草の庭・本番中 | トップページ | 5月の羽蝶蘭 »

2008年5月 3日 (土)

白ヤシオ躑躅

Dsc01846_2

気づかぬうちに

待望の白ヤシオ躑躅が咲いた。

あまり長く咲かないので場所が嫌いなのだと

Dsc01847_2

日の当たるところに移した。

それが目に付きにくい場所で鑑賞にはイマイチ

だが花のためを思って我慢する。

この花は普通の躑躅より小ぶりで、俯き加減に咲き、

雨に打たれると雫と共に垂れるかと思うように下を向く・・・。

この動きが、この花の信条か?と思う。

山を歩いて見上げるとこのはなが下を向いて目と目が?逢う。

・・・降るような・・・・花姿。

丹沢山の桧洞丸にはこの躑躅の大木がこれから花をつける。

西に4キロ北に4キロ歩いて2時間の行程がこの花が二人連れ

となる。明日あたりその大木の写真をスキャンしてみようか。

それにこの花のもう一つの美しさは葉のかたちにある。

Dsc01848_3

小豆色の複輪が陽ざしの加減により覆輪の

幅と濃さに変化がでる。そういう面白さを

持っている。この5枚の葉のゆえに五葉

ツツジと言う別名がついたともいわれる。また木肌が松の木肌

のように荒れるからと言う人もいるが、前者でしょう。

« 山野草の庭・本番中 | トップページ | 5月の羽蝶蘭 »

五葉躑躅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白ヤシオ躑躅:

« 山野草の庭・本番中 | トップページ | 5月の羽蝶蘭 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ