« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月16日 (水)

紅菊の里帰り

7月中葉の日曜日  紅菊が里帰りしてきた。こういう菊葉は伸び

Dsc02437_2ないんじゃあないかと思っていたらナンノ!10セ

ンチにも延びて花4個。菊葉も葉幅が広く堂々と

している。

Dsc02440

ただ花が小さい。

5月の長雨のせいじゃあないか?

写真を散々撮られて、帰っていった。

またあおうなーーー。

2008年7月13日 (日)

何なのよーこの花

Dsc02377

この花の付けに複葉が出てきた。チビなのに生

意気!ぐらいに思っていたら

延びてきた!エーッ!

Dsc02394_2

なんなのよー!冗談じゃあないよー!

何始める積りよーーー!!!!こんなに葉っぱ

伸ばして・・・・枯れちゃうジャン!止まれ!

Dsc02395_2 角度を変えて・・・ホィ!

葉っぱの中が赤い。花かと思えどそうじゃない。

これは葉に色が乗っているわけだ。

Dsc01331_3

このハッパに赤い点がある。

それが今年は複葉にドバンと出た。

こんなチビなのに此のまま葉が伸びていったら

こんな小さい羽蝶蘭じゃあ分球は望めないな・・・。ということは

この花はこれで終わりだな。ショック!

なんなんだーこの花ー・・・花ばかりじゃあないな人間も凄いよ!

Dsc02414 これだもん!肘でボッキリ!・・・・・・。

お見事!この花増えないで増えないで・・・大きく

もならず、マニア好みの花なのに・・・・どれ?って

Dsc02431これ! 写真捜してスキャンするのがいやなので

ベスト羽蝶蘭の掲載紙を写真で撮ってパソコンに

取り込みました。凄いめちゃくちゃな事を思いつく

でアラウ!恥も外聞もありゃしない。イワノサキ笑うだろうな・・・・。

それに折れた茎にセロテープ張るのもアイデアだろう?水が入ら

ないようにという積り。世も末だ。

こんな事をしつつ羽蝶蘭は最盛期をややすぎて正にフィナーレ。

2008年7月12日 (土)

人気ない花

Dsc02426 鉢かぶり姫が咲いた。

花うさぎと同じ安房千鳥系。小花で何故か両方

とも大きくなれない。それでも今までで2番目ぐら

いに大きくなって気分よくさいている。白との区分がはっきりして

我ながら美しい咲きかただワイ!と思ってみる。花うさぎも人気

が出なかった。今頃騒がれている不思議???

そういえばこのタイプの花全然見かけないのはなぜだろう。

みなの者、我輩以上に下手パッチなのか・・・・?

2008年7月11日 (金)

気になるコップ鉢

Dsc02387  今年もコップ鉢の栽培です。

結構綺麗に咲いてます。

ただ今年は活力剤を使って失敗したものがあり

Dsc02389

ます。ただひたすら水だけの栽培が適しているよ

うです。論より証拠。よく根も張っています。

去年より小さい球根を沢山植えました。増えすぎ

た羽蝶蘭を実験材料に使って試行錯誤を繰り返しています。

今年はこのまま冬を乗り切ろうかと新たな試行を考えています。

2008年7月10日 (木)

咲く日を待っていました

Dsc02383 ようやく咲いた。半開きのままで 長くいた。咲き

分けの白はいずれの花も開きが堅い。半開き

の状態で長くいた。それでもこのぐらい開くと分 Dsc02396_2

かってくる。

左の写真は全体図。分球を促すために花は切

ろうかと思ったが間引いただけでしばらく観察す

る事にした。左側3個がガクが白い。まあたいし

たことの無い咲き分けで写真が残っていないのもうなずける。

この花は派手な色と巨大輪で咲き分けなくとも十分に観賞価値

はある。花も反らない。すでに2㎝5㎜の大きさである。

ラベルの裏に残っている記録に当然今年も20-咲分けと書き足し

た。咲き分けとはしない。隔年に咲分ける性質を持つぐらいのた

だし書きかな。

2008年7月 9日 (水)

フリルの無い花もいいなー

Dsc02209 この花の写真6月23日に撮影している。写真撮る

までに何日か咲いているわけでたった一輪咲い

ただけで延々と止まっていた。おかしいなーと思

っていたら?そうだ思い出した!この花も変な花なのだ。というの

はうちに来たときは枯れかかって青息吐息だった。何とか持ちこ

たえて当然増えはしない。そして2年目も増えず、3年目、こういう

風に咲分けた。そして4年目ようやく二本になりなんと!片方は白

片方は赤になった。そして5年目の今年1本の草から赤と白が咲

いた・・・ダーカラ・・気になる花はじっくり観察しないと手放せない。

この花はこういう咲き方をする花ですという説明が必要なわけだ。

咲き始めはこういう色で咲き終わりはこういう風になる。年により

変化する。後であせる、後で冴える。様々な性質を把握しないと

ならぬ。500円ぐらいの花を売っている分にはさほどの苦情が来

ないがちょっと高額になると大変だ。うわさが一人歩きしてとんで

もない事になる。どんなに注意しても間違いはある。それを知っ

ていて知らぬ素振りは言語道断という事だろうな。始終心して構

えなければならないことだな。今日も花が写真とは違うという電

話が来た。吃驚して残りの花を見た。????・・・!!!「○さ

ん明日の朝見てください蛍光灯の下でみると色が違って見えま

す」という具合である。

という訳で前置きが長くなったが・・・・ジャン!・・・これジャン!

Dsc02380 あれー!赤と白がはっきりしないな?実物と違

うな・・・・・・・・。

お客さん!写真は天気のいい日に撮って下さい。

それに白と赤を比較するために花の首を捻じ曲げないでください。

2008年7月 7日 (月)

花の比較

Dsc02370 見覚えあるこの花がこれ         

菊葉のジャンボ!

似てるなヤッパリ。去年より良いか?

Dsc01269逆さまにするとおんなじなんだな。

それにこの菊葉!花みたいに綺麗なのジャー。

芽が出たときから花のようでご満悦。これ背中?

Dsc02269_0写真はまだありまするーーー と言いつつ・・

出して見せるほどでもなかったか・・・と思う。とい

う事でこの4枚の写真は同じ花です。念のため。

Dsc02208

写真だけ見ていると、複雑な花は解らない。

ついでにもう一枚

これは全体図。展示会廻りのお客さん

Dsc02305_2

こんなに背の高い菊葉見たこと無い。菊葉は

皆小さいですよーーー。とのたまう・・・・??

確かに他の花と変わらず大きく育っている。

Dsc02377_2

チビな菊葉は下の花のように並葉が一枚も

出ないタイプではないでしょうか?

ところで紅菊・・・・だんだんそれらしくなったか

どうか。・・・・去年は立派だったなーーー!

今年下の写真のように育つのには暇が掛か

Dsc01259

りそう・・・・・・。

はなもぼつぼつきりたいころで・・・

天気には勝てない!

獅子咲き花3点

Dsc02367腐っちゃたのかと思っていたら咲いてきた。ラベ

ル落ち 。あー儲かった気分。

たっぷりとした感じがグー!この花絶句するほ

どの大輪なのに・・・今年は小さめ。

その次は二枚目。

Dsc02335

虹玉虫という名をつけた。

陽の加減で色の濃淡が出てさらに覆輪も乗って

いるから味わい深い。

Dsc02374

ケバケバ花が好きな人には向かない。

3枚目は小花の獅子。

これは肉眼の方が100倍もいい。写真撮っている

うち逆光になってもう一回挑戦だな。だが此の先いつ陽が照るか

Dsc02390_2

                             

ハーイ!いくらかましか?

似たようなものか?

2008年7月 6日 (日)

羽蝶蘭日和

Dsc02362

昨日今日3日ばかり蒸し暑い日が続いて一昨日

の日差しは  ようやく羽蝶蘭シーズンの陽気だっ

た。そしたらたちまちカッと花の色が濃くなって

Dsc02361

吃驚!!

絞り咲きの花も上まで咲き昇ってきた。

去年並みかな???

残りの花も咲いてきた。

                       

Dsc02359_0

美しい事!

写真もよく撮れた・・・・・・積り。

たまには天気で無いと・・・・。

2008年7月 4日 (金)

メタボな花

Dsc02344_2メタボな花とふざけていたら本当にメタボに発達

してきて不気味な様相を呈してきた。

黒紫を帯びてヤッパリ口に見えますねーーー

大地の咲分けは

Dsc02330

まだ含んでいて、さっぱり様子が分かりません。

まだに三日は掛かりそうです。

今年は寒さで色はともかく花の大きさがぐんと小

さい中でこの二つは王者の風格。

Dsc02357 寿紫王などは小さいどころか花びらがたたまって

延びれない。

この白花はほそーく咲いてしまった。間違いでは

ないかと思うほどちいさかったが

Dsc00026

花びらの厚さが普通の白と違うので、間違い

は無い。↓

Dsc02360 大輪で、側裂弁に黄色味が強く

額を跳ねのけて咲く勢いは

何時も爆発するようだと思う。

↓えてして大輪花はガクに抑えられて開けない事が多い。

Dsc00025然しこの花は花弁が厚いためにガクを跳ね除ける。

その有様が感動物なのだ

花は芽が出るときから面白い。

2008年7月 3日 (木)

花うさぎ

Dsc02315 今年は情けない状態で花うさぎが咲きました。

今年はもう少し大きくなってくれればいいなと思

いますが育ちの悪い花です。インターネットを検

索されるという事で当園のブログを見てもらっているでしょうか?

とりあえず予約ラベルをそのまま入れておきます。○沢さん、

侍りびとは芸をしたでしょうか?はてな?というような事がありま

したら遠慮なくコメントをください。

本芸

Dsc02263_2この花が咲いたのは6月27日今日は7月3日。

2輪目が咲いてJトップとよく見ると兜にまで

真っ赤に色が乗って正に咲分けている。

Dsc02345 正直いってこの花は仁王系でもっと中裂弁が

長かったという記憶なのだ・・・・・それが成長し

た今、花形は変わり、絶句する。

果たして此れが花の本芸とかたずけられるか?持ち主の単な

る牛6ケつまりモーロクの結果なのではないか。小さいうちには

解らなかった花の潜在能力。記憶違いかもしれないのをこのよ

うに言い分ける人間の脳みそ、ともに潜在能力といえるか・・・

・・・・・ドウカ!

ジャパニーズ・トップさん今日は疲れました。牛馬を引き回すよ

うに園芸屋をこき使うと、欲しい花が皆枯れるよ?

2008年7月 2日 (水)

紅菊

Dsc02245 この花、暇掛かりつつ

いくらか育ってきた。

三枚目の写真のようになるだろうか?

Dsc02331_0

寒さのせいか。

肥やしのせいか?

この花は遅咲きで本咲きは7月。

Dsc01259細そーい茎に巨大な花が咲く。

3枚目の写真は去年の写真。

こんな感じになるにはもう何日掛かるか。

肩こるね。

本当に寒い春夏だよ。貴婦人が3輪。ようやく開いた。

Dsc02322

6月上旬に咲く花がもう7月。今日はむっと暑く

羽蝶蘭日和。今年2回こういう日があっただけ。

冷夏かなーーー。・・・・・ゲッ!ピンボケ!又

イワノサキ殿に馬鹿にされてしまう。

2008年7月 1日 (火)

この花は

Dsc02312          この花ややこしい形。此の先どう育っていくか。

初めはグリーンが大変載った。

反対側↓          

Dsc02313

裏表見えるなんて・・・・・。

裏を見たって解るわけは無いけれど。

花ビラは3枚。

小さな菊葉

Dsc02280  根もろくに無いフラスコだし。果たして育つかど

うか不安だが何年も経つだろうが・・・それもまた

観察する楽しみがある。商売としては一生懸命

Dsc02282

増やして大きくして商品価値を上げようとしてよ

うやく其処にたどり着いた頃には大暴落。そん

な繰り返し。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ