« 花うさぎ | トップページ | 羽蝶蘭日和 »

2008年7月 4日 (金)

メタボな花

Dsc02344_2メタボな花とふざけていたら本当にメタボに発達

してきて不気味な様相を呈してきた。

黒紫を帯びてヤッパリ口に見えますねーーー

大地の咲分けは

Dsc02330

まだ含んでいて、さっぱり様子が分かりません。

まだに三日は掛かりそうです。

今年は寒さで色はともかく花の大きさがぐんと小

さい中でこの二つは王者の風格。

Dsc02357 寿紫王などは小さいどころか花びらがたたまって

延びれない。

この白花はほそーく咲いてしまった。間違いでは

ないかと思うほどちいさかったが

Dsc00026

花びらの厚さが普通の白と違うので、間違い

は無い。↓

Dsc02360 大輪で、側裂弁に黄色味が強く

額を跳ねのけて咲く勢いは

何時も爆発するようだと思う。

↓えてして大輪花はガクに抑えられて開けない事が多い。

Dsc00025然しこの花は花弁が厚いためにガクを跳ね除ける。

その有様が感動物なのだ

花は芽が出るときから面白い。

« 花うさぎ | トップページ | 羽蝶蘭日和 »

予想外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メタボな花:

« 花うさぎ | トップページ | 羽蝶蘭日和 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ