« フリルの無い花もいいなー | トップページ | 気になるコップ鉢 »

2008年7月10日 (木)

咲く日を待っていました

Dsc02383 ようやく咲いた。半開きのままで 長くいた。咲き

分けの白はいずれの花も開きが堅い。半開き

の状態で長くいた。それでもこのぐらい開くと分 Dsc02396_2

かってくる。

左の写真は全体図。分球を促すために花は切

ろうかと思ったが間引いただけでしばらく観察す

る事にした。左側3個がガクが白い。まあたいし

たことの無い咲き分けで写真が残っていないのもうなずける。

この花は派手な色と巨大輪で咲き分けなくとも十分に観賞価値

はある。花も反らない。すでに2㎝5㎜の大きさである。

ラベルの裏に残っている記録に当然今年も20-咲分けと書き足し

た。咲き分けとはしない。隔年に咲分ける性質を持つぐらいのた

だし書きかな。

« フリルの無い花もいいなー | トップページ | 気になるコップ鉢 »

いよいよ咲いた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咲く日を待っていました:

« フリルの無い花もいいなー | トップページ | 気になるコップ鉢 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ