« 5月の乙女 | トップページ | 咲き分けを検証する2 »

2009年1月 5日 (月)

咲き分けを検証する

何時だったろう、年が明けたから、当然去年の話だが、咲分けの事について話をした。咲き分けが旨く咲分けない騒ぎで、どうしたら咲分けるかという事である。何時だったかと調べてみると、2008年6月29日だった。「何度見ても」というタイトルでかいている。これが長いこと気になっていた。それをぼつぼつ書いてみようかと思う。旨く咲き分けないという0003問題を抱えて、やってくるお客さんの一番多いのは、紅白殿。またの名を花王、二重奏、其の他。紅白殿が一番最初うちに来たときの写真は、 ←これ。平成9年7月と記録にある。年が変わって今年で、12年になる。山梨のNさんが持ってきた。仕事の変動で忙しそうだった。こういう高額な羽蝶蘭は預かれないと断ったのだが、イや高くはない、殖えたら売っていいからと、忙しそうに帰っていった。Dsc00122 このころはデジカメも持たず、もっぱらフイルムはリバーサルでカメラはリコーの3・9・8!レンズがカメラぐらい高かった。次の年2本になり、親子同じ芸をした。そして二年経ち、4本になった時点で、売った。其のころ棚に並べていても、ふ~ンこんな花も出てきたんだ」と碌に気にも留めない。うちにくる趣味家はこんな鷹揚な人たちが多い。だから殖える。2004年の写真の前に20号線沿いの店を借りて展示即売をやったときに作った案内状のハガキがあって当然前年に撮影したものだがよく咲いたほうだと思う。

0004それがこれ。

ーーーーーーー以下明日に続く。

« 5月の乙女 | トップページ | 咲き分けを検証する2 »

花の意思」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咲き分けを検証する:

« 5月の乙女 | トップページ | 咲き分けを検証する2 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ