« 丹沢山塊③神の川から犬越路 | トップページ | 丹沢山塊⑤青根から犬越路避難小屋 »

2009年3月17日 (火)

丹沢山塊神の川から④神の川から犬越路へ

  Dsc02906

この左手を行くと初めて、

数字の入った標識に出会い、

Dsc02903

足元廻りは、岩砂礫。この鳥毛に

包まったような山の写真は 肉眼

でなければ   分らないが、

ものすごい崩落。 初めなんだろう

工夫さんでも入っているのかと思って周りを

見回したが落石だった。石と石がぶつかって、

ピシーン・・・パチーン・・・という破裂音。右手

沢に向かった山肌が一面砂礫の盛り上がり。

ガ~!!という感じ。ここで石河原の中を

踏み後たどってジグザグのように登り、もう

Dsc02904一回対岸に渡る。それが此れ。

←つまり合計3回沢を右に左にと

渡る。此れが最後で、対岸右手が林の中を

Dsc02916_2行くとあー山の樹ダーという景色

が現れ木々の間より、非難小屋の

Dsc02914_3

四角い人工物が見える。

いよいよ峠。

Dsc02918

ほらでたぞー!。

バシーンと重量感のある十文字

Dsc02919

の指導標。右手を見れば、

立派な非難小屋。

小屋の向うに大室に向かう登山道が見える。

Dsc02928左手を見れば麗しの桧洞丸。

波打つその稜線は・・・

Dsc02929

石棚山。

サテサテ小屋探訪。

Dsc02920

ガラッと明けてみると・・・

噂以上の美景。此れが非難小屋か!

連休には布団を持ち込み、場所取りに、

山の動物顔負けの争奪戦が繰り広げられる

と言う大人気の非難小屋。わざわざ遭難者に

なりたい素敵な山小屋。

Dsc02922

小屋の中には登山者の記録帳。

きれいな小屋とみんな感動している。

前のページをめくってみると、過剰設備と一言

書いている入山者あり。ホーたいしたもんだ。

長くなりましたのでトイレ探検は明日。

Dsc02925

Dsc02926

« 丹沢山塊③神の川から犬越路 | トップページ | 丹沢山塊⑤青根から犬越路避難小屋 »

犬越路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 丹沢山塊③神の川から犬越路 | トップページ | 丹沢山塊⑤青根から犬越路避難小屋 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ