« 柘植の木に寄り添い、桃の木下で | トップページ | 今頃実生は »

2009年7月20日 (月)

 旦那、トマトをこんなに

五月に人っていたろうか、野菜の苗屋でトマトの苗をカートに

1台積んでいる高齢の男性が居た。ゆうに30ポットはあったろう。

200972_100

「すごいですねー旦那、トマトが好きなんですねー私はトマト

作りが下手で背ばかり高くなってトマトがなるのはいつも8月

そのころは雨に打たれて実は割れてボロボロ。どうしたら

うまくできるんでしょうかねー」と話しかけると

「そりゃー肥やしが強いんだ、肥やしをやっちゃあ駄目だ

あそこに醗酵カルシュウムが有るから其れを撒いて肥やしを

しないで作ってみな」と先生がのたまう「エーそうですかありがとう

ございます、早速買って行って撒きます」といってカートを引きつつ

苗を買い歩いていると先生が、苗を車に積んで空身で講習の

続きに来た「撒く量は手ですくってこのくらいだ」と手のひらで

空気を掬ってみせる。「そうですかありがとうございます」

といって歩くとまだ付いてくる。

おかげでトマトは鈴なりになっている。本当はトマトがあんまり

好きでないので買うのはいつもミニトマト。ミニトマトはよくなる。

それに珍しく初めて、スイカを植えてみた。なんだかラグビ-ボール

とかいったな。写真を撮っていたら、レンズが曇ってきた。

入梅時でこんなに空気中に湿度があるのか?

スイカは1ヶ月というからこのスイカは8月10日ごろだろうな。

小さいのが次々成るは成るは、3個もあれば充分。ちびは

千切って捨てる。蔓の向こうに2個続けてなっているんでござる。

然しあの先生は熱心だったなー。もう付いてくるな・・・!と

内心思ったものな、醗酵カルシュウムなんてものを覚えた

ものなーー。拍手3ッつ!

« 柘植の木に寄り添い、桃の木下で | トップページ | 今頃実生は »

先生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  旦那、トマトをこんなに:

« 柘植の木に寄り添い、桃の木下で | トップページ | 今頃実生は »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ