« クワガタ再来 | トップページ | エビラ沢 »

2009年8月31日 (月)

青根から姫次

バスを降りたら、まず青根中学校に向かって西に上る。

学校の上にこの指導表が見え、そこを左に上る。

中学の正門を通るコースを選んだ場合は十字路をまっすぐ。

Dsc04113 Dsc04112

次に樹木を倒して其れを方向の矢印に見立てた変わった

指導標がごみ箱の上に立っていて、右に行く。

Dsc04069  Dsc04066

集落を抜け、最後に舗装道路で暖を取っていて動かない猫様と

頻繁に会う。「吾輩は猫である、轢きたきゃあひけ、生きる気力

は、失せた・・・」といわんばかりに動かない小さな三毛。

本当に轢くぞ、それとも通行手形を見せろなのか?

見ようによっては。えらそうだなーーー。

と遊んで、道端の草木がそうとうかっぶってくる道を行き、

やがて、鬱蒼とした杉林が現れる。見事に手入れ。

指導表が左手に現れ、右手に轟々と用水掘りが

音を立てて、ちょっと道草です。

不思議な堀の階段状を水が走っていて、その階段を数えたら

23段あり。戻って、さらに行くと左に看板が立っており、

水源林だということでこれは感動もの。

この林は今も地球を守る一役、人の命の水を

担う一役。やがて30年50年の後に更なる価値を

生んでゆくだろう。ここで大きく右に曲がる。

Dsc04063  Dsc04070

で現れましたるは、ゲート。

Dsc04071

その手前にコーンナ標識があるんでござる。

Dsc04091_2  Dsc04092

そのために本来の登山道の標識が奥にあって

とても見にくいのである。そのためゲートの脇を抜けて

舗装道路を行く人もおります。

Dsc04094_2   Dsc04096 

で・・・その山の道を行くと熊野古道もどきのうるわしい杉の道が

緩やかに続き、御伽チックな橋を渡り、右が新しく左は

足が浮いている。夜道にあわてて駆け下りては事故になる。

Dsc04103  Dsc04104_2

浮いた橋ははずしたほうが親切。

ということで、この指導表のところに出る。

ゲートのカギを持っている関係者はここまでくることができる

ということである。

林業関係者のモノレールというかケーブルというか

が伸びている左を本格的山道に

なっているところを進む。

Dsc04108 Dsc04106

これでこの先道に迷うことはない。迷うことがあったら其れは迷う人の

自由。

さてこの時期、山の花といえば何もない。

玉アジサイだけがめったやたらと咲いている。

だけ。

« クワガタ再来 | トップページ | エビラ沢 »

北丹沢山麓探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クワガタ再来 | トップページ | エビラ沢 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ