« 山野草の行方 | トップページ | 津軽鉄道金城駅 »

2009年9月21日 (月)

平丸から姫次へ 東海自然歩道避難路

  国道413線を上ってくると 平丸地区に掛かる平丸橋と

その向こうにトンネルが見える。

其れを目安に 左手に指導標がある。そこを山手にゆくと

Dsc04371 Dsc04395

水道の関連機材がある。御神体かと思う大木が切られている。

Dsc04394 Dsc04375

まもなく林が続き緩やかな道が続く。左手の沢向こうに

小さな社がまっつってあった。

Dsc04390 Dsc04389

ご神体はと覗いてみると・・・ 御出張。

すぐに指導標が現れる。

この指導標の右はじを見てみるとマジックで焼山と書いてある。

オモシロ!             な!             

 Dsc04380 Dsc04386

   美しい杉林。国道からすぐ、足に優しい杉の葉の

落ち葉の道が続くとは・・・贅沢な気分。緩やかなのぼりで

足に優しく、散歩に最適。

Dsc04382 Dsc04385

 

林の中をじぐざくに進んで横山沢の頭につくようだ。

Dsc04427

適当なところで引き返す。途中、花のない一人静かかな

群生していた。然し登山道といわず林の中といわずいたるところに

Dsc04426

テープが

散乱していて実に見苦しいこれは何だろう。

Dsc04393  

途中落とした、手ぬぐいが自己主張。

Dsc04398

国道筋には花の終わった玉アジサイがうつむいた装飾花に

守られるように、青い種を結んでいる。

花の少ない日本の夏。それでも国道沿いに

サルビアなんかを植えないでくれてどんなにありがたいか知れない。

此処は、日本の山郷だからな。

 

« 山野草の行方 | トップページ | 津軽鉄道金城駅 »

北丹沢山麓探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山野草の行方 | トップページ | 津軽鉄道金城駅 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ