« 花の土曜日か? | トップページ | 此処はどこ? »

2009年12月 2日 (水)

下山の日

♪・♪・♪・・・・・・プ・プ・プ・プ・・・・・♪・♪・♪・・・・プ・プ・プ・・・・

?????・・・・なんだこの音はーーー???

♪・♪・♪・・・・・プ・プ・プ・プ・プ・・・・???延々と続く・・・。

ア!!携帯か!!なんだ!!非常事態か!!ライダーの携帯は

電池切れ!ということは心ちゃんだ!急病発生の知らせか!?!

「心ちゃん心ちゃん携帯確認、何かあるよ」「うーん?目覚まし!」

「もう30分も鳴っているよ」「うん・・・・」

ご本人はびくともしない。こっちはすっかり吃驚気分。仕方ない!!

起きるか!。時計を見たら5時前。まず炊飯器にスイッチを入れ、

ストーブに火を入れる。コタツにごろ寝のトンボが眠たそうな目を

2009110317580000

あける。もっと寝てればいいのに・・・くたびれているのになぁ・・・。

コタツで風邪を引かなかったかと気になる。

やおら起きてきた心ちゃんが味噌汁のなべに火を入れる。

嬌声、嘔吐のグループは4時台にザワザワと出発していったのが

聞こえていた。6時出発の登山者1名。

「ナンダ弁当頼まなくとも朝ごはん食べていけたな~」と残念そうに

出発。皆6時には出発できた。登山者が

「手紙置いてありますよ!」と紙切れを持ってドッ、ドッと降りてくる

「ヘー!感心!お詫びの手紙だ!」小さなノート一枚を破い

て几帳面な字で連絡先と詫び文を書いてある。

「えらい!」と思わず声が出る。「誰が責任者だ!」と

怒鳴ったライダーに、すぐそこに待ち構えていたように中二階か

ら間髪おかずに駆け下りてきた。そしてそんな物でふき取れる

わけ無いだろうと思うような小さい白いハンカチか布切れか紙か

夜目に定かでない物でせっせと嘔吐を拭くが、みていていじらしい。

ビールの箱を半分に切ってその上に大きいビニールをかけて

「これで無きゃぁ駄目」とやる。本人が持っている小さなビニール

袋は」は嘔吐物が入って苦し紛れにのたうつから、

もみしだかれ、ぐちゃぐちゃに成って内容物は溢れ、四面に飛び、

カーッペットはヘドロだらけ、この黒い寝袋の中の一見マグロの

ようなにみえる生物体を戸外に引きずり出したい気分だった。

そういう記憶を残し、台風一過のごとく彼らは旅立っていった。

ライダーも

「県はこのウンコ紙背負いおろす袋はよこしていないの」

とがさがさビニール袋を3枚探し、それにギュウーとつめ・・

キクーーー!!一週間ブンノカオリー!

「リュックの中に入れないほうがいいよ」と心ちゃんが紐を出す。

其れをリュックにくくりつけ

「もう一晩いてよ!」という小屋番のねがいを

「ナーニガ寂しいだ!この意気地なし!登山者がいるジャン!

ライダーは6日も一人だぞ、暇な山小屋で静かに物思いに

耽るどころかダイアモンド富士の撮影から始まり、遭難騒ぎで

夜中の10時からお回りのお食事つくり、掃除三昧に、

へど掃除。ピポピポ携帯で起こされて

これ以上こんな騒がしい山小屋にいたらライダーといえども

死んでしまうわい」と内心ぶつくさとつぶやきつつ

「じゃあ又山で会おうねーーー」と小屋を後にする。

Img_0196

振り返れば、相変わらず飄々たる、心ちゃん、タレントもどきの

美男のトンボ、その表情に漂う10年の歴史と重みに、今を耐え

瀬戸際をふんばるトンボ。

常連さんの前で、われらの前でつらさを隠し仲間と集うことが、

皆に尽くし喜ばれることが、エネルギーの再生だったろうが、

足の痛さ苦しさを、行きずりの登山者にまでは誤魔化せなかった。

壁に耳あり・・・ということ。

これからはもう少し気楽な山小屋経営にしよう。

相変わらず、ノターリノターリと下山。躑躅コースは春かと思う

人の行列。

「おっ!いいものをもってるな!」と声かける登山者・・・どきっ!!

ウンコカミ、リュックからブラブラ、まさかこのこと分かるのか???

マサカ、マサカ・・延々と悩む?????????。何のことだー。

Img_0140 

そうかーーーこの尻革かー!ようやっと気付く。

この尻革皆うらやましがる。人気者?

山は上半分冬枯れ。下は極楽。落ち葉の黄色い絨毯、赤い絨毯。

暖めれば、2三枚ぐらい撮れるかも知れないという登山者からの

情報知識を頼りにカメラにホカロンヲ貼り付けてみる。さすがに

徹底的にあがったらしい。車にエンジンをかけ、此処でほっとし、

この絶景を記憶にとどめて絨毯を蹴散らしもみじの傘をくぐりながら、

林道をまい進し、便利でつまらない下界にたどり着いた。

写真を挿入編集に3週間掛かった。お粗末でした。

« 花の土曜日か? | トップページ | 此処はどこ? »

丹沢山塊桧洞丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花の土曜日か? | トップページ | 此処はどこ? »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ