« 下山の日 | トップページ | ブナ林の惨状 »

2009年12月 4日 (金)

此処はどこ?

  世の中、捨てた物ではない

身近なところに、こんな別世界があるとは知らなかった。

このたたずまいはまるで石棚山稜の雛形といっても過言

ではない。

Img_0080_4   

 木漏れ日の山道 ひたすらなだらか

道を覆う落ち葉ふみ

 柔らかなあぜ道を行くが如し

 

 父、母の手のひらのように

      何事かをただ受けいれる

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_0087

アキノヒノ木漏れ日がちらちら・・・。

Img_0086

此処も馬の背、奇跡の道・・・。

   

 

Img_0083

適度の勾配と曲がり・・・。

足裏に伝わる土の柔らかさ、今この感触で歩ける身近な

山道があるだろうか・・・?

Img_0100

馬の背とはまさにこのこと。幅50センチか?。

こんなところを大勢が、ズダズダ歩けば

たちまち崩れる不安が出る。

此処がどこだか誰にも言うまい・・・!!

Img_0089

涼しい怖い杉林。よく手入れされている。

Dsc04332

山はくっきりと雑木と杉に分かれる。

2009102915250000

途中であった山仕事の男性、「この山は県が買って

山の手入れをしてくれるということだよ、20年の

期限だと、地主はいくらか金を貰ったらしいよ」

と語る。

「えーーー!!県もいい事やってくれるじゃん」

「ありがたや、ありがたや、ひたすらありがたや」

これを価値あると思ってくれる人がお上にも

いたなんて、

世の中捨てたもんじゃあない。

ただありがたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 下山の日 | トップページ | ブナ林の惨状 »

予想外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 此処はどこ?:

« 下山の日 | トップページ | ブナ林の惨状 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ