« ホームページ記事の下調べ | トップページ | これもまぁまぁの出来 »

2009年12月23日 (水)

まあまあの出来

20096_053

これは次々枯れていく仲間の中で珍しく育ってきた花。

今年は異常な大輪に成って枯れてゆくのではないかと思ったら

まぁまぁ、結構な球根に成っていた・

20096_114

これは親のほうが小球でこの方が大きい子を作っていた。

20096_192

暴れる花!どの花がお前なのか?と聞いてみたい。

20096_119

上の写真と下の写真は同じ花。光線の加減、露出の加減で

別のような花に見える。このグラデーションの美しさを伝えるのは

写真では無理。

20096_229

下の写真は兜咲き、かぶとが大きくて花にかぶって開かない

という人がいるが、肥培のし過ぎと湿度の不足ではないでしょうか。

20096_193

20096_284

確かに桃色というには濃い色ではあるが、満開に成ってしばら

くしないと、淵に濃い桃色が出てこない。

きれいにはきれいだが 値段ほどの花か???と思うね。

20096_303

この花を増やすのに何年も掛かった。こういう花好きな人は

変わり者。

200972_067

    此花は大輪になるけれども、あまり肥培しないでこのぐらいで

咲かせたほうが美しい。

解説終わり。

« ホームページ記事の下調べ | トップページ | これもまぁまぁの出来 »

秋球の成果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームページ記事の下調べ | トップページ | これもまぁまぁの出来 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ