« まあまあの出来 | トップページ | 七沢に行こう »

2009年12月24日 (木)

これもまぁまぁの出来

去年今年、その前と、此花は写真で何度撮っても、この咲き分け

はくっきりと撮れない。小花だが色が濃くて実に美しい。

200972_056

まだら斑の咲き分け。これは毎年良く増えるほう。

早々売れていった。

Dsc01263

自慢の紫斑紋。大輪でそらないのが売り。

Dsc01233

菊葉にしては良く増える、働き者、側葉がでて心配したが

去年も今年も、お元気でした。

この写真は咲き上った最後の花びら。そのうち全体図の写真を

編集します。見つからないのですよ。写真が。

当園符丁は陽明門。

Dsc01269

仁王系大輪子宝。子宝の中で一番大きく豪快。

これは大きい球根に成っていました。

Dsc01252

やや小花。それだけにきりっとして、型崩れなく美しいですねーー。

距の短さは安房が入っているんでしょうねー。

20096_290

花の解説終わり。

« まあまあの出来 | トップページ | 七沢に行こう »

秋球の成果」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まあまあの出来 | トップページ | 七沢に行こう »

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ