« 年末の青ケ岳山荘 | トップページ | 新年のリサイクル »

2009年12月31日 (木)

黒部から青山そして

黒部に行くには扇沢から入るのはこちら側の住民としては一般的。

だから、富山側を知らない。ツアーでもないのにぐるっと回るという

のは、おお事である。長い間あこがれていたトロッコ電車。パソコン

2009102213260000で検索し、電話をかけ、

天気予報を調べ、このときか!と出かけて、

さてあまりにも急なことにて、宿が取れない。例によって、ドタバタ

喜劇的旅の始まりである。なにがといえばまず一番の問題はデジ

タルカメラの故障だった。称名の滝はアウト!Dsc04525

滝に向かうこの景色だけが残っていた。

携帯電話のお出ましで、かろうじて、欅平祖母谷温泉の映像は

ゲット!

2009102216460001

テレビで見る川原から上がる湯煙。川原を掘ればどこでも温泉

川の水と温泉を調合し個人風呂の作成!

いかにもロマンチックな!?設定???!

取るものとりあえず目の前の川原にお出まし、いざ!と場所の

物色すれど、これははっきり言って川原地獄。とてもマイ風呂

の作成には程遠い。川原から帰ってくる二人ずれに

「どうでした?」ときくと

「アツウテ、アツウテ!・・・」という返事

関西人らしい。そのとおりだった。ここは大丈夫だろうと水の流れに

足を入れると、突然やかんの口から沸騰した湯気が噴出して来ると

いう奇襲攻撃にあって早々退散。

問題は、同宿した登山者が、奇しくも山と渓谷社特集連載の

山小屋365日を手にしていた。祖母谷の温泉小屋の女将さんが

買ってきたばかりという。ありえないほどの賑やかな夕餉と成る。

天衣無縫というべき彼女は、別れの朝トンネルに入る私の背に大

きな声を張り上げた。振り返ると、山荘の前で2人手を振っている。

その景色が、きっと生涯忘れられないか知れない。

早速彼女からのお誘いがあり、青山の銀杏が見たいというとそこに

いこうと、これも前の日に決まる。

Img_0155

道を間違えて、戻る途中の石垣に、岩タバコの庭植えはこういう石

組みの形で・・・。と東京ど真ん中で講習会の始まりとなる。

八ヶ岳に別荘を構て私の庭の庭作りを手伝ってーー。と懇願する

彼女の引力が強いか丹沢の魅力が勝るか・・・?

黒部から青山、そして八ヶ岳か?それとも丹沢か!ドラマは延々

と続く・・・・であろう。

« 年末の青ケ岳山荘 | トップページ | 新年のリサイクル »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年末の青ケ岳山荘 | トップページ | 新年のリサイクル »

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ