« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

何これ羽蝶蘭

夜中に雨の音で目が覚めるほどの降り方だった。

そして今日の陽は正に春。

洗濯物を干し、羽蝶蘭の植え替えと言うことにする。

と・・・・何これ!

Simg_0768

ろうそくのように見える・・・・・。

何これ珍百景になるところだった。フイルムのキャップに仕舞って

おいた羽蝶蘭。大きい球根だったのでふたを閉めないで置いて

助かった。

珍しく成績よくて、皆発芽。3個に増えたんだ。

Simg_0769

そういえばこの前、検索フレーズランキングとやらに黒い球根と

言う物があった。うちの球根はクリプトモスを使うから、黒い方。

鹿沼を使うと白っぽい。赤球も黒っぽい。黒と言うより赤いと言う

ほうだろうか。赤かろうが黒かろうが元気に発芽してそだっていい

はなをさかせてくれれば其れで良い。肥やしやけして黒い羽蝶蘭

もある。中には緑色の羽蝶蘭を見たことがある。固くて、しっかり

して、芽が欠けたり腐っていなければ、OK!でしょう。

この羽蝶蘭は、植え込んでも用土から芽が出る。小さいビニール

ポットをかぶせておく。いつ霜が来るか分からないから、用心。

早く咲かせて人より早く花を見ようなんて思うと遅霜に合ってひど

い目にあう。用心しよう。

Simg_0765

外では姫柳が芽吹き、

チラット残雪の山は湯気を立ててもやもや・・・・。

大室ももやもや・・・。ついさっきまで真綿をかぶっていた。

何これ春の兆し。

2月にこんなに雨が降るなんて・・・?今日はうんと冷えると誰が

言った?何これ天気予報!?。まるで5月ジャン!。

大雪大雨の2月も今日で終わり。アーーー大変な2月だった。

2010年2月25日 (木)

HPお待たせしました

ホームページは1月にできて居りましたが、登録していませんでした。

点検に暇掛けました。明日あたり決まりかと。

URLはかえってきてから表示します。内ちうちで眺めて笑っていました。

つつじが咲くが、→割くに成っている。(笑)

講師いわく、突込みをされたらどう対応しますか!!超一流と思います。

今日はこれから三郷です。

では。と言うわけで

帰ってきたのが、1時半。電車の中の正真正銘本人です。Simg_0747

誰もいないから自分で撮って遊んでました。

今日のホームページの登録は、アクシデントでパー!

Simg_0748

コンナンが出来ておるんじゃぁ!!。

検索数が100から200超えるといるも見られるページがプロフィール

ページ。誰が書いているかを気にしないで、何を書いているかに着

目してくだされ。

と言いつつ、ご期待に応えて、回りくどい、プロフィールページでし

たかな。人相も、URLは読めないでしょう。其れが狙いか?。少々

お待ちを・・。こんなことをして延々と遊んでいます。済みません。

と言うようなわけで、青ケ岳山荘URLのブログ記事に載せております。

そちらを見てください。

2010年2月24日 (水)

里の野生動物

暖かい昨日今日、この日に限ると確定申告に行った帰りの太陽

なにこれ!こんなの見たことない!

Simg_0719

きっと光線の加減だろうが異常な暑さのなせる業だろうか。

写真撮影に小道に入ると、目の前を横切る・・・・・・・・猿!!

Simg_0722

特別あわてる風でもない。????。

藪椿の?木の前で、地面をつついている。太陽はわれらの頭の

上をすでに通り過ぎて、沈まんとしている。

猿も去った。振り返ると小道の向こうの 家に人影が見える。

「コンニチハー」と言うと応える。

「猿がすごいですね、今日は1頭だけれどこの前は2頭いましたよ」

「まったく悪さしてどうしようもない、しいたけを皆食っちゃった」と

夫婦で、しいたけの栽培僕がずーっと立てかけている家の庇で

木を眺めて嘆いている。そういえば今日は白い軽のワゴン車の

ボデイに日本猿〇〇と言う印刷をした車が走っていた。

この前は、中野の商店街であった女性が、猿の集団で家のベラン

ダが壊されて・・・と嘆いていた。一体どういうことになったのか。

荻野では、畑に猿の集団が来て畑が茶色になった。数えたら50

頭居た。野菜は何も作れない。生姜だけは食べない。と言う話し。

なんか変。なんか妙な動きだ。バランスが崩れているのだろ。

全てを管理するようになった人間。其れがいいのか悪いのか。

そして、その管理が出来ているのだろうか。サーッパリ分からない。

Simg_0727

そして、偉い人間様が造った、立派なバイパスの橋の恩恵にあずか

りつつ、ワカラン!?がコロナに揺れている。この橋を渡ってゆくよう

に、やがて行くべきところへきっといくのだろうな。太陽が沈むように、

そして、地球が回っているように・・・。含み笑いしているように見える

太陽の形。

2010年2月20日 (土)

山の報告

山は気温上昇で登山道はグズグズ・・・。

霧氷はぼってりタイプ。氷に雪がついた現象の一つ。

2010022014570021_3

久々の晴天で、霧氷が映える。

来週は暖かいと言う予報だが。さていかに?今日の北麓は

4月の日差し。朝晩は並。

2010年2月19日 (金)

週末登山情報

今週4日雪降る。今朝寒し。山の雪はふかそう。予測は稜線20~30

センチあたりか。久しぶりに、午後日の光。気温上昇。夕方曇り、そ

の後、黒雲の中に山頂は隠れる。雪ぱらつく。路面は白くに変わる。

と、思う間もなく下弦の月夜。変わりやすい天気。

右の大きい山が大室山。左手の低い山の向こうに重なるようにして

キレットが見える。犬越路から、桧洞丸の稜線。キレットの奥に桧洞

丸が見えるはずが暗雲の中。

明朝は、先週にも増して、別世界だろう。

アイゼン、非常食、防寒具、冬山装備で出かけよう。先週の日曜日、

当山荘に宿泊したパーティが、下山途中、軽装で滑落した登山者に

遭遇。サポートして、降りたと言う情報はいる。

この世に生きる我々は全員が主役。生きるか死ぬかの筋書きは、

自分が書く。皆それぞれ、素敵な人生を・・・・・!

羽蝶蘭の写真

ごたごたの合間に、山野草の仕事をチョコチョコ。

大阪のYさん、このたびはありがとう御座いました。

風の舞の写真を載せます。何かいかブログにのせていますが、改め

て、表示いたします。薩摩千鳥系の花で、花びらが大きく、遅咲きで

す。派手な花が多い中、暑さに向かって咲く此花は、爽やかです。残

念ながら、花弁に厚みが無く、乾燥気味のときは、はなびらが巻きま

す。もし、ご不満のときは、ご遠慮なく申してください。

Dsc01272

2010年2月15日 (月)

山小屋便り

先週末の山の写真が送られてきましたので、公開。

氷漬けの世界。

2010021407280021_2

雨と雪の合体でこんな景色が出来る。寒いだけなら雪だけ。

解けない。

Imgp00011

フリーザーの中を行くが如し。

Imgp00061

アイゼン無し、地図なしで 蛭から来た男性がいた。

無事で何より。たまたま通れたから其れが当たり前と思わないこと。

今日は雨。週末の山は絶対アイゼンが必要と思ってください。

警告を発します。下りはつかまろうとする木の幹、枝、全て凍って

つるつる。厳重注意です。

消灯時間

せっかく体制変更と宣伝していただいていることで、この際ありがたく

外の小屋並に消灯時間を8時30分に設定し、ホームページには利用

規約として盛り込んだ。

13日の土曜日は、珍しく26人の宿泊者で賑わい、小屋の中は、見知

らぬ同士が友達に早代わり、和気藹々と楽しく、消灯は10時になった

。必死に続く、事情報告・・・・。

Img_0040

片や規約を守りたい小屋番がおかんむり。さもありなん。

11月のときは、早発ちの登山者が、9時を合図にお休みどころの中

二階から、いつまでも酒飲んでしゃべっている、われらに対し、

「コーン・コーン・コーン・・・・・」と床を叩いてウルサイ!の合図。

「ほら!(消灯時間過ぎている)と合図しているぞ」と目配せしてきり

上げる。コーン・コーン・は9時15分と2回あった。

然しこの日は、アルコール中毒の騒ぎで、大変でもあった。

したがって過剰な酒の持ち込みも禁止にした。

酒飲んで及ぶ迷惑行為は、消灯時間よりも迷惑。

「ホームページを見ると、酒のビンが、毎週出ていますが私たちが

泊まれる小屋ですか」

という問い合わせが来たときはガックリ・・・・・。

外の小屋はどうしているのかなーとしみじみ思う。

「どこだってあるさ、だから此処だって小屋番変わる」とオヤジ。

フーンソンなもんかね。

何としても小さい小屋だからな。

でも、登山者全員、気があって、コーンコーン・・・がなくて何より。

2食付をやめて雪の土曜日、猛者しか入らぬ小屋だったからか。

そういえば、黒部の祖母谷温泉に泊まったときも、早寝、早起

きの登山者が、外に出て、薄暗い野外卓にすわり、、じっと暇を

つぶしているのには、驚いた。彼が起きたのは、4時だった。

2009102308400000

カメラが壊れて・・・惨め。

2009102216460001

テレビでおなじみ温泉吹き出る川原沿いに山荘があった。

大きい小屋で、個室もあった。

遅くまで騒ぐ声は聞こえなかった。ちょっとうらやましいかなー。

水は豊富だし・・・・。温泉はあるし・・・・・。

里山の小屋にも、稜線小屋にも山には、山の規約がある。

その場、その場でかかわる人との礼節。アーーーー、頭イタ・

・・・。我輩が一番お粗末・・・か・・。

どこかでソウダがこだまする。ヤッホッホー!。

そうそう、山は樹の枝にガラス状に氷がついて、その上に霧

氷がつたという珍しい景色だったそうです。

ガラスが火の光に解けて散るときは痛いですよ。気をつけないと

怪我をします。帽子をかぶり、首をすぼめて歩きましょう。

これが発達したら海老の尻尾。これよりすごかったでしょう。

2010年2月14日 (日)

個人向け羽蝶蘭の写真

41番

Dsc02314

9番

Dsc01250

15番

20096_321

39番 中の虹

20096_303

1番 桃聖

20096_108

あれこれはリストに載せてないか。桃源の雨かな?

20096_109

31番

20096_119

11番 巨大輪花名品の紫泉と比べてください。豪快です。

20096_111

これは、ひどく作で変わる花で現在お勧めしていない。写真に載せて

しまいましたが、リストにはなし。

20096_055

8番 陽呼

20096_105

8番 暴れて変わってこういう花は写真では買わないほうがいい。

20096_190

29番 ご存知 桧紅増えました。

20096_115

   

28番 幼桃 

朱花と言えるかどうか?後乗りで赤い複りんは出ます。

一番下の花びら参照。

20096_219

以上です。大阪の Y さん虹形の優しい花が好みでおいでです。

当園もそういう傾向ですが、又よろしくお願いします。

リストと照らし合わせてご覧ください。遅くなりましてまことに済みませんでした。

2010年2月13日 (土)

リアルタイムで

  朝起きたら、目の前の木が霧氷。

天気予報はずれ。夕べ12時に外を見たら大体次の日が晴天ならば

星が出るものを、真っ暗で、もやっとして湿っている。????

さて林道はどのくらい雪があるか。

Simg_0667_2

出かけてみると、雪で折れた竹が、しだれている。

遠くの山は美しいー!!。

霧氷なりかけ。

Simg_0673_2

林道は真っ黒。雪無し。所々ある。

行くほどの山の白さ際立ち。

Simg_0675_2

エビラ沢に来ると、いきなり林道はくまなく真っ白け。アンチロック

ブレーキが、ガガガガ!車4台と会う。

Simg_0676_2

スノーも減っているタイヤだし此処で帰る。

山の雪は、予想外に少なし。30センチの報告。手ごろな雪だ。

解けたんだな。

ただいま、11時30分

昨夜のような空模様。明朝、陽に光る霧氷は拝めるか!?。

請け負わない。

この写真以上の霧氷にあえる事だけは請け負う。

2010年2月12日 (金)

青根発お天気情報

夕方から夜。ただいまこんな。

Simg_0646

里山の風情。くもを通して薄日に光る霧氷。

そして夕方。

この空は、低い雲がたれたまま夜を迎えた。相模原市街は雨。

青根からの林道筋は雪無し。奥は不明。ちょっと偵察。

寒さは厳しく、現在、細雪もとまっている。夕方には止んだ。

早朝、山で迎える日の出はまれに見る別世界か!

Simg_0652

桧洞丸の霧氷をしのびつつ山道2往復。綺麗でしたぞーーー!

アイゼン必ず携帯。今週は、暖かい日でめきめき雪もとけたので

プラマイ、ゼロか?雨、雪の降り方が弱かったことは事実です。

風はなし。以上青根発お天気情報でした。

2010年2月 7日 (日)

山小屋便り

西丹沢自然教室から青ケ岳山荘号で入って行きましたが、東沢林道分岐手前の吹きだまりまでしか行けず、
坪足で林道をてくてく歩いて、東沢林道尾根に取り付いたのは13時でした。
雪の中を、もがくように、つつじ新道の尾根まで出て、展望台ベンチで、アイゼンを付け、再びてくてく…。
上のベンチより、風がかなり厳しく地吹雪状態で、顔が痛かったです。

Mail1

はじめのうちはスイスイ・・・!

2010020611400001

そのうち吹き溜まりにはまって、ギーギー・・ブーブー。

以上。

2010年2月 3日 (水)

又雪が降った

これで落ち着くかと思いましたら

またふりました。舗装道路は雪はきしてありますが、車も、スノー

タイヤが必要かと。西丹沢の情報です。Simg_0592

山の上は40センチと言うことで、さらに其れから降ったので、

少し増えているでしょう。

羽蝶蘭繰り返し表示

2008年12月15日 (月)

秋玉の増えたもの

秋玉ご注文のお客様に写真送れませんでしたので、上記の題名の↑

と言う記事を再生します。

 Dsc02411    

1番鉢姫

Dsc01385

2番七瀬の御旗

Dsc00206_2

3番荒瀬の駒鳥

Dsc00134

4番狂詩曲

Dsc01237

5番紅白殿

Dsc01242

6番はべりびと

Dsc00261_3

7番二重奏

Dsc02406

8番五月の乙女

Dsc01069_4

9番紅白玉牡丹

Dsc02113

10番白雪姫

Dsc02256

10番の1咲分けた姿

Dsc01159_2

11番輪黄山

Dsc01233

12番大銀河

  Dsc00147_2                                             

13番貴婦人

  Dsc02293         

  14番陽明門 Dsc02425

15番思いのまま

Dsc02080

16番大粒    

Dsc01300

17番若宮

Dsc01322

18番酒山

Dsc00361

19番鹿鳴館Dsc02206 

20番厚姫

Dsc02241

21番戴冠式

Dsc02285

22番桧紅

Dsc02341

23番白滝

Dsc02105

24番吉光虹

Dsc02384

25番大地

Dsc02367

26満山の獅子

  Dsc02131

27番 緋鯉

Dsc02400

28番下弦の月

これは増えず。

予約あったのに

残念。

10まで咲分け

と言う記事を丁度一年前に出してます。去年暮れから又仕事が

ひとつ増えてあらたに更新できませんでした。多少違うことはあ

りますが、代わり映えのしない羽蝶蘭屋です。あきだまご注文の

御客さんに写真を送付できませんでした。遡って、写真を見てく

ださい。コピーして貼り付けて、出来ないかと思ったら出来ました。

だんだん手抜きを覚えてきます。

2010年2月 2日 (火)

今朝の雪

 

こんなでした。雪は湿っていて、縮んでいますが20センチは超えてい

ます。これは青根の事務所からですから、山は3倍は見ておいてい

いでしょう。昔は雪が降ると、猛者が挙って山に出かけましたが、今

は下界で車をぶつけて遊んでいます????。どちらも命がけです。

これは関東の大雪と掛けて何と解く?と言うなぞなぞを先日、聞き

ました。

Simg_0590

山に行く猛者は青ケ岳山荘事務所発お天気情報を参考までに。

*

*

*

2010年2月 1日 (月)

北麓の雪

夕方から大雪になりました。現在のところ15センチ。

丹沢北麓の青根の雪です。湿っています。

重い雪は木の枝を折る。春の雪の重さです。

 

まるで、シロヤシオの花の満開みたいです。

まだ降っていますから、さて明朝までどのくらい積雪を伸ばすか。

丹沢も赤剥けの山になって冬季の乾燥で土が飛んでいると言う。

そんな話を小屋番から聞くと情けない。

禿山に帽子をかぶせるように雪が降って嬉しい。だが、

山に行くのに苦労するのは、つらい。どっちに転んでも人の考えは

我侭。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ