« 個人向け羽蝶蘭の写真 | トップページ | 山小屋便り »

2010年2月15日 (月)

消灯時間

せっかく体制変更と宣伝していただいていることで、この際ありがたく

外の小屋並に消灯時間を8時30分に設定し、ホームページには利用

規約として盛り込んだ。

13日の土曜日は、珍しく26人の宿泊者で賑わい、小屋の中は、見知

らぬ同士が友達に早代わり、和気藹々と楽しく、消灯は10時になった

。必死に続く、事情報告・・・・。

Img_0040

片や規約を守りたい小屋番がおかんむり。さもありなん。

11月のときは、早発ちの登山者が、9時を合図にお休みどころの中

二階から、いつまでも酒飲んでしゃべっている、われらに対し、

「コーン・コーン・コーン・・・・・」と床を叩いてウルサイ!の合図。

「ほら!(消灯時間過ぎている)と合図しているぞ」と目配せしてきり

上げる。コーン・コーン・は9時15分と2回あった。

然しこの日は、アルコール中毒の騒ぎで、大変でもあった。

したがって過剰な酒の持ち込みも禁止にした。

酒飲んで及ぶ迷惑行為は、消灯時間よりも迷惑。

「ホームページを見ると、酒のビンが、毎週出ていますが私たちが

泊まれる小屋ですか」

という問い合わせが来たときはガックリ・・・・・。

外の小屋はどうしているのかなーとしみじみ思う。

「どこだってあるさ、だから此処だって小屋番変わる」とオヤジ。

フーンソンなもんかね。

何としても小さい小屋だからな。

でも、登山者全員、気があって、コーンコーン・・・がなくて何より。

2食付をやめて雪の土曜日、猛者しか入らぬ小屋だったからか。

そういえば、黒部の祖母谷温泉に泊まったときも、早寝、早起

きの登山者が、外に出て、薄暗い野外卓にすわり、、じっと暇を

つぶしているのには、驚いた。彼が起きたのは、4時だった。

2009102308400000

カメラが壊れて・・・惨め。

2009102216460001

テレビでおなじみ温泉吹き出る川原沿いに山荘があった。

大きい小屋で、個室もあった。

遅くまで騒ぐ声は聞こえなかった。ちょっとうらやましいかなー。

水は豊富だし・・・・。温泉はあるし・・・・・。

里山の小屋にも、稜線小屋にも山には、山の規約がある。

その場、その場でかかわる人との礼節。アーーーー、頭イタ・

・・・。我輩が一番お粗末・・・か・・。

どこかでソウダがこだまする。ヤッホッホー!。

そうそう、山は樹の枝にガラス状に氷がついて、その上に霧

氷がつたという珍しい景色だったそうです。

ガラスが火の光に解けて散るときは痛いですよ。気をつけないと

怪我をします。帽子をかぶり、首をすぼめて歩きましょう。

これが発達したら海老の尻尾。これよりすごかったでしょう。

« 個人向け羽蝶蘭の写真 | トップページ | 山小屋便り »

小屋番便り」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ