« バスが! | トップページ | 岩付き岩タバコ① »

2010年3月27日 (土)

ふくろうが・・・。

更新がてら、ホームページの点検。

瑞鳥庵のホームページをクリック。

http://homepage2.nifty.com/zuityouan/index.html

流れる音楽と、カーソルを追いかけてくるフクロウ。そのフクロウが

可愛くて、ひとしきり遊ぶ。こういうシステムもあるんですねー。

こちらは、音が嫌いです。パソコンの音楽は夜しーんとした部屋で、

いきなり鳴り出す音に、いつもドキッとして、むっとする。即、×。

然し、この瑞鳥庵の音楽は・・・・・静か。可愛いフクロウを見ている

と、今は亡き我が家のクマちゃんを思い出す。捨てられて、旧お回

りさんが、犬好きで、保険所にやるにしのびず、押し付けた・・・・・。

こうやって戸をあけるんだよと手を持って戸をあけて見せたらそれ

以降、戸の桟に手をかけてガラガラ開けて中に入るようになってし

まった。困ったと思っても後の祭り。この写真は亡くなる何年か前、

体が弱って、寒いのか、人恋しいのか家の中にばかり入りたがっ

た。

「あれ!やっぱりいた!入っちゃあ駄目?お願い」みたいな表情。

この頃は、まだ忙しく、泥まみれに成って毎日暗くなるまで働き、

へとへとに成って家に向かうとき、(アーこれから帰ってまだ犬の

世話があるんだ、いやだなー)とおもい、家に着くと、むしゃぶり

ついて喜ぶ二匹に、嫌だなーは一瞬のうちに消し飛んで、つい世

話をした。いつもおんなじ繰り返し・・・・・。散歩はいつも夜。近く

の森で、啼くふくろう・・。

「クマちゃんクマちゃん早く帰ろう、ふくろうにさらわれちゃうよ」

どのくらい経つだろう。亡くなって、9年か・・・な。思い出すと泣け

る。親に泣けることは泣くとも、この犬と、ホンダアコードハッチ

バックと、桧洞丸の大木の死に行く姿に泣ける。何故だろう?・・

・・・・・・・・しばし考える・・・・・・・・・・・・そうだな・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それだけ、つらい時を支えてくれたものだからだろうな・・・・・・・・・

・・・・・・・・密着性だろうな・・・・騒音の嫌いな当方を守ったあの

車のエンジン音。地面に張り付いて沈むかと思う直進性・・・・・・!

人が人に語る言葉は無かったが、感じさせる力が彼らにはある。

つまり訴えるパワーがある。極限状態に行かなければ感じられな

いものかもしれないが。あの時に傍にいたもの・・・・・・・

ふと思った、この車、この犬に出会ったと。

この広い世界で、全てのものに出会うことはない、然し、この

犬に出会った。と思わしめた。夏の夜、乾いた土の上に寝そべ

り、パタパタと地面を叩いて、土埃を舞い上げる尾。その体をさ

すれば、ドッ、ドッと波打つ鼓動が伝わる・・。共にほっとする時間

・・・生きているんだよな、と夜空に瞬く星を見上げて思った。この

広い世界に、全てのものと出会うことはない、でもこの犬に出会っ

たと、幾たびもそう思った。

見上げる星の数は数え切れないが、頭上に広がって果てしない。

然し其れとて一握り、見ぬ世界は計り知れない・・・・・・・・・・・そし

て、あの山の樹にも再び、今、出会った。共にありがとうといえる

か・・・・・・・共に。

067_2

« バスが! | トップページ | 岩付き岩タバコ① »

青ケ岳山荘ホームページから」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ