« 桧洞丸から犬越路の稜線 | トップページ | 早いもんです »

2010年3月19日 (金)

青根発北麓天気

今日は、3月19日。花の?金曜日。連休の前日。さて天気は?。

青根の現在の天気で言えば雲あり、陽ざしあり。気温早朝、つま

り6時ごろ5℃。現在9時、外気温7℃

肌当りは春のイメージ。風無くやわらかし。

山は、昨日の情報では山頂付近の雪固く、圧縮された雪が、10

センチ。

登山道が苗代状態でないことは、今日の気温で分かる。1600M

付近になると、平地つまり、北麓のこの地から計算して10℃。下

がる。山頂の今朝はマイナス5℃と言うことです。登山道は引き

締まっているでしょう。用心してアイゼンは持っていったほうがい

いでしょう。最後の霧氷になるかどうか、いい景色にお目にかかれ

る予感。

気温が高くなってできる霧氷は,HPトップページの霧氷です。さて?。

日曜日の崩れがどう響くかですね。

パソコンでお天気情報を検索して、当たりをつけて、気温

情報から10℃強を引く、そういう予報を、自分なりに把握すると言

うことでしょうね。ひどく外れることがありますが、マ!所詮予報です。

事実が在って、科学は後から追っかけてくると言う、実情をまだ

この世は突破してはいません。

鶯が鳴いています。鶯は、科学が創った物ではありませんね~。

山も地球も誰が作ったんでしょう~~

然し鶯の声は遠くまで響きますねー。い~~~声。この音階は何故

あるか、ここで科学の出番です。科学さん、頑張ってーー!。

では皆さん、山の支度をしてください。行くかいかぬかあなたの責任

において決断してください。幸運を祈っています。小屋番は入ります。

日曜日は終日いますので、手挽きのコーヒー豆の香りを味わってく

だい。浩宮殿下に好評だった、ブルーマウンテンは、豆屋サンが廃

業であの頃のうまさをしのぶ由もありませんが、当然単価も落してま

す。沸騰点が85℃という1600メートルの利点を利用して淹れるか

らうまい山のコーヒーです。連休ですからお寄りください。

小さいソーラ電球がビシバシ増えていそうです。科学ですねー。では

夕方、面白い写真でも表示できるとよいのですが、確約はしません。

アー、それから、青ケ岳山荘の検索は、グーグルで引くと一発でトッ

プに出ます。自分で吃驚しました。

丹沢山塊桧洞丸青ケ岳山荘です。トップページと同じです。

省略しないでください。

国定公園まで入れなかったのがせめてもの省略、丹沢はどのやま

も丹沢山塊の中のそれぞれのピークなのです。

丹沢山塊の中の丹沢山であり、丹沢山塊の中の蛭ガ岳、そして

桧洞丸です。記憶にとどめて置いてください。

検索フレーズランキングによく出ますが、無駄のようです。最終的

ヒントとしては関係検索でうちょうらん花き温室ブログで引くと出

てきます。

ウェブサイト全体

  1. 丹沢山塊桧洞丸 青ケ岳山荘

    桧洞丸(1601m)は丹沢山塊(国定公園)の北西に位置し、稜線上から見える富士山の迫力は素晴らしく、春には神奈川花の100選にも選ばれたシロヤシオツツジ、ミツバツツジの群落は日本一と言われます。 主脈から外れた桧洞丸と大室 ...

    www2.tbb.t-com.ne.jp/aogatake/index.html

だそうです。

ヒントと言えば、花き温室をリンク設定にしてと言うことを

言ってくださった方が居りました。然し、他人のブログを見て、その

無責任な発言を見て不愉快この上ないものがある。事情把握も出

来ていないのに憂さ晴らし的発言、どういう責任を取れるというの

か!。

ホットラインセンターに言う前に近くのお回りに聞いてみるか!?

また自分のブログといえばため口、口語体。せめてホームページぐ

らいは文語体で決めたい。ページの移動は完璧です!。其れが教室

をやめるときのお墨付きだった。とりもなおさず其れはこの教室の実

力です。それ以上は生徒の頭の問題で・・・・駄目!?。・・・デスマス

の統一、句読点の適正。送りカナの適正、つまり文章力の問題。

我々は今、窮屈な、目上の人に手紙を書くという日常からかけ離れ

すぎている。良し悪しは置いておいても、我々一般の人間は言葉を

解して重大な、仕事や生活交流を持っている。其処に着目すると、

適正な文語体の必要性が大きくクローズアップされてくる。口語体に

しても然り、乱れまくった、言わなくたって分かるだろう!?的、省略

発言。沈黙。無視。

はっきり言う!。これで失敗したんだ!。

・・・・・・・・・・・・・・・・もしもし・・・・・・・・・・・・・・どこに行くの?。

はい。文語体、口語体、コミニュケーションのはなしです。終わり。

本日も、自給自足的爆笑で終わり。

吉本興業さんーーーやとってー。

« 桧洞丸から犬越路の稜線 | トップページ | 早いもんです »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ