« 万葉集の植物 | トップページ | 気にも止まらぬ花がいい »

2010年4月28日 (水)

小岩桜

ピースのキミが荷上げから帰ってきて、

「樹が凄く折れてました。大木もまるで裂けるように折れて、凄か

ったです。犬越路の間も凄かったです。帰る時に男の人が登っ

てきて、小さな桜草のような花が咲いていて、葉っぱが丸いので

普通の桜草では無いですよねと話したんです。その人は、とられ

なければいいですね、と言っていきました」

S_031

エ・エ・エ・エーーー!!そんなことをいってくれる登山者が居た

んだーーー!。ほんとかよーーー。この話を聞いただけで、あ

りがたくて、心は土下座モン。山の植物は正直なところ難しい。採

って里にもって行っても、環境が違ってあらかた活着しない。こ

の花ばかりは取り上げたくない。話が出来ないわけではないが、

万が一、育ててみようという気にならないで貰いたい。、山におい

てもらいたい、絶滅しないでいる理由は、これも語りたくないが、こ

の花の、ある性質に有るからだろう。箱根にも自生しているのだろ

うか、その近辺で栽培している人がいるらしい。涼しいから、できる

話かもしれない。山野草の庭造りが念願の、ピースのキミに、

「これ簡単!モー然と増える!」と語れない。種を撒いたことが無

い。種が入ったものを見たことが無い。

綺麗な声で、爽やかな標準語を語る、ピースのキミは、話してい

てところどころに、これをかたずけてえでんすよとか、できねえ

すよ、とかいう。ふっと笑いを誘う。その、人心を和ませようとするよ

うな思いやりが、おどけて見せるやさしさが、なんて徳の持ち主だろ

うと、長い、人嫌いに心病んでいる我輩の身に温かく沁みる。

「採られなければ良いですね」のこの話は、この語り口に似合って

忘れないだろうなーきっと・・・。車での行き帰りに

「採るなって言ったって付いている訳に行かないからこの先、種を

撒いたり、根伏せや葉ざしで増やす方法をもっと伝えてゆくのが

自分の仕事という気がする」

「そうだねー」

ピースのキミはトイレの使用済み紙を持ってきました。

「エエーーーッ???!!!」はじめは意味不明???!。

サイドポッケから使用済み紙をビニールに入れて突っ込んできた。

私でさえ3重に包んで外にぶら下げるというのに、キミは豪傑!。

心は2個目の土下座モン。

「あなたのお役に立ちたい」

こんな嫌われ者のお役にか?????!心は3個の土下座モン。

« 万葉集の植物 | トップページ | 気にも止まらぬ花がいい »

環境問題」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ