« 岩付き岩タバコ②自生地 | トップページ | 霜の被害 »

2010年4月 3日 (土)

あのふくろうかも・・・。

夕べ遅く、といっても1時5分前だった。サッシの戸を勢いよく閉める

と、オン・オン・・・と野太い野良犬と思しい声がする。???!!!

この戸の音に驚いたかのようになきつづける。

(珍しいなー犬なんて、隣の犬も死んだしこの頃は捨て犬も見ない)

と思っていると、その鳴きかたが????!!!!リズムがおかし

い。オンオン・・オオ・・・・オン。と、例のふくろうのリズムなのだ!

エーーー!随分久しぶりじゃあないの、其れにこの声、まるで、風

邪でも引いたように、声がつぶれている。と言うことは、このふくろ

うは、あのふくろうだろうか?クマがまだ元気だった頃、鳴いてい

たあのふくろう。年をとって、声がひしがれたのだろうか。あの頃は

ふくろうだということがよく分かる音色だった。ふくろうはどのくらい

生きるのだろう。鶯は4・5年のような気がする。毎年近くでなく鶯が

段々なき方が上手になり、ある年から、突然、リズムが変わる。声

の質も変わる。アー鶯も年を取って死ぬのかな・・・・。と思って、寂

しく思ったりする。

鶯も捕獲にあって、多量にどこかに運ばれていくらしい。昔、7月の

ヤタ尾根は、まるでせみ時雨のように鶯が煩いように鳴いた。今

はどうなっているのか・・?

其れにしても、このふくろうは、つがいではないのだろうか。何日か

前の、鷺のような鳥も一羽だった。ヒヨドリは必ず二羽で来る。ふく

ろうは夜行性だから、なかなか目に留まらないのかな。一度も見た

ことがない。東海自然歩道を歩いていたとき、常緑の大木の傍で、

いかにも只者でないという泣き声を聞いた。其れは小さい生まれ

たばかりの赤ん坊のような、ギャ~というな鳴き声で、木の上から

聞こえた。ひと気もなく、不気味で探検をあきらめた。鳥のことは少

しも詳しくないが、魚・鳥・はどきどきする。特に魚は、泳いでいる

姿を見ると、異次元の世界を感じる。どうして水の中で何時間も居

れるか、金槌の身としては神のなせる技の理解に苦しむ。鳥もそう

、本当に理解に苦しむ。何故人間も飛ぶ様に造らなかったのか。

そしたら、どう!とりあえずは山に登っても、沢筋の源頭から一気

に、林道めがけて、大滑空だ!。東沢の大崩落の頭に立って、下

を見ると、転げ落ちないで、此処を飛び降りることは出来ない物か

と、考えるのは我輩ばかりだろうか・・・・?

« 岩付き岩タバコ②自生地 | トップページ | 霜の被害 »

時は巡り」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ