« あのふくろうかも・・・。 | トップページ | 物好きなのか »

2010年4月 4日 (日)

霜の被害

忙しかったこともあるが、まさかと言う甘えがこの天候に太刀打ち

できなかった。加温しているわけではないが、ガラス室の中は、晴

天であれば温度上昇がある。何の都合か、うちょうらんが早々と発

芽する。羽蝶蘭にも人にも個性がある。

Simg_0776

伸びてきた物に霜よけに。

Simg_0777

これは助かったわけ。今はこの鉢の穴から葉が飛び出してくる

まで育った。

はじめは、菜をゆでたように、みょうに色の濃い緑になる。凍って

しまった証拠。凍ってすぐはまだ濃いグリーンで居る。そして2日も

経つとこんな風に真っ黒になる。

伸びた物も同じところにおいて分かれる。水をやっているわけでな

い、其処が、人知及ばぬところ。

昔、やっぱり、2月の高温で伸びた羽蝶蘭にに3月の氷点下が見

舞って、御殿場あたりでは、総なめと言うほど羽蝶蘭を腐らせて

大騒ぎのことがあった。ガラス室の中でこれだけ凍るということは

氷点下、5℃になったかもしれない。正確なことはわからない。

まだ目がでていない物が、多いので、大丈夫そうだが他の人たち

が気になる。彼岸を過ぎると皆植え込みはするから、水はかけな

いながらも、棚に並べていると思う。

この前のテレビの報道を聞いていると、今までのノウハウが通用

しない時代に成ってきた、と農家が言っているという。30年も35

年も前から、温暖化が懸念されていたし、学者がそれぞれ地球

の危機は、細菌だ、いや温暖化だ、(排気ガスによる温室効果だ

、いや、温室効果による太陽熱遮断の冷化現象だ)いや、隕石だ。

宇宙規模だと言っていた。白紙の上に、針で付いたような、今の

我々の存在だけれど、長い長いドラマの後先が分からない。上野

の国立科学博物館に行って恐竜の化石を見て、ボー然とするのが

関の山・・・・・。そういえば、今上野は桜の花盛りですねー。

沈黙・・・点々点。

« あのふくろうかも・・・。 | トップページ | 物好きなのか »

花き温室」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ