« 何処だったろう | トップページ | 病院ですよ病院! »

2010年5月15日 (土)

イワシャジンの実生の成果

この写真は

イワシャジンの実生3年目ぐらいです。一つまみがどのくらい生えて

いるか其処までばらして、見せる気は無い。其処までご奉仕はした

くない。小根を切り刻むように引きちぎることになれば、これは全滅。

実は、何で鉢に付いている時点で、写真を撮っておかなかったと

後悔している。

Simg_1871

で、こういう風でについている。

写真削除

鉢の渕に撒きつけるからこんな風になるわけです。

削除

こんな風にです。

何故鉢の渕で無ければならないかと言うことは、先に話ました。

特に三年目ぐらいになると、もうもうとして来ます。それをそのま

まにしておくと、本体の栄養をよこどりするばかり出なく、仮の宿

の、いわしゃじんも根詰りしてきます。本来ならば発芽以前にや  

るべきですが、かろうじてセーフ。出来れば3月上旬です。

このやり方は、趣味家向きです。業者は箱にびっしり苗代のよう

に発芽した物を毎日手をかけて生産すればいいのです。趣味家

は、量は要らないし、楽で、簡単、忘れていてもいいので、お勧

めです。

« 何処だったろう | トップページ | 病院ですよ病院! »

山野草の花き温室から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ