« 羽蝶蘭が少し咲き・・・。 | トップページ | 丹沢の沢と水 »

2010年6月18日 (金)

山の掃除三昧

ズドーン!

明け方、布団の上に何かが落ちてきた。迷い込んだ狸か、アナグ

マか!。下手に動いて格闘する羽目になりたくない。・・・・・静か・・・

そっと布団から覗いてみると、エモン掛けがゆらゆらとゆれている。

???。布団の上を見てみると、これ以上どうやったら埃がつけら

れるかというダンボールだ。剥離して、波型の内容が見える。すっ

かり目も覚めて、5日続きの大掃除だ。4年前の調味料。7年前

のシップ薬の山。焚き付けにもならない。手間隙掛けて重い思いし

て、上げたり下げたりの馬鹿馬鹿しさ。

これが、前もって分かっていれば、この前荷揚げした息子に背負っ

て下りてもらうんだった・・・。そのときはまだ掃除前。

Simg_2627

ボッカが終わったと思ったら、お茶飲んで下山。昼から働くんだと。

皆、忙しいなーーー。

さて我輩も忙しい。

寝具の山で開かない窓の敷居を掃除して、其処の窓を開け、布団を

干すのが、念願だった。アーーーーシアワセジャア!。

Simg_2744

下だけは、完了。中二階はあと。アーーーさっぱりさっぱり・・・!。

今度は、はがれた玄関のおさえを、くぎを探して打ち付ける。その釘

を・・・・探せど探せど無いの!いろんな物が無いのだよ。隣にコメリ

もないしなーーー。下を見て歩いていると、時々釘が落ちている。そ

れを拾って、伸ばしてみる・・・。

Simg_2752

間に合わせ間に合わせ・・・今度来るときは釘の大小と錐だな。

外に出すお品書きの廃品利用工作。雨で倒れないようにネジで 止

める。オーーーシ!上出来。

さてと今度は、雨具の掛け場所の工作。つぎは便所掃除。水がな

い。ドラム缶に穴が開いて、いつもトイレの傍のドラム缶にためた

水を使っていたのに、正面から運ばなければならない。

これに懲りて、これでも溜まるだろうとドラム缶の上にバケツを置い

ておいたら、ドウダ!溜まっているだろう!。何でもやって見るもん

だ。

Simg_2675

で次は、水道工事。これが又、とびっきり面白くって・・・・・。

Simg_2660 

きれいなみずだーーー!水道工事は屋根へ・・。

Simg_3017

アブネ・・・アブネ・・・!然し絶景かな。

Simg_3019

樋掃除。間に合わせ完了。落ち葉びっしり。拭いたんだけど、前に

のめりそうで、楽しさオーバーハングで止め。

そして、夕方の景色鑑賞。ついでに塵拾い。

そして、毎日毎日草臥れマクッテ、ねるんじゃぁ。明日になったら死

んでいるかと思えど、それが・・・生きているんだよなーー。

ザンネンデシタLTU!

Simg_2753

ではお休み。

これで無いと我輩は駄目なのだ。石油ランプか。ろうそく。ランプの小

屋は私が小屋番のときだけだろう。

ソーラーは申し訳ないが、お勝手用。食事用。トイレ用。通路用。

私用ではない、きっと原始人なんだろうな。ランプの明かりには催眠

効果がある。・・・・ドウドウ・・・みたいな。

ジーート見ていると貴方は段々眠くなる・・・・ホーーラ眠くなる・・・。

見たいなサ。

« 羽蝶蘭が少し咲き・・・。 | トップページ | 丹沢の沢と水 »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ