« 何を見て生きてきたのか | トップページ | 読売新聞が・・・。 »

2010年10月 1日 (金)

山の動物

暗い山道はやっぱり面白くない。特に夏はヘッドランプに集まる巨

大な蛾が、ばたばた顔にぶつかってきて、不愉快。標高が下がる

にしたがって、汗噴出す。こういう状態になるということは林道が近

いという意味。河の水の音が聞こえる。最期の岩ガラ道。暗闇に浮

Img_0944

く白い車ジャーーーン。ほっ!さてエンジンをかけて見る。オーーシ

!!。この前はバッテリーをあげて、悲惨だったが、取り替えてもま

さかと思うんだな。自分の置かれた状態と環境。天気と装備。欠か

せない分野に、車の整備が有る。合羽よりも、バッテリーだ。分岐

点からはひとなみに?40分で下ったから、こりゃあどこか痛くなる

ぞ。暗くなって写真撮る事もできないとやっぱり早いな。

Img_0945

エンジンをかけ、一週間分のゴミとリュックを積み、着替え、汗が張

り付いて服が脱げない。ギシギシ。アークロウ。いいねー・・・夜の山

の中は。誰も居なくて。いざ出発。

Img_0947

ガッ!!何だ!!カモシカだ。あっと言う間に山に登っていった。

ガラガラガラ・・・いつまでも山から小石が落ちてくる。この暗闇の

中を、延々と登っているんだな。良く落ちないよ。手探り?足探り

だろう?

Img_0948

凄い崖だよ。

Img_0949

あっ!又でた。凄い毛並み。?????待てよ?なんかおかしい。

猪ジャン!。でかい猪。猪なんて本当に久しぶり。まだあんなにもっ

さり毛を生やしているんだな。感じとしては、ゆっくり、林道から谷に

飛び降りていった。次は細くて黒い物。なんだか確認できず。31日

には入るときは、鹿2頭と黒い細い物。早くて分からない。

Simg_0951

どれ 、水を飲んで・・・なんか、固いな。

神の川のゲート奥の林道、20キロで走ると必死だな。したのゲートま

で24キロか。合計1時間30分かな。この恐ろしい林道を、40キロで走

ってみたいもんだ。相当肩こるでしょう。今回行きに2回、車が岩に乗

り上げ、ガガリーーーン。オブチ壊れになるぞよ。出会いまで4キロ。

したのゲートまで、18キロ。家まで合計43キロ。でした。珍しく計った。

« 何を見て生きてきたのか | トップページ | 読売新聞が・・・。 »

ライトアップ」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ