« 原始の暮らし | トップページ | 11月の表示が終わっていないのに・・・。 »

2010年12月24日 (金)

無人島で暮らす?

 昨日テレビを見ていたら、無人島で暮らすという、娯楽番組をやっ

ていた。無人島といえば、南国の島をなぜか思い浮かべてしまうが

其処は結構寒いところのようだった。所々、拾ってみて、最後まで見

ないで終わったが、彼ら3人だったか、原始的手法で火を起こす苦

労たるは並大抵の物ではなかった。然し其処には、水を確保する苦

労がなかった。その分、幸せだろうな。山で火を起こすとなったら、ま

ず不可能だろう。ライターがない、人力がない、持ってきたホカロン

を使い果たして、死ぬだけだろう。下まで無事に降りるという道がな

ければ・・・。

今、小屋にあるものに虫眼鏡があった。それを使って、ランプのホヤ

の油受けにのこっている灯油を、黒い布でふき取り、火が付きやす

い状態にして、太陽の光を利用して火を起こす道を選ぶしかない。

これなら一人でも出来る。ガスも灯油も電池もライターも何もない。こ

うなったら、きっと虫眼鏡もないと思わなければならないだろう。そこ

で最後に探すのは、ニックキ塵だろうか。捨てられた酒瓶の底は、

虫眼鏡の代用になりそうである。まだまだ山には、探せば山とある。

極限の人は、何に助けられるか分からない。何が何でも生きるのだ

と言う極限には、予想外の世界が展開する。37日間水が不足する

山から下りて、バッテリーが上がってない事にほっとして、近場でガ

Img_0456

ソリンを入れた。店員がワイパーを上げて、窓を拭くとき、窓に溜ま

った落ち葉を笑いもせずに、ムンズと3回かき集めて捨てた・・・・。

それを車の中から見ていて、何とか言おうかと、言葉を捜しただけ

で終わった。途中、ローソンによってこれ幸いと、トイレに寄った。

Img_0467

綺麗なトイレは、手をかざすと水の出る最新式。トイレの中で、ぐる

ぐると周りを見回した。紙を捨てないでくださいという張り紙が、どこ

かに貼っていまいか?!?!?ありえないことと分かっているはず

Img_2267

なのに、山と里との接点が切れているのだ。海外旅行後の時差的

感覚にいきなり普通の暮らしが、取り戻せないのだ。駐車場でとめ

て、食事をしてはいけないらしいが、早速違反をした。制服を着た

自衛隊がお回りに見えて仕方ない。哀れなほど、善良な市民だな。

食品は色々おいしいくて。特に、スプーンですくって食べるケー

キと言うのは最高だった。それにすしを買って食べたのだが、とても

不思議な事があった。

でもこれは折角感謝した、ローソンの名誉を傷つける事になるかも

しれないなと思うのでやめる。

Img_0468

とてもおいしい寿司で、このぐらいおいしいと、この値段では何処で

も買えないと思う。トイレにも手を合わせるほど感謝した・・・・・・・・。

山中湖周辺にはローソンが1杯有るが、津久井周辺にはひとつもな

い。あのおいしいケーキをまた食べてみたいと思う、それをなぜか写

真に撮らなかった。お寿司とおでんは撮ったのに、残念。

« 原始の暮らし | トップページ | 11月の表示が終わっていないのに・・・。 »

水と火」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ