« 定番メニューの景色。 | トップページ | 写真展作動 »

2011年2月20日 (日)

雪はあったりなかったり

西から廻って北に降りれば

北麓天気情報とはいえないな。

舗装道路はツカツカいけると思えばグワ~~ンと吹き溜まり。

突っ込んでみるとグニャ~ングニャンとハンドルを取られる。

オーッと右!左!もどせっ!ぐにゃぐにゃ・・・ずるる。面白いけど、

ガードレールがなかったらかなりドッキリかも。何と行っても、

パジェロさま・さま!。腹の低い車では駄目。

ナンダ坂コンナ坂?乗り越えて・・・?最後の雪崩でギブアップ。

Simg_1169

で、北麓は、落石工事。

Simg_1171

正直言えば、此処よりも曲沢辺りの山手をカバーして欲しい。

ぐるっと山中湖から246に出て中川温泉から反対側から林道に

入って小屋に登る。時々山小屋やめようか、バカらしいと思う。

遭難救助の拠点の小屋として、お役に立っているかどうかは

シラネドモ・・・。

しみじみバカらしいと思うときあり。何のための小屋なのか。

鍵を壊し、つり銭を持ってゆくモノあり。今冬2件。貧乏小屋の

つり銭はいくらあったか?なかったろう?2回目は神奈川県の

トイレチップ箱が被害。皆の善意が踏みにじられる。

見回りボランティアとサポーターが必死で登ってくれる。そんな

善意に心震わせ、力を合わせて小屋を守っていくのかなーーー。

此処に生きる、この山のイキモノトして・・・・逃げる卑怯さがなく、

逃げる器用さがないならば、この逆境に生きるだけ。此処に立

ち向かう熱意無き者、体力、健脚、第六感無き者は寄るな!。

Simg_1170

遠くに見える赤い看板が降りてくるサポーターの赤い服に見えて

仕方ない。

へーーー!このトイレは夜になると自動で?明かりがつくの?

Simg_1172

丹沢の冬は、腰まで雪の八ヶ岳より大変でしょ。一歩登って

半歩ズル・・・ズル・・・で?」

そーーーです!。」

ハイ・八ヶ岳より大変でした。」

でしょう」

丹沢は怖い山なの。わ~~~~けわからない山なの!」

青ケ岳山荘ボランティアが19日の遭難翌日、登らないでと忠告受け

たらしいが、当山荘名指しのボランティアに腑抜けはいないの!。

でも慢心は禁物。

 

« 定番メニューの景色。 | トップページ | 写真展作動 »

桧洞丸」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ