« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

便利

山で大工をすると色々な事が起きる。

Sdsc02710

どう!この斬新な自由自在。シーツの端切れが出てきたので

繋ぎ合わせてカーテン。

Sdsc02711

出来上がり。こんな事は、お茶の子さいさい。

Sdsc07190

枕を収納する吊り棚を作って鉈で思いっきり指を叩いてしまった。

ぼたぼた・・・じゃじゃじゃぁーーと血が出て吃驚したが、余り痛くなく

て儲け。

もっと儲けは、直ってくる。人間て便利。ゴム手袋に穴が開けば、

直りませんよ。人間は直る。ふさがるんだから便利。

一番人間って偉いなーーーと思うことは眼鏡は湯気で曇るのに

人間の目は曇らない。もしかして人間の便利より、曇る眼鏡の

ふべんを指摘するべきだろうに・・・・・な。

Sdsc02679

便利なのは人間ばかりではありませんよ。何だと思いますか。

小鳥です。逆立ちしているのです。紐に止まって。

凄いもんです。私などは逆立ちしてもこのまねはできません。???

吊り棚で思い出してしまいました。

流血大奮闘の吊り棚の写真は何処?

Sdsc02681

なんか小さい鳥です。この鳥は、調べたんですが、メモらなかった

ので、忘れました。便利ばかりではありませんね~~。

忘れないという便利さは無いのでしょうか。

あの鳥が、下山の日、東沢林道の上部で鳴いていました。

普通じゃぁありません。

良く聞くと、キャリィ~~~ンと言うよりクリィ~~ンと言う風にも聞

こえます。

寒いんだろうか???

なんか、今年は、色々普通じゃあないとしみじみ思います。

 

2011年7月27日 (水)

変わり者と変りまくった景色

なんだか分かりますかね??????????????。

Sdsc02726

もしかして昔の関係者でなければわからない影像でしょうね。自分

でも撮っておいてしばし考えてしましました。

台風の前の溝掃除です。何しろ掃除をすると機嫌が悪くなる。親方

様達(常連)が消えて、文句を言われることもなく、セイセイとお掃除

。陰では、今も、汚い汚いといわれると、自分が掃除しないでいたと

言われるようで、面白くない。と言っているとか・・・。吹き出してしまう。

あなたたちの小屋ではないの・・・・私の小屋だよ・・・・・いままでは

今まで、これからはこれから。自分の小屋を掃除して、文句言われ

る筋合いはない。小屋も整理整頓、大掃除。人間の脳みその中も

整理整頓大掃除した方がいいようだ。いつまでも,HPで、ぐちぐち

言っているものを、黙らせる器量もなく・・。もしかして、やらせてい

るのかな。

Sdsc02728

でこれなんだか分かります????????????????

本人でなければ分からないでしょうね。

泥棒様が来て下の踏む部分にポチポチとゴムの点々を装着した

靴下を持っていってしまったのです。細かい泥棒様ですなぁ・・・!

で、軍手にポチポチがついたのを改良して???靴下を作ったの。

屋根に上る靴下。破けたところから指下出て・・・熱いの!。焼け

たトタンが、猛烈に熱いのだよ。こればかりは写真に写らないよ。

こういう写真を撮ると岩ノサキ先生がデングリかえって喜ぶの!

サービスのつもり。ナノに本人は深い自己嫌悪に屋根から滑り

落ちているのです。

有るお方様。

変わり者と分かりきった事を言って戒めてくれているつもりか??

変わり者で無い人なんかいないですよ。なにが標準なの????

まさか私がマトモとは言わないよね。私から見れば、目が見えな

い人みたいよ。あなた様は。

先日、〇〇様と話をしましたね。もしかして、人間様を前にして

つぶやきなのかしらねぇ~~~~。

「人間は皆片輪よ。マトモと思っているのは自分ばかり。二つの

輪が有って、マトモに前に進むのよ。それが1つしかないから

曲がったり四苦八苦して進むわけよ。それは他人から見れば

滑稽なのよね。その四苦八苦振りがさ。その一生懸命さは、

ブザマで終わる事が多いけど、時に芸術にまで上り詰めるとき

が有る。だから面白いのだよ、その一生懸命さが、感動を呼ぶ

のだよ」

ドウ、この屁理屈。芸術の分野にまでは及ばないけどさ。一寸は

楽しめた?

イワノサキ先生が喜んでくれればとりあえずは、目的達成。

2011年7月20日 (水)

山の景色

山の写真と言うのは美しいばかりではない。

富士の山頂付近に見える黒い陰。

ブユ・・・・・だ!

Sdsc02700

月も無事に着地!。

Sdsc02692

朝陽に大室の陰影がくっきり。

Sdsc02735

マルバダケブキがムムムムム・・・・ムム。

Sdsc02734

パッカン。ピヨピヨ。只今生まれました。

花と言うものが有って、気がまぎれる・・・。葉のないぶなの樹を

見るのが嫌で、本当に外に出なくなった。

2011年7月 7日 (木)

世話もしないのに・・。

何これ?と吃驚する紫一点ガク片咲き。中裂弁が大きくて、引っ

かかって咲けないでいるのも。

Sdsc02603

これは巨大輪なのに良く咲く。完全に跳ね上がる前が又、美しい

Sdsc02601

水の加減、日照の加減で濃淡が出る虹系の整形花。昔からの

花なのに捨てがたく・・・。

Sdsc02607

今年はこの色に吃驚。写真では伝わらない、現物を見て、エッ!

と思った花だけを数点・・・。

Sdsc02606

帰り際の山アジサイの赤が、これもまた目に沁みる。

Sdsc02608

何の世話もできなかったが、せわしないで良いものも有った。

水が辛くて、萎れたまま立ち上がれないで固まった物も有る。

一切せわしないと良く咲き分ける咲き分けが、今年は久々に

良く咲いた。人は植物に対して、我慢するという事を礼儀と思

えないのかも。いやおう無い道で結果我慢の・・・花き温室カナ。

   

2011年7月 6日 (水)

あったよ!写真。

6月末に撮った写真。

山から帰って花もゆっくり見ていない。皆忙しそうだが、こっちも負

けずに忙しいわ。

Sdsc02381

昔の名品。見向きもされない花ほど寄植にすると、自己主張が

無くて、美しい。大事でないから放置しておくとこれが又、変な世

話をされないから、良く増えて毎年咲く。人間みたいなもんだな。

Sdsc02382

岩付きも本当に良いもんだ。いくらか自然ポィ・・・・ジャン。

なんだ?・・・!!

あれ?何?あっ!!イワタバコが咲いている。

桃色だ。

あかばなかとおもって傍に行ってみたら、アカバナは葉っぱが

展開しているだけ。

全然気がつかなかった。これが山野草の庭の醍醐味なのだ。

忘れている内に咲いている。

何の世話をしなくともかれることはない。野生化してしまう。

何たる幸せか。

Sdsc02599

傍によって見たら、

岩ナンテンも咲いている。元気悪く咲いている。ま!勘弁して

やろう!。どっちがダヨ。両方だろ。

ごめんね。と言うと、うんというもんナ。よっぽど嫌なときは言わ

ない。

全く人と同じ。

さて、思いのほかに天気が良いか知れない。又、山の死に逝く

巨大な植物に会いに行こうか。断末魔の声を発して呼んでいる。

Sdsc02600

足があれば・・・彼らに足があれば・・・逃げれるものを。

この苦しさ

この憎しみ

この悲しみ

この情けなさ

Simg_1499

断末魔の爪を立てて空中をかきむしるような、この木の姿が・・・。

今を語り、未来を暗示しているような気がして長く心に残っていた

が・・・・。

あれから半年以上経つんだな。

2011年7月 5日 (火)

別れの景色

Sdsc02586

この山の最後を見届けるために生きていくのだろうか。写真で

左の上のようでなければならない木々が、葉が無くてスカスカと

霧の空が透ける。

やがて困るのは人間。自業自得だな。どんな時代が来るのだろう。

羽蝶蘭の写真は

羽蝶蘭の写真は何処へ行ったのか。岩付けの羽蝶蘭が咲いてきて

写真に撮ったのになーーー。

でもたいしたことはなかった。

山にも色々な植物が有って、花の咲かない小さな苗を見つけて

写真に撮るのは楽しい。

山の植物を守るのも、それを食い尽くす虫を守るのも、動物に

寄生する、ダニやヤマビルを守るのも自然保護だろうか。今年

あたり桧洞丸にもヤマビルがやってくるかもしれない。食いつか

れたら野生動物の保護に尽くしますか???皆さん???

踏み潰したくなければ山に行かない事だろうね。

私なんかは間違いなく、バーナーの火で焼くでしょうね。

はいはい訴えてください。

公園法には、枯れ木を動かしてはいけない。と言う法が有る。

塵を捨ててはいけない、と言う法も有る。捨てられた塵は、自然の

一部だから、拾ってはいけない。という法はあったっけ???。

はいはい訴えてください。

冬山で火を燃して暖を取り

「訴えてください、今は命のほうが大事です」と言うお役人が昔

居たそうです。

Sdsc02461

ブナハバチの幼虫をすりつぶして1時間半。手袋から虫の滴が

たれた。はいはい訴えてください。極悪非道な、馬鹿人間です。

無駄な抵抗をしてきました。

大昔の割れたコカコーラーの瓶を拾い、生き物をすりつぶして

います。捨てて犯罪拾って犯罪??助けて犯罪殺して犯罪。

そうだアットマークだっけ。

あんまり怠けてブログを書かなかったから忘れてしまったワイ。

アットマークアットマーク・・・

青虫もいたぞ

Sdsc02523

地面に固まっているブナハバチの幼虫はあらかた死んでいて、

その中に数匹這っている。この状態をプールと言うんだと。

もっと圧巻はこれ。

Sdsc02444

リンクを開けば本当にリッパ!。

原発みたいなもんですかね。必然ですよ。

マムシがいたぞ!

Sdsc02579

小屋の周りを掃除していたら、マムシがでてきたぞ。こわーーー。

だからさっぱり綺麗にしておかないとならヌノジャア。

何処にいるか分かりますか。しばらく見ていてください。

こちらとしては、サンショウウオが出現してくれないかと思ってい

ます。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ