« だから生きていける・・・。 | トップページ | 気持ち悪くて当たり前。 »

2011年9月10日 (土)

明日で終わり

本日は気になる展示部分があって、出かけた。久々にハウスの中を

歩いた。

例の水鳥。

Dsc07669_2

 

Dsc07671

去年はこの滝の前で、近隣のご婦人と長話をして、失敗した。

明日の日曜日は、用事で休み。月曜日の展示品引取りはmさんと

久々に、来ることになる。紐を持ってこないと。パネルを縛る紐だ。

なんか・・・・出来の良しあしよりも下手でもなんでも今年もやった。

それだけしかない。

どうせやるなら、いろいろな工夫や演出が必要だろうが、二の次の

話。とりあえず訴える。

興味のない人、無関心な人、関心ある人。人は選べない。とりあえず

意思表示をする。これを教えてくれたのはは黒岩君。

わかっているようで、わからないこと。実行にこぎつけられないこと。

しかし、やってみなければ始まらない。

あの人は駄目でもこの人は好いかもしれない。それはやってみなけ

ればわからない。

大海から探し出す粟粒というが、希少な協賛者に感謝するのみ。

Dsc07673

帰りに、わざわざ車を降りて、相模川の写真を撮った。水没していた木

Dsc07648

も中州も出ていた。

水はまだ濁っているが,大分澄んできた。この水は、

あの山からの旅人。雨が降らなくなっても流れる水が山からの水。

雨があるなしにかかわらず、いかに変動なく、水が流れ続けるか。それ

が山の木がいかに豊かかの一言に尽きる。水を抱え続ける力。その

力は木の力なのだ。木がなくなれば、洪水と渇水の極端な繰り返しが、

住民を襲うという成り行きになる。

« だから生きていける・・・。 | トップページ | 気持ち悪くて当たり前。 »

青ケ岳山荘ボランティア部写真展」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ