« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

2011年10月19日 (水)

珍品

山から下りてくると、懐中電灯を照らして、まず向かうのは畑。

10月というのにまだキュウリが成っている。エヘン!

Dsc07998

かわいいチビコ!

Dsc08000

9月、山に行く前に撒いていった大根が育っている。間引いて

葉っぱだけ食べて、ちび大根は捨てた。それを娘が拾ってきて

みぞ汁にした。

オイオイ・・・!えびの味噌汁もどきか?この斬新な生き方は

絶句。しかし、食べてみるとほろ苦さとほのかな辛みは立派な

大根。

ナーーーンカサ。異次元の贅沢気分!もしかして、人生って

無尽蔵に楽しいのかも・・・・・。

明日また山に行く。しばらくのお別れ。また、たのしいい?

はなしをしいれてくるぞョ!????。

プロ

Dsc07899

15号以前の台風の被害です。しっかり巻道がついてしましました。

でも、10月17日には片づけられたと思います。

3人の工事者がまるで手品のようにパラパララン・・・!と、手際よく

片づけていました。まさにプロです。脱帽!。

きれいな景色

秋が始まりました。きれいなシロヤシオのほんのりとした紅葉です。

Dsc07897_2

それで・・・・・・・・・足元を見ると・・・・・・

Dsc07898

見るも無残な有様です。ここにカメラを向けますか。現実を見ないで、

ただ、美しさだけを探して、我々は生きてゆく。

無視して無視し続けて、目をそむけて、そして足元が自らとともに、

崩れる時に、初めてびっくりするのかなーー。

2011年10月 4日 (火)

キノコ採り

  山の帰りに、気になるキノコの現場に行ってみた。もう遅かろうと

思っていったら案の定、遅かった。

フカァンフカァンとした腐葉土の堆積した土を踏む幸せに酔った。

  トリカブトが咲いている。

F1000042

この石造なぜか悲しそう。

狛犬さんの代わりのように左右に立っている。

F1000040

ここは富士山の登山口。

F1000039_2

ゴミ拾いなどをしていると、こんなものがとても気になるようになった。

お供えに使った、瀬戸物の容器。結構あちこちに散らばっている。

本当に山を崇拝し神を信じていたらこれはあり得ない。

形を残したいのか・・・。余計な形を排斥して、美しい自然だけを残

すために金と力を使うべきなのか。

ワッからないよなーーーこの石仏の表情・・・・。これを作ったのは

人だからなー。期せずしてというべきか・・・思いを込めたか・・・・。

色々とワッからない。

2011年10月 2日 (日)

トリカブト

今年山ではトリカブトが結構きれいに咲いていた。鹿柵の中で。

しかし、鹿柵以外ではあまり見かけない。葉はそこそこあるが

花が咲いていない。

Dsc07705

それと、葉が茎の先端からぱらぱら取れていくのはなぜだろう。

花は、種まで付くほど、ちゃんと咲いているので、不思議になる。

Dsc07683

それとウマブドウ。

満身創痍みたいな山の植物。

イチゴだけはそこいらにいっぱい赤い実をつけている。

Dsc07714

このイチゴの花はジャンボできれい。こういう棘のあるようなもの

だけが 生き延びれるのかな。

茨に、アザミに、イチゴに・・・。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ