« 今年のシロヤシオツツジと三つ葉ツツジ | トップページ | 野外卓 »

2012年6月27日 (水)

最低限の世話でも・・・・。

毎度変わり映えのしないウチョウランが・・・・が咲いた。

Img_1047s

花は何度見てもきれい。

Img_1055s

今年は特別寒いから、どこの展示会も大変だったはずだ。
この花は、兜で、咲き分けで、まだ咲き切っていないが楽しみ。
あの咲き分けは、確認して花を切って隔離。

Img_1066s

ほぼ放置したといえる花の色が、散々世話をして気をもんで
ばたばたした時よりも、よく咲いている。それを見て、考える。
花は、人間そのものだな・・・・と・・・・。

Img_1070s

兜が大きすぎて、咲かないと返品された寿紫王。なぜかうちでは
咲く。
これも環境と、その人の世話かもしれない。

Img_1050s

なんなのこれ?
説明したくない・・・・。

Img_1051s

これは実生。ものすごく増えて、時々、越年で巻き葉を出す親を
持っているから、子も巻いているのが一つあった。こういう世話を
してみて、植物の奥深さを、いうなれば、すべて生き物の奥深さを
見せられて、考え込む。
(こういう世話がどういう世話か語る気はないのでごめん。こんな
極限の状態で生きる人間が世話をする方法を真似して総なめに
ウチョウランを枯らされても困る)


まだウチョウランを見に来る人がいる。やめることもできないで、
いつまでも、ブログを書き、体制変更をできないで(嗤)オリマス
ル~。
極限の世話でも生きる、ウチョウランが丈夫だからだ。仕方ない。
ちゃんと枯れているのもあるので、心配しないで。

« 今年のシロヤシオツツジと三つ葉ツツジ | トップページ | 野外卓 »

花き温室のうちょうらん」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ