« 最低限の世話でも・・・・。 | トップページ | 今日は富士山の山開き »

2012年6月27日 (水)

野外卓

カメラを向けると、ポーズをとって・・・・どう・・・このゼスチャー!
まったく、ご年齢の割には天真爛漫?

Img_1023s
40日余り山に籠って、天気が悪くなりそうだし、下山しようと考
えていた時に、現れた三名様。残ったカレーを差し上げると、
のどをかきむしってのけぞり、死ぬほどうまいと、大げさなゼズ
チャーで、遊んでいる。楽しくご協力ありがとうございました。

この野外卓は去年の11月まで無料奉仕で、登山者に提出して
いたが。ある日、外回りをして働いた日、7人のパーティが山頂
から下りてきて、このベンチで、自炊を始めた。その態度が、あ
まりにも清掃をしている小屋の身にすると情けなく、こんな事な
ら有料にして割り切ろうと、100円もらうことにして、板を張り付
けた。たった100円でも、利用者は激減。周辺もきれいになった。

然し、100円を手にしてみると、実にうれしくない。ばらばらと降
るように集まる金ではない。知れているのである。まして、利用
者が減ったのだから、当たり前なのだが、面倒くさいとさえ思う
ようになってしまった。ではどうするか・・・・せっかく始めたこと
だし、おりしも東北沖の地震の被害は、収まる様子もない。ま
た、面倒くさいことに、首を突っ込んでしまったのだから、ここ
まで来たら、寄付でもするしかないというところに、たどり着い
た。またこの席に100円払って座る人は正に、正統派なのであ
る。彼らの出す使用料は、そのまま爽やかな心を載せて少し
でも、どういう形でか、必要とするところで役に立てば、めでた
し!ポィじゃぁないか。になった。そしてそういう心の登山者と
触れ合えることが、予想外の貴重な思い出に、繋がっていく。

Img_0495s
なにがどうめぐって、喜びに変わるかわからない。

HPに載せた写真は大概、削除される。この二人の思い出は少
し長く残したいと思った。ありがとうございましたと心から思う言
葉と共に。

編集部分

然し、よくよく考えてみると、このきっかけは、マナーの悪い登山
者に対する、怒りから始まったんだなー。金が欲しい訳ではなか
った。100円を手にして、しみじみ感じた。

ビールを600円で売っているせいでか、日本一高い山小屋なのだ
そうである。酒の販売をやめるか辞めないか、延々と葛藤が続い
ている。日本一高い山でなくて、高い山小屋というところが傑作だ。
標高いくつあるんだろう。この山小屋は。(爆笑)
おかげで、寄付を増やせた。

« 最低限の世話でも・・・・。 | トップページ | 今日は富士山の山開き »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ