« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月18日 (月)

マダニ

この頃は、人食いダニとか言って、大きなダニが出てきたそうだ。ウイルスに感染して治療方法もなく、死んでしまうという話だ。丹沢では、山ビルに騒いでいるが、この先どういうことになるのか、不安だ。

普通のダニでも血を吸うと10倍ぐらいになって丁度小豆大になる。満腹するとヒルのように落ちるが、それまで辛抱して、献血する気にもならないから、毟ってしまう。食いつかれてすぐならば、簡単に取れるが、しばらく気が付かないでいるとダニの口が皮膚の中に食い込んで牙がカーブしているので、取れないのだが、無理に引っ張ると、牙が皮膚に残ったままになる。それは皮膚の中で2か月ぐらい、腫れたりかゆみを伴って、不愉快な思いをする。熱がでたり、日常生活に差し障るようなことはなかった。病院に行っても、普通、大した手当もしないし、切って取り出すということもしなかった。皮膚の中で、ほぼ隠れて、見えない状態になってしまう。ただ本人は、かゆみと不快感が残る。やがて、自然消滅するのは、3か月とみておけばいいかしれない。

そこで、気が付いたら、すぐとるか、首などにタオルを巻くか、つまり隙間をださないということだが、相手は、手足があるので、動くものだからら100%とは言えない。気が付いて食い込んでしまったら、ムヒとか、サロメチールのような刺激剤の入った薬を塗って少し置くと、ダニはしびれて食い込む力が抜けて、ピロンっと・・・・取れる。取れてしばらくは、(ずっと見ていなかったので)ダニは麻痺して動かないでいる。手術が必要とかいうテレビの医師の前では語れないお笑いものだが、山小屋という現場からは、普通の世界では通用しないような現実がいっぱい。

ちょびっと人助け。

北丹沢

日曜日に、国道を走るというようなことは、ほぼ無い。混雑するからだが、今日はちょっと事情があって、走った。雪がびっしりの山が目に入ると、気になって仕方がない。いつもずーっと気になって 居たが、今日は思い切って山の記録を撮ることにした。

Img_4901s_2

この写真は、道志村役場から少し、東に走ったところから撮ったものだ。右端の杉山に隠れそうになって、破風や加入道のでこぼこが雪を冠ってかっこよく見える。それを取れなかったのがちょっと残念。三角形の主役でーす、みたいなものは、大室かの末尾根の張り出し?

すこし、離れた分、全体が見える。(北海屋前バス停付近)

Img_4903s

つまり、本当の大室はこの山の奥のなだらかな白い山。

Img_4904s

ここに来るとよくわかる。椿大橋。(砂原バス停付近 西より)

Img_4905s

大室って、横広い山だと思うよ。

Img_4906s

長い裾。

Img_4907s

アップ。美しいだろ。

Img_4908s

いよいよ全体図?これは袖平に似ている。

Img_4909s 

裾。西に延びる。

Img_4910s

いくつかのカーブを曲がって突如現れる山の塊。袖平か?砂原のバス停のちょっと手前で袖平が見え、すぐ山に隠れ、笹久根バス停あり、笹久根のトンネルを抜けて袖平と思われるものが見えてくる。

Img_4911s

アップ。でも、この山の形、大室に似てるよねー。

Img_4913s

間違いないでしょう。右の杉を被った山が風巻だよね。

Img_4914s

風巻アップ。

Img_4915s

全体が見える。(砂原バス停のやや西)

Img_4916s

大渡に近づいてくると・・・・、突如山陰から正面に出てきた遠いらしい山。袖平の場所変化?違うよ!!

Img_4917s

なんだあの刻みは・・・キレット!この地点に来ると、南に向かって走る地点がある。ここで左右の山が切れて南の遠い山が見えてくる地点だ。左の奥の小さく見える山が檜洞丸でしょう。

Img_4918s

アップ!!檜洞丸!。巨大な熊笹の峰。その奥に雪が深いのだーと言わんばかりの白い色で檜洞丸が見える。ここからしばらく、桧洞丸が見える。(大渡バス停付近)

Img_4919s

その左手前にやっぱり袖平と風巻の姿も見える。

Img_4920s

その左に見えてきたのは、黍殻か・・・・そのさらに左に焼き山があるはず。

Img_4921s

アップですね。

雪があるから山の遠近が把握できる。今でなければ、できないけど、復習の必要がありそうだ。写真見て、メモ見て????と思っているようじゃあだめだな。こんなことやって何の役に立つのかやっぱり馬鹿らしいとやっぱりちらっと思う。記録を撮ってもいいが、発表することはないな。然しこれは、記録なのだ。ワードに取り込んでおこうかと思ったが、結構ブログが便利。いつも道志七里までは歩かないまでも歩いてみたいと思う。車は便利だが、駄目。

バス停がいっぱいあって中学校入口、小善治、椿、野原、どこに行ったか、残っているのは大渡、北海屋、砂原、駄目だなこんな事じゃあ。ちんぷんかんぷんだな。

2013年2月12日 (火)

行方不明

Img_4575

1980サイズの写真が入った。1200しか入らなかったからさらなる前進だ。4000が入らないのかな。ん!入らない!で何を言いたいのか?・・・・・そう、○さんからFさんがアルプスで行方不明という情報が入った。あった回数は少なかったが、非常に印象深い人だった。「僕は、テレビもラジオも電話もない、一人アパートで暮らしている。山が好きだから山の仕事をしている」と目の周りがパンダのように白く、それが不思議で不思議で、なんだろうとじっと顔を見ていたが、目の周りが白いのは、雪メガネ(サングラス)をかけた跡だった。残雪のアルプスを歩いてきたのだそうだ。

Oさんに「確認された話じゃあないよね」というと、「一月末からだから、いくらあいつでも生きてはいないでしょう」と、返ってきた。いろいろ考えるが、何も言えない。つい、この前、山で死にたいという、人がいた。「好きな山で死んだら、その山を荒らすことになるよ、救助で大勢、人が入って道なき道を踏み荒らし、せっかく生えた草の芽をつぶし・・・・山が泣くよ」というと無言になった。人間は、人間ばかりではないだろうが、、思うようには生きられない。理想と現実は一致しないのは子供でも知っている。夢を見るのは好いだろうが、夢は夢だ。たとえばその夢が現実になっても幸せかどうかは、そこに行ってみなければわからない。「あ、失敗した!」という時には遅いかも知れない。

。吹雪の山の写真を撮りたいと思ったが、地吹雪が地面と空とをつないでいるのに、現実は、ピンボケかというような写真が撮れた。これだって、理想と現実の違いだ。やばいぞ!と思っても、そこに突入していかざるを得ない時もあり、右も左も死の淵という時もある。当然前も後ろもだ。彼はきっとそれを見たのだろうな。

2013年2月11日 (月)

キレット

Img_4875

大概のところから見て、あれが桧洞丸だと分かるのは、この
キレットがあるからだ。あと、分り易いのが白ザレの頭、
ここで画像挿入したが入らず、潜る。わかりにくい表現だな。

その、白ザレノ頭がだんだん広がっ
てゆく。もう稜線まで届いている。指導票の地点から、登るた
びに写真を撮っていこうかと思ったが、とりあえず、公表はし
ないでおこうと思って・・・・今言ってしまった。

おバカだな。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ