« 北丹沢 | トップページ | 新発見 »

2013年2月18日 (月)

マダニ

この頃は、人食いダニとか言って、大きなダニが出てきたそうだ。ウイルスに感染して治療方法もなく、死んでしまうという話だ。丹沢では、山ビルに騒いでいるが、この先どういうことになるのか、不安だ。

普通のダニでも血を吸うと10倍ぐらいになって丁度小豆大になる。満腹するとヒルのように落ちるが、それまで辛抱して、献血する気にもならないから、毟ってしまう。食いつかれてすぐならば、簡単に取れるが、しばらく気が付かないでいるとダニの口が皮膚の中に食い込んで牙がカーブしているので、取れないのだが、無理に引っ張ると、牙が皮膚に残ったままになる。それは皮膚の中で2か月ぐらい、腫れたりかゆみを伴って、不愉快な思いをする。熱がでたり、日常生活に差し障るようなことはなかった。病院に行っても、普通、大した手当もしないし、切って取り出すということもしなかった。皮膚の中で、ほぼ隠れて、見えない状態になってしまう。ただ本人は、かゆみと不快感が残る。やがて、自然消滅するのは、3か月とみておけばいいかしれない。

そこで、気が付いたら、すぐとるか、首などにタオルを巻くか、つまり隙間をださないということだが、相手は、手足があるので、動くものだからら100%とは言えない。気が付いて食い込んでしまったら、ムヒとか、サロメチールのような刺激剤の入った薬を塗って少し置くと、ダニはしびれて食い込む力が抜けて、ピロンっと・・・・取れる。取れてしばらくは、(ずっと見ていなかったので)ダニは麻痺して動かないでいる。手術が必要とかいうテレビの医師の前では語れないお笑いものだが、山小屋という現場からは、普通の世界では通用しないような現実がいっぱい。

ちょびっと人助け。

« 北丹沢 | トップページ | 新発見 »

人命救助」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ