« 春支度 | トップページ | 草むしり »

2013年3月21日 (木)

赤ヤシオ

今朝、アカヤシオが咲いていた。

Img_5074

何とも美しい色。

Img_5075

こんな風にしてアカンベーみたいに開いてゆくんだ・・・・。この花は、ほかのツツジよりも早く咲く。然し、花弁が柔らかく、つまり、水を含んでいるのだろう。霜の被害を受けやすい。だから早く咲いてもらいたくない。毎年、被害にあっている。ぺちゃんとベージュ色になって枯れてゆく。今年は寒くて、雪も、ちょくちょく降ったが、一気に春が来た。このところの高温は、フエーン現象的だ。突風も、よく吹く。この時期余り暖かいと、山里で4月下旬に咲く桜のつぼみの膨らんで、霜の被害を受ける。つぼみが固いうちは、水を跳ねているが、つまり寄せ付けないが、膨らんでくると苞の隙間から水が入り込んで、それが凍るから、つぼみの状態で中が腐って咲かない。こんなことが、10年に一度ぐらいの割合である。

それに引き替え、めっぽう強いのは、北海道の蝦夷紫ツツジだ。大概2月上旬に雪をかぶりつつ咲き、しおっとしても、立ち直る。それが今年は、3月に、曙ツツジと大差なく咲いた。1週間早かったかしれない。

満開になった。初めてこんなに遅かった。薄い花びらなのに、そういうDNAで生きているんだろう。鶯も、キョ、キョ、ホーチョと、苦しくなるように苦労して、まさかホーチキス、と鳴くのではないかと、ひやひやした??あーー喉が苦しかった。

 

« 春支度 | トップページ | 草むしり »

花き温室」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ