« 草むしり | トップページ | 巨大なクッキー? »

2013年3月21日 (木)

山野草の冬姿。

  この筋状のものは岩タバコの茎。咲いたまま放置して冬になって、先端の丸長い茶色のものは花の種。この茎を無理に引っ張ると、ポロンと取れる場合もあるが、岩タバコの葉の塊を引き抜くこともある。

枯れた花茎の付け根は、このようになっている。この緑の縮まった塊は、岩タバコの葉っぱである。冬中、岩の隙間や陰で、水をかけないで、放置しておくと、春にはじわじわと縮が伸びて、立派な葉っぱになる。水をかけたり、雨に当たるところに出すと、腐る。

Img_5082_3

種をまくと、びっしり生えるが、花は、並花になってしまう。波花って何かとお言うと、そこいらじゅうの山にある、色の悪いただの岩タバコだ。濃い色とか、赤い色とかは、奇小品価値として猛然と増やされて、今は珍しくないほど、流出している。園芸品種かと言えば、園芸品種ってなによと言われれば???。

人口法灰を繰り返して、化け物のような花を作出したわけではない。人の顔色が白い人と黒いひとがあるように、ごくまれに緑の人がいたとしたら、珍しいのだ。そういう花が丹沢にあったということだ。それが、白花岩タバコであり、白花岩シャジンだったりする。はっきりいって、私が採取したのではなく、人の話によるものだから真偽のほどはわからない。然し、ウチョウランの仁王系は丹沢であることは確か。

Img_5079

白というのは珍しいには違いないが、どうしたって、色素が抜けている分、日光に弱い。それに珍しいだけで、美しいのはやっぱり赤い花だったり桃色だったりだ。この写真は岩シャジンの花殻だ。種はきっと。どこかに飛び散ったろう。

Img_5080

付け根をかき分けてみると、ほら!ジャバジャバと吹き出ているじゃあないかい!!これは普通の紫。白花は、葉っぱまで白っぽい。鋸歯のふちが色づかない。別にそんなことはどうだっていいのだ。問題は何かというと、元気に育てていかせることなのだ。世話ができたら、種をまいてみることだ。ジャンジャン増える。世話が良ければ、2年で花が咲く。

岩タバコは葉ざし、種は・・・つまらない。

« 草むしり | トップページ | 巨大なクッキー? »

山野草の庭」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ