« 里は春爛漫 | トップページ | バードウオッチング »

2013年9月10日 (火)

山の花

久しぶりにここログに記事を書く気になった。と、いうのもHPの写真
量が増えて、このままいけばパンクしてしまいそうだし、何度もパン
クして、削除や、サイズ縮めにあたふたした。ここログと言えども、無
制限ではないが、記事数に圧倒的に余裕がある。大助かり!

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/aogatake/dousyokubutu.ht
リンクを貼った青ケ岳山荘のサイト、動植物のページに載ってい
花は、高度のある山の花で平地に持ってきても、温度差で活着しな
い。然しそんなことは、普通の登山者は知らない。珍しいから見せて
やろうとか、可愛らしいからお土産にしようとか、もしかしたら、売れ
るかとか、はたまた庭に植えて楽しもうとか、様々な理由のもとに、
毟っていく人もいるだろう。然し、こんなものいらないと思うような、
ホソエノアザミは、山の上で刈り取っても、移植をしても、生きてくる
が、大概のものは、あっという間もなく枯れる。盗っても無駄なのに
、分っていても盗る人がいるのは、欲しい!という欲望だけで、一
切のことが考えられない状態になるのだろう。
事情はともかく、山の植物を本来の状態で生かすのに四苦八苦す
る、本当に山が大事、草木が大事、と思う人は、ネットに植物の名
前を表示するな、所在地を表示するな、できれば写真を表示しない
方がいいのかもしれない。というようなことをサイトに書いてあった。
皆さん知っている、丹沢駆け巡りだ。それを見て、なるほど、と思った
のは私の動植物の記事には、名前がない。怪我の功名のようだが、
正確な名前を調べて、記入しようということから、まだ名前の表記は
していない。間違った表示をしている人がいて、他人の方が悩んで
いる現実もある。
しかし、事態が山の植物ということになると、もっと深刻かもしれない。Img_8197s

最近覚えた、草で、ススキもどき??の面白くもない草だが、いま
まで気にもしていなかったのに、増えてきた。植物の研究をしてい
るSさんの話に寄れば、地下茎で増えていくのだという。こういう綺
麗でも、可愛らしくもない草に山は守られていくのがいいな・・・・。
その方が荒れないだろう。
Img_8499s
小さくて、これもいいなー。

Img_8501s

どう!このコブコブ・・・・。まるで、数珠子みたいでしょう。だーーー
れも盗っていかない。だって目にもつかないし、みんな踏んづけて
歩いている。きれいでも可愛くもないんだもん。幸せだなーかわい
くないというのも・・・・。

« 里は春爛漫 | トップページ | バードウオッチング »

桧洞丸青ケ岳山荘から」カテゴリの記事

最近のトラックバック

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ